熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ランニングバカ

ショア!

大迫選手日本人初の2時間5分台、おめでとうございます。

シカゴは悪天候でしたが、昨日の札幌は結局それほどの荒天ではなくて(雨も風もあったことはあったけど)、これなら札幌マラソンできたじゃないか!と思うと寂しくなるので(終わったことにこだわるのは非生産的で人間を卑屈にします)そういうことは考えないようにしていたけれど、まだこうやって書いてしまっているのは、今朝はじつに見事な青空が広がっているからで、これから真駒内に行って昨日の(本来の)スタート時刻と同じ時刻から同じコースを走ろうかと思ったけれど、我が家から真駒内は意外に遠い。地下鉄で行けるとはいえ、移動の時間がもったいないので、やめました。

網走マラソンだって、一日ずれていたら、台風直撃で中止だった可能性が高いわけで、天気のことはどうしようもない。ただ、これでわかったのは、ぼくにとっては札幌マラソンというのは隔年でしか走れない大会だ、ということで、4年前は直前に大怪我して手術→抜糸が終わったばかりだったのでDNS、2年前は仕事で大会当日の朝まで徹夜してしまったのでDNS、だから今年も何か起きるんじゃないかというへんな予感がつねに頭の片隅にあって、やっぱりそうなっちゃった。

先月の下旬に出たランニング雑誌を、2誌、買いました。



過去、週刊プロレスとゴングを両方同時に買ったこともあれば、サッカーマガジンとサッカーダイジェストを両方同時に買ったこともあり、鉄道ジャーナルと鉄道ファンはいまだ両方とも買ってますけど、ランニング雑誌の最新号を2誌買ったのは今回が初めてです。どちらも第1回日本最北端わっかない平和マラソンのレポートが載っていて、ボリューム的には立ち読みで十分読める程度ではあるのですが、これは保存版にしておきたいと思ったのですね。

そのぐらい、稚内は、楽しかったってことです。

ただ、念のため書いておくと、あんな大会もう絶対に出ない!と言っている人もいることは承知しています。わざわざ高い旅費をかけて、高いホテルに泊まって、高いエントリー料を払って、あんな向かい風の中を走らされるなんて…といった声は、リアルに耳にしています。

ランニングマガジン・クリールには、日本最北端わっかない平和マラソンに関して、川内優輝選手のこんなコメントが載っていました。

《ここは路面がきれいで走りやすい》



なるほど、そういうことだったのか。

北海道内の道路は、冬の積雪の影響もあって、どうしても路面が波打っている場合が多いように思うのですが、稚内では、その辺を気にせずに走れました。あんなひどい向かい風を受け続けたのに、さほど疲労を感じなかったのは、それも一因だったのでしょう。考えてみれば、あのコースの大半は2車線ないし4車線の立派な国道であり、そういう道路を長時間に渡って車両通行止めにするのだから、制限時間が5時間30分なのも仕方がない。

ランナーズには、UHB(北海道文化放送)の京谷さんのこんな文章が。



そのランナーズによると、日本最北端わっかない平和マラソンのサブスリーはわずかに11人、全体の1.2%だったとのこと。この割合は、昨年の全日本マラソンランキングの2.4%より1.2ポイントも低い。それだけ稚内は厳しかった、ということです。

マラソン大会というのは雨でも開催されるものですが、今回のように中止になることもある(この週末は、札幌マラソンのみならず、えちご・くびき野100kmマラソンや別海パイロットマラソンも中止になった由〜えちご・くびき野100kmの中止は、札幌マラソンどころのショックではなかっただろうなあと思ったけど、そんなものは比較するようなことではないですわね)。個人的には昨年の礼文島のフラワーマラソンが中止になってます。

大会が開催されても、上に書いたように、自分の都合で出られなくなることもあるし、出たい大会があっても他のどうしても動かせない用事でエントリーができない場合もある(去年の真駒内マラソンがそうでした)。

だから、出られる大会には出ておきたい。

ましてや、マラソンは、走れるうちじゃないと、走れない。こんなこと、10年前だったら考えなかったと思うんだけど、月日の経過とともに肉体は確実に衰えていて、今年できたことが来年もできるとは限らない(というふうに考えると、東京マラソンに10万円払ってチャリティ枠で出場する人がたくさんいるのも、よくわかる)。もっと若い時期にマラソンに出会っていれば、こんなに焦ってあちこちの大会に出るみたいなことにはならなかったかもしれないけれど、時刻表2万キロの最終章の言葉を借りれば、もう私は若くはない、のです(初めて読んだときから40年近く経って、宮脇さんの書いていたことが、ようやく、わかるようになった)。

とはいえ、さすがに今年は詰め込み過ぎかなと思わないわけでもないので(エントリー料と旅費の負担も大変なのだ)、来年も同じようにやるかどうかは、まだ、わかりません。でも、函館とか網走とか、早くも来年の日程が出てきているし、ANAは(ついこの間まで知らなかったのですが)約1年後の飛行機の予約ができるようになっていることでもあり、2019年のスケジュール帳を買って、ときどき、カレンダーとにらめっこしてます。

北海道のランニングシーズンは日本国内各地とまるっきり逆で、積雪の消えた4月頃から始まって、雪が降り始める11月頭で終わります。あと少し、コンディションを整えながら、来年のことも意識しながら(じつは来年4月に何か入れちゃっていることはわかる人だけわかればいい話)、がんばります(道内のランナーのみなさん、がんばりましょう)。

ショア!

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2018年の札幌マラソンは中止

明日開催予定だった第43回札幌マラソンは、中止になりました。

一昨日の午後、【台風25号に関するお知らせ】として《台風25号は、7日未明より北海道へ接近する予報ですが、現在のところ予定どおり大会開催の準備を進めております。今後は気象庁の発表による台風の動向に注視し、 大会開催の可否は、大会HPまたは、0180-99-3210(自動音声)にて大会当日6時よりご案内いたします。 また、状況によりそれ以前に中止を決定した場合は、速やかに大会HPにてご案内いたします》 という案内が出た時点での台風の予想進路図では、予報円のどちら側にずれても札幌は暴風域に入りそうだったから、このままなら中止だろうなと、覚悟はしてました。

でもね、それなのに、覚悟していたはずなのに、昨日の午後、中止決定の一報が入ったときは、混乱しました。「気持ちの整理がつかない」という言葉は、こういうときに使うものなのでしょう。出先で中止決定の知らせを聞いて、それから出場予定だった友人知人数人にメッセージを送って、次の目的地へバスと徒歩で移動しているのですが、その間の記憶が、ほとんど、ありません。

自分の自覚以上に、ショックだったんだろうな。

それでも、ぼくは、まだ、28日のフードバレーとかちマラソンが残っています(迷いに迷った末に申込期間最終日にエントリーしました)。一緒に仕事をしている某氏は、今回の札幌マラソンが初のハーフマラソンで、何ヶ月も前から、この日に合わせて練習を積んできて、この1週間は食事内容や起床時刻まで調整していただけに、中止の喪失感は、ぼくとは比べものにならないぐらい、大きかっただろうと思います。

そうでなくとも、札幌マラソンは、《冬の訪れが早い北海道のランナーにとって、札幌マラソンは今季を締めくくる大会といわれています》(昨年10月2日のランナーズ報知)という、ぼくらにとって、とても大事な大会です。誰のせいでもない、むしろ、この決断をこのタイミングで下さざるを得なかった方々には同情するぐらいですが、それだけに、行き場のない気持ちをどうすればよいのか困ってしまった昨日の自分に、自分で驚きました。

個人的なことをいえば、今回は、2時間は切れるだろう、だから途中で写真なんか撮らないでちゃんと走ろうと思ってました。2週間前のチャレンジ2020では時計を見ないで走ったにもかかわらずキロ5分10秒ペースをキープできていて、先週の網走では(ペース配分には失敗したものの)かなり調子よく走れていたから、今回は河川敷の最後の上りと公園内のアップダウンさえ注意すれば行けるだろうと思ってました。

中止は仕方ない。雨だけならまだしも、台風となれば、強風があるから、テントもテーブルも看板も設営できないでしょうから、それは、もう、やむを得ない、としか言えないのだけど、やっぱり、残念。札幌マラソンは、ランナー同士、あるいは沿道の応援という形で、多くの友人知人との出会いもある大会。同じような機会は、次は、早くても来年5月の豊平川ハーフになっちゃう。

28日の帯広のハーフにエントリーしていたのは、こういうこともあるかもしれないという、虫の知らせがあったのかもしれません。こんなことになっても、北海道のランナーにとって今季の締めくくりであるレースを走れなくなっても、まだチャンスは残っていることを、ポジティブに捉えることにしよう。

それまでの3週間、油断せず、体を絞って、走り込むぞ。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オホーツク網走マラソン2018(その3)

(その2)はこちら

能取岬の後、16km過ぎからは長いトンネルへ。



トンネルというと北海道マラソンの創成トンネルの蒸し暑さを思い出してしまうのですが、ここは気持ちよく走れました。

トンネルを抜けた先は海。



20kmを2時間11分。まずまずのペース。



少し細めの橋本が応援してくれます(寒い中、ありがとう)。



やがて右に能取湖が広がり、26kmからはこのコース中で二度目のすれ違い区間(最初のすれ違い区間は能取岬への往復)があって、折り返し地点が27km。



この辺は、まだ、元気だったんだよ…ここで折り返した後、反対側をゲストランナーの金哲彦さんが走ってきたので、センターライン寄りにコースをとって右手を出したら「頑張りましょう!」と笑顔でハイタッチしてくれて、また元気をもらった、つもり、だったんだけどなあ…

29km、能取湖の公園の中をぐるっと。



ここをまわっているときに、着地するたびに足の裏(指の付け根のあたり)に痛みを感じるようになってきて、あれ?まずいな…序盤の上り坂で無理しすぎたかな…と弱気になってきちゃって、そうすると、もう、ダメなんですねえ。30kmを過ぎて、これなら歩いても5時間は切れそうだと気づいちゃったら、ますます弱気になってきて、35kmまでは、ほとんど、歩いてたんじゃないかなあ…

35kmの天童市スペシャルエイド(天童市と網走市は観光物産交流都市)でリンゴやマスカットをもらって(こういうところでのフルーツはきくのよね)、少し復活。サイクリングロード(湧網線の廃線跡)へ入ったところでは走り始めたものの、これがね、また、こんなところでこんなに上るのかというぐらいの上り坂なのよね(毎年出ている人に言わせると「あれがきついんだよねえ」という難所なのだそうで)。

もういいじゃん、4時間59分と5時間01分にどんな違いがあるっていうんだよ、もう走らなくてもいいよ、という声と、ネットタイムは手元でわかるけどグロスは手元じゃわからないんだぞ、ネットで4時間台でもグロスで5時間台だったら後悔するよ、もうちょっと頑張ろうぜ、という声とが、頭の中でごちゃごちゃに聞こえてきて、でも脚が動かない(ような気がしていた)ので歩いていたら、37km過ぎで、後ろから軽快に走ってきた人が「走ればまだ5時間切れますよ」と声をかけてくれて、再び、歩いたり走ったりのモードに復帰。あのときに声をかけてもらわなかったら、最後までもっとだらだら歩いていたに違いなく、どこの誰だかわからないけれど、声をかけていただいた方には感謝してます。

40km、4時間40分。



フィニッシュ会場の大曲湖畔園地に入ると、一面のコスモス畑、そして一面のひまわり畑!写真では見ていたものの、実際に目の当たりにすると、これはすごい!と感激する風景です、が、足元が砂利道になって、足の裏が痛い身には走りづらくて仕方がない。着地するたびに、痛みを感じるんだもの。

残り1kmちょっとのところで、コースの左前方に、作.AC北海道の作田徹さん(今回は3時間のペースランナー)を発見。ゴール直前の作田さん、いつも気合系の顔で気合系の声をくれる印象なんですけど、今回は、すごくソフトな、素敵な笑顔でした。沿道に一人でぽつんと立っていらして、こっちも前後にランナーがいなかったから、思わず「5時間切れますよね?」と尋ねてしまったら「まだまだ、十分、余裕でいけますよ!」。これ、ホント、嬉しかったなあ。あまりに嬉しくて「いつもありがとうございます!」と感謝の意を伝えたら「こちらこそ!」。あれで、元気出たなあ。

その後も両側に広がるひまわり畑。本当に見事で、立ち止まって写真を撮りたかったんだけど、後ろのほうに、頭に風船を付けたランナー(5時間のペースランナー)の集団が見えちゃって、ただひたすらに(歩かずに)走りました。

というのは、稚内で、声問の私設エイドでスイカ食ってるときに5時間風船の集団に抜かれたのが、ものすごく悔しかったんですねえ。途中で、二度、5時間のペースランナーとすれ違って、そのたびに、この人たちに追いつかれないようにしよう、せめて稚内で抜かれた地点(33km)までは抜かれないようにしようと頑張ってきて、33kmを過ぎてサイクリングロードに入ってからは、ここまで来たからには最後まで抜かれたくないと、ずっと、思ってました。これが、最後の数キロの、最大のモチベーションでした。

終わってみれば、グロスでも、5時間までは3分半近くも余裕がありました。



こうやってみると、やっぱり、前半が飛ばしすぎです。序盤でかなりのアップダウンがあったのに、30kmは、今年の北海道マラソンよりも3分以上も早い。あそこは、我慢しなきゃいけなかったんです。

ただし、40kmからゴールまでは、北海道マラソンが16分32秒、稚内は16分08秒だったのに対し、今回は16分06秒だったから、そこはよく頑張りました(と、自分で自分を褒めておこう)。

これはゴール後。ちょっとだけひまわり畑が見えます。



記録証を入れてくれたクリアファイルをひっくり返したら



わ!

こんなの見せられちゃったら、また来年も走らなきゃいけないじゃないか(^^;

今回はまったく思うように走れなくて、なんだかあんまり楽しかった記憶がないのですが、それはきわめて個人的な話。台風接近という難しい状況の中、スムーズに大会を運営していただいたみなさまに、あらためて、感謝申し上げます。

また来年!(なのか?)

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オホーツク網走マラソン2018(その2)

(その1)はこちら

さて、大会当日です。



まずは、網走駅前からシャトルバスでスタート地点の網走刑務所へ。



国道上でバスから降ろされて、網走刑務所へ通じる橋を渡る。



スタートは網走刑務所の正門前



ゲストランナーのワイナイナさんと



8時45分にスタートして、刑務所敷地内を出るまでは走路が狭いので追い抜き禁止、とのことだったのですが、すぐ目の前にいた人が極端に遅くて、その人の前には結構なスペースができちゃってる。でも沿道にはボランティアの人たちが何人も立って「追い抜き禁止」と書かれた紙を掲げているから仕方ないかな…と思っていたのですが、さすがにこらえきれなくなったのか、ぼくの斜め後ろにいた人がやや強引に前に出てきて、そうだよなあ、そりゃそうするよなと、ぼくも、橋の上で前に出ちゃいました。

ほんのわずかな距離だったんだけど、それがストレスだったんだろうなあ。国道に出たら、蓄積した不満を発散するかのように、がーっと走り始めちゃって、ダメだダメだ、ここでこんなに上げたら最後まで持たないぞと、ペースを落とそうとするんだけど、どうもうまくいかない。言い訳になっちゃうんだけど、スタート直後のストレスに心を乱されちゃってる。

海が見えてきた5km過ぎで、ワイナイナさんに抜かれる。



後ろからポンと肩を叩かれ、ふと横を見たらワイナイナさんの笑顔がありました。あっという間に抜かれちゃうから言葉を交わす時間はないんだけど、手を上げてエールを送ってくれるのが嬉しい。

その後、ものすごい上り坂(「激坂」と言うのだそうで…やっぱりコースマップは事前にちゃんとチェックしておかないといかんね)。早くも歩く人がちらほら。ぼくは調子に乗ってぐいぐい行っちゃったんだけど、頭の片隅では「こんなことしてたら後で来るぞ…」とは思ってたんだよなあ…

獣神にも抜かれた。



このライガーの人、声をかけると答えてくれて、いい人でした(この後、すれ違ったときにも「ライガーがんばれ〜」と声をかけたら手を振ってくれた)。

右に曲がって、正面に能取岬の灯台。



灯台をぐるっとまわる。





14.4kmのエイドで栄養補給。



牛乳はお腹を壊すかもしれないと思って手を出さなかったものの、あんぱん、いも団子、かぼちゃ団子をいただきました(いずれも一口サイズに切ってある)。この後も、ちょうどよいところに補給食があって、今回は、途中でお腹がすくことは避けられました。

(その3へ続く)

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オホーツク網走マラソン2018(その1)

稚内が自分の旅(≒人生)の原点だとすれば、網走は自分の旅を育んでくれた町。昭和57年に初めて北海道を訪れたときは、急行八甲田〜青函連絡船八甲田丸〜急行ニセコ〜急行大雪5号と乗り継いで、つまりは函館も札幌も乗り換え駅として利用しただけで、最初に降り立った町らしい町は、網走でした。

平成元年に浜小清水のユースホステルでヘルパーやって、その後に浜小清水のユースホステルのペアレントさんが美幌に移ってからは、美幌をベースにして、石北線と釧網線を乗り継いであの界隈をうろうろしていることが多かったから(当時はまだ石北線も釧網線も網走〜斜里間の路線バスも本数が多かったからそういう動きができたのです)、網走駅は、しょっちゅう使ってました。

そんな網走でのフルマラソンの大会は、今年が4度目。過去3回、出ようと思ってホテルの空き具合まで調べたこともあったけれど、札幌マラソンの前週というタイミングでは諦めざるを得なかった(とか言ってた人がいまやフルマラソンを2週連続で走ったりしているわけですが)。

前置きが長くなりました。

前日は、新千歳空港から飛行機で女満別空港へ。



新千歳空港から女満別空港まで、ANAの旅割75で5,800円。
購入日は3月8日、半年以上も前です。

飛行機に乗ったら、隣の席の人もランニングシューズ。ああ、この人も明日走る人なんだろうなと思っていたら、「マラソンですか?」と話しかけられて、しばしマラソン談義。目の前にいた客室乗務員のお姉さんが「走るんですか?」と(少し驚いたような感じで)声をかけてきたので「明日、網走でマラソン大会なんですよ」と教えてあげたら「それで満席なんですね、謎が解けました」。

トマム


温根湯


サロマ湖


明日はこの半島を一周します


斜里岳も見えます


女満別空港に到着


手荷物受取場にはランナーを応援する立て看板が




(その2)に続く

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -