熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

30年と10ヶ月前のエゾリスウォッチング

絶賛モノ減らし中の我が家にあって、最近(二十数年ぶりに)封印を解いた箱の中から発見された(自分にとっての)汽車旅全盛期のアルバムは、捨てるわけにはいかないけれど場所を取る、けっこう、厄介な相手です。

こんな写真がありました。



この当時(まだ昭和の頃)、ぼくは、写真をコクヨのアルバムに三角コーナーで止めて、その脇に手書きでいろんなことを書いていたり、切符を貼り付けたりしてまして(レイルウェイ・ライター種村直樹先生の真似)、この写真の脇には「Canonの200mmを貸してもらって撮った」といったことが(だらだらと長い文章で)書いてあります。

そもそもこれは何の写真かというと、30年前の冬、初めて小清水ユースに泊まった翌朝に、地元の写真家さんにエゾリスを見に連れていってもらったときの写真です。場所は「オホーツクの村」。エゾリスを見に行ったことは鮮明に記憶しているものの、レンズを貸してもらったなんてことはすっかり忘れていたのですが、思い出しました。ぼくもCanonで、当時は50mmしか持ってなかったから(一眼レフに35-70mmズームが標準装備されるようになるのはもう少し後になってからです)、案内してくれた写真家さんが、ご自身の200mmを外して、ぼくに貸してくれたのです。

こういうことを書いていると、不思議なことに、そのときの「映像」が、脳内動画として見えてくるのですね。ぼくにレンズを貸してくれた写真家さんは、雪晴れの中、レンズの付いていない(そしてキャップも付けていない)状態の、ボディーだけのカメラを、肩から下げていたのでした。神経質な人だったら屋外でレンズ交換するだけだって嫌がるのに、レンズのない状態で、ぽっかり口を空けたままのカメラを、そのまま、外の空気に晒していたのは、いくら世間知らずの若造だったぼくでも恐縮したようで、アルバムには「ずうずうしくも200mmを借りて」との文字もあります。

たった一枚の写真だけでも、たぶん、ひと晩、語れます。
そんなきわめて個人的な話、誰も聞いてくれないだろうけど(笑)。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

またまた釧網本線世界遺産の話

昨日の日本経済新聞(北海道面)に、北海道鉄道観光資源研究会の活動を大きく取り上げていただきました(全文はWeb版で読めます)。どうもありがとうございます。



ここにもまた、「釧網線、世界遺産目指す」との見出しが載っています。今週、釧網本線の世界遺産を目指す話を見聞きしたのは、これで三度目。最初が12月5日(水)のNHK札幌「ひるまえナマら!北海道」(生放送)でゲストの矢野直美さんが熱く語ってくれて、その次が12月7日(金)に開催された国土交通省北海道運輸局主催の地域公共交通シンポジウムの中でコーディネーターの小磯先生から発言があって、三度目が昨日の日経の記事。

集中的な情報発信を仕掛けたのか?と思われるかもしれませんが、仕掛けたのであれば、もっと大々的にやりますって(笑)。このタイミングで、立て続けに、別々の場所で釧網本線世界遺産登録推進会議の話が出たのは、まったくの偶然です。

やらない(やれない)言い訳を探せばきりがない。やるか、やらないか、どちらかしか、ないのです。12月22日(土)の「公共交通の利用促進に向けた道民キックオフフォーラム」でメジャーデビュー(?)の北海道鉄道観光資源研究会のステップアップも含めて、来年は、おもしろい年になりそうです(もう、来年の話をしても、鬼は笑わないよね)。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

はたして歳暮なのか

お歳暮とかお中元とかって言葉は、もう、ほとんど死語なんですかねえ。昔は、お歳暮発送のアルバイト、とかありましたけど、今はもうないのかなあ。そんなのあったとしても、労働力のほうがないような気もする。

いつも使っているiPhoneアプリの大辞林によると、「歳暮」とは「歳末に、その年世話になった人などに贈る贈り物」とあるから、べつに重たいハムとかサラダ油ギフトとかじゃなくても、これもお歳暮ということでよいのでしょう。世話をしたかどうかはわからんけど、とにかく、毎年この時期になると何かを送ってきてくれる某クンから、今年はいつになく大きな箱が届いて、その中の一つにこんな本が入ってました。



こんな本、というのは「都電の記憶」のほう。その隣に並べてみたのは、鉄道ジャーナル1984年12月号の記事。同じ都電の記事だから、ということもあるけれど、この鉄道ジャーナルの記事、書いたのはぼくです。正確にいうと、記事というか、これは、鉄道ジャーナル誌が創刊200号記念で開催したカメラルポコンテストで入選した作品でありまして、宮脇俊三さんの選評によると、執筆当時のぼくは16歳だったらしいですよ。白黒写真は、写真部の暗室を借りて焼いたんだよな。

「都電の記憶」のほうに戻ると、サブタイトルに「北区ゆかりの19系統・32系統を追って」とあるのが自分的にドンピシャでありまして、ぼくが東京23区内で唯一住んだことがあるのが北区。子供の頃は、父が王子に勤めていて、志茂町に親戚がいたから、王子駅前〜岩淵町の系統には、よく乗りました。32系統というのは、ほぼ、現在の荒川線。ぼくが鉄道ジャーナルで旅行券もらったときの題材にした系統です(そうだ、この鉄道ジャーナルのカメラルポコンテストは、副賞の旅行券がほしくて応募したんだ)。

というようなぼくと都電の縁を知ってか知らずか、とにかく某クンはこれを送ってきてくれた(ほかにもいろいろ送ってきてくれた〜なにしろやたら大きな箱だったんで)。ありがたいことです。そういう友人がいるというのは、幸せなことです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夢のない人生なんて

一昨日の夜は風邪気味の鳥塚さんと札幌の増毛で夢を語り
 


昨日の昼間はNHKの生放送で矢野直美さんが夢を語り



昨日の夜は(また)鳥塚さんと(今度は麻生で)夢を語り



そしたら途中で鉄道本をお書きになった作家の先生が乱入してきて「何の悪だくみですか?」と尋ねられたのですが、そんな難しい話はしてません。難しい話をしたのは、午前中の会議の場だけ。

夢じゃ食えないって?

まずはお金の話だろうって?

そんなことはないです。夢があるから、その実現に向かって、途方もないエネルギーが生まれるのです。どんどん、夢を語ればいいんです。夢がなければ前進しない。夢のない人生なんてつまらない。

12月22日には鳥塚さんの特別講演など盛りだくさんのフォーラムがあって、その2日後のクリスマスイブには「復興クリスマストレイン」も走ります(関連資料)。

みんなで楽しい夢を見ましょう。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

公共交通の利用促進に向けた道民キックオフフォーラム - みんなで乗れば、未来が変わる。 - 12月22日開催

12月1日に設立された北海道鉄道活性化協議会(関連記事)の主催による「公共交通の利用促進に向けた道民キックオフフォーラム」が12月22日(土)14時から、札幌パークホテルにて開催されます。

「公共交通の利用促進に向けた道民キックオフフォーラム」を開催します(北海道)

基調講演は北海道の鉄道交通ネットワーキングチームフォローアップ会議座長を務めた北大の岸先生。その後に鳥塚亮さんの特別講演、さらに高橋はるみ北海道知事+北大の吉見先生+JR北海道の島田修社長+北海道鉄道観光資源研究会の永山代表によるパネルディスカッションと続きます。

北海道鉄道観光資源研究会も協力させていただいております。



北海道鉄道観光資源研究会は、会場にて、北海道の鉄道の歴史を紹介したパネルの展示をさせていただく予定です(それと、上述のとおり、代表がパネルディスカッションに登壇します)。

入場無料。参加ご希望の場合はこちらからお申し込みください。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -