熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

第5回作.AC真駒内マラソン(2018.11.03)

5月27日から5ヶ月ちょっと(23週)で7本目のフルマラソンは今季最終戦。われながら、よく頑張りました。

例年であれば雪が降っても驚かないこの時期にしては、季節はずれといっていい暖かさ、そして雲ひとつない青空。でもやっぱりもう11月ですから、朝は寒くて、真駒内屋外競技場のスタンド部分の通路は凍ってました(歩いていたら足元からバリバリ音がしてびっくりした)。でも、この大会は、ランナーによるランナーのための大会であり、整列はスタート20分前の8時40分から(8時40分「まで」ではない)。それまでの間、ちゃんとした上着を着込んでいられるのは、ありがたいことです。

作.AC真駒内マラソンはPB更新をねらうための大会。一般的なマラソン大会とは、ちょっと違います。スタート前にも「自分の実力を知るための機会である」ことがアナウンスされてました。



6日前のハーフを1時間57分台で走ったことで、友人諸氏からは「今回は4時間半をねらってもいいんじゃないですか」とアドバイスをもらっていたのですが、安全策をとって、6分30秒(4時間40分切り)に並びました。



4時間40分切りであれば、今年の東北・みやぎ復興マラソンを4時間39分台で走っているのだから、けっして高い目標ではないのですが、実際は、キロ6分30秒で最後まで走ると、ゴールタイムは4時間34分16秒ですから、ぼくにとってはそれでも自己ベストの更新になります。隣のブロックのペースランナーは6分15秒(4時間25分切り)で、これは少しハードルが高い。

スタートは真駒内屋外競技場(セキスイハイムスタジアム)。真駒内公園をぐるっとまわって、豊平川の河川敷をミュンヘン大橋の先(南二十二条大橋の手前)まで往復、真駒内屋外競技場に戻ったところが10km。そこから同じコースをさらに3周(合計4周)した後、真駒内公園内を2.195km走ってフィニッシュ。



9時にスタートして、まずは6分30秒のペースランナーの後ろにくっついたまま1周目を終えて競技場内に戻るところで、給水渋滞を避けるべくがーっと走ってペースランナーの前に出たら、給水の手前に作田徹さんが立っていて「ありがとうございます!楽しいです!」と言ったら、差し出した左手をがっちり握ってくれました(嬉しかったなあ)。給水の後、競技場から出るところで給食(バナナとパン)をもらって時間調整しながら、少しペースを落として走っていると、後ろからペースランナー(と集団)がやってきて、再びペースランナーのすぐ後ろに。

ペースランナーの後ろにつくのは、何も考えずに背中だけ見て走ればいいから楽なんだけど、混み合っているからまわりの人と接触しそうになるし、コース幅が狭いところではもっと速いペースランナーの集団とすれ違うときにお互いによけなきゃいけない。それでも、ペースランナーの後ろはやっぱり楽で、30kmまではペースランナーについていくつもりだったのですが、2周目の真駒内公園内の給水所で、ペースランナーの方が(後ろを向いて)「今日は暑いですから給水は気をつけてくださいね〜 喉が乾いてからでは遅いですよ〜 一気にたくさん飲むとおしっこも近くなりますからね〜」と叫んでくれたので、それじゃあということで、また集団の前に出て給水したら、今度はその先のコースが狭くなっていて前後の人との1列走行をせざるを得なくなったこともあって、しかもそのときに前後を走っていたのはぼくよりも1周速い人だったこともあって、1列走行から抜けた頃には、6分30秒の集団がかなり後方になってました。

何度か振り返っては、待とうかどうしようか迷ったのですが、ここで止まって待つとそこそこの時間がかかりそうであり、それはリズムが崩れそうだったので、そのまま走ることにしました。

その後、あまり時計も見ないで走っていたら(真駒内公園内は樹木が多いからかGPSがうまく働かないこともありました)、後方の6分30秒集団との距離がだんだん離れてきて、20kmの手前(野球場の脇のこのコースの中で最も狭いところ)まで来たところで、よし、4時間半を目指そう!6分30秒集団は待たずにこのまま行っちゃおう!と決意。6分30秒イーブンでは、4時間半は切れないから、4時間半で走るなら、どのみち、6分30秒からは離れるしかなかったわけです(で、スタート前に考えていた作戦では、行けそうだったら30kmで離脱するつもりでした)。

3周目は心持ちペースを上げる程度で走って、30km(通算三度目の競技場内)を過ぎて4周目に入ってからはスピードアップ。もう、おもしろいように、次から次へと抜ける。あとで1kmごとのラップを見たら、31-32kmと32-33kmはどちらも5分台で走っていて、ここが今回の中で最も速いラップでした。

35kmのミュンヘン大橋の給水所はコップがなくなっていて(笑)、手酌で水をいただきました。その後、36kmの先で通算四度目の折り返しの後に私設エイドでコーラをいただきました(ありがとうございます)。でも、復路のミュンヘン大橋の下でまた手酌で水を飲んだあたりから、腿の裏に痛みを感じはじめて(6日前のフードバレーとかちマラソンの疲労が出てきたんじゃないかと思ってます)、ついにストップ。30〜35kmで飛ばしたツケがまわってきたのでしょう。37-38kmは、少し歩きを入れたもので、7分30秒もかかっちゃった。

もうさすがに4時間半は無理だけど、自己ベストは更新できるぞと言い聞かせて、歩いている人も増えてきた中、とぼとぼ、よろよろ走って、四度目の競技場の出口でバナナとパンを補給(37km以降の失速は空腹も原因だったかもしれない)。そんなことしてたら、すっかり後方に離れていたはずの6分30秒のペースランナー集団が迫ってきてるじゃぁないですか!ぼくが10kmまで一緒に走っていたときは何十人という数だったのが、いまや、7〜8人になっていて、ペースランナーの方が「あと2kmですよ!歩かない歩かない!ついてきて!ここまで来て歩いちゃったらもったいないよ!あの上り坂が終わったらもうすぐだから!頑張れ!」と、叫び続けてる。競技場を出た直後は結構な上り坂が続くから、キツいんです。あの、後ろからの声がなかったら、たぶん、あの上り坂は、歩いてました。

歩いている人が多くなっている中、後ろからの声に負けないように一生懸命走ってはいたものの、やっぱりもうスピードがなくなっているのも確かで、上り坂の途中で、6分30秒のペースランナーに追いつかれてしまった。

だけどね、ここで、追いついてきたペースランナーの方に「一緒に行きましょう!」と言われた後は、がんばりましたよ。必死についていきましたよ。「いい感じだよ!いま5分50秒で走ってますよ!」って、41kmを過ぎてそれはいくらなんでも速すぎるだろうと文句を言いたくなったけど(^^;)、あまりに強い調子で(まるで怒られているかのように(^^;))叫ばれるから、ただただ、必死に脚を動かすだけです。とにかくこのペースに遅れないぞ、この人たちに置いていかれたくない!という、ただ、その思いだけで、走り続けました(たぶんあの最後の2kmぐらいのところで何人か振り落とされたと思う〜だってめちゃくちゃ速かったんだもの)。

競技場の手前で右に曲がるところで、ようやく、余裕ができました。そこから先は、まるでビデオ撮影でもしたかのように、自分の頭の中に、はっきりと、映像が残ってます。ペースランナーの方が「みんなで手をつないでゴールしましょう!」と声をかけてくれて、集団に40kmを過ぎてから加わったぼくが入っていいのかなとちょっと迷ったんですけど、10kmまではペースランナーのすぐ後ろ(集団のかなり前方)を走っていたのだからいいのでしょう(<誰もそんなこと気にしてないって!)。最後までペースを落とすことなく、横一列に並んで、みんなで手をつないでバンザイしながらゴールしました。

ゴールした直後、まわりの人たちと「ありがとうございました!」と言い合いながらみんなで握手できるなんて、この大会ならではです。シーズン最終戦にふさわしい、気持ちのいい締めでした。ペースランナーを務めてくださった作.AC札幌の伊藤さん&小林さん、そしてランナーのみなさんに、大感謝です。ありがとうございました。

東北・みやぎ復興マラソンの記録を、6分以上、縮めることができました。



40kmからゴールまでの2.195kmは、なんと13分台。北海道マラソンのときは16分38秒もかかってたのよ。4時間30分は切れなかったけれど、来シーズンに向けて、サブ4.5は、現実的な目標となりました。

今回は過去最多の出場者数だったそうで(作田さんいわく「札幌マラソンと別海パイロットマラソンが中止になったからで来年はまた元に戻るでしょう(笑)」)、運営はいつにも増して大変だったかと思います。このような楽しい大会を開催していただいたことに、あらためて、御礼申し上げます。



(以下余談)

で、翌日のこんな早朝(未明)にこんなふうにテンションの高いブログを書いているのは、脚が痛くて眠れないからです(笑)。いったんは眠りについたのですが、目が覚めたら、痛くて眠れない。たぶんまたそのうち眠くなってくると思いますが、今のところは、脚(とくに腿裏)の痛みが、眠気に勝っています。でも、フルマラソンを走った日は、これが妙に心地よかったりする…などと感じるようになってしまっているのは、やっぱり、へんだよなあ(^^;)。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

意外に見つからない

「かちまい」こと十勝毎日新聞(帯広を中心とした十勝エリアでは全国紙や北海道新聞よりも発行部数の多いメジャー紙)の2018フードバレーとかちマラソン特設サイトにはスタート・折り返し・ゴールの動画があって、こういうのがあると、どういうわけか、自分の姿を探してしまいます。

ゴールの場面はすぐに見つかったのですが、折り返し地点の自分はなかなか見つけられず、寝床でiPhoneいじりながらようやく見つけました(そんなことしてると老眼になるよ<ぼくはわりと気をつけているのでいまだ老眼鏡いらず、今年の春に富士メガネさん行ったときも年齢だけ見て遠近両用を勧められた後に検査してもらって「これならまだいらないですね」と言われたぐらいで、老眼にはできるだけ抗いたいとそれなりの努力をしてます)。

そりゃわからないよね。



自分でも、これだけ見せられたら、自分がどうかわからないもの。

今回は「折り返し点」のコーンを触ってターンした記憶がはっきりあったので、黒いキャップ(東北・みやぎ復興マラソンで初めて4時間30分台で走れたときのラッキーアイテム)にタイツを履いたランナーを探しました。なんかあんまり楽しそうに走ってなくて、必死になっているように見えることは「よくないね!」です。やっぱり楽しく走らなきゃね。

それにしても、何のためにこんなことをしているのか(^^;)

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

苦しいときこそ笑え

フードバレーとかちマラソンは、すべて同じコースの単純往復なので、途中からは反対側を走ってくるランナーとのすれ違いが続きます。

それで思いました。

苦しいときこそ笑え!

自分が苦しくなっているときに、反対側から苦しそうに走っている人が来ると、あ、いま自分もあんな顔してるかもしれないと思い、そうじゃないんだよ、こういうときこそ笑顔を作るんだよ!と、声に出さずに、自分を叱咤して、作り笑いを浮かべるようにしてました。そういうときの自分は、端から見ていると、気持ち悪いかもしれません(笑)。でも、笑うとパフォーマンスが上がることは、科学的に証明されているかどうかはともかく、実感としては、間違いなく、あります。

それと、まわりからの声というのも、大きな影響があります。今回はアウェーだったので知っている人が沿道で応援してくれることはなかったのですが(でもランナーの中には顔見知りの人=札幌から来た人=もいました)、あとちょっとのところで、ぼくの隣を走っている人の友人グループと思われる人たちから「2時間切れるぞ〜」と声がかかったりすると、ああ、もうめんどくさい、2時間とかどうでもいいか、少し歩いちゃおうかと思い始めていた気持ちが消えていくのですね。

大会前日はインデアンでハンバーグカレー。



当日の朝、会場へ向かう途中に出くわしたバス。



これに乗っちゃダメなんだけど、途中で怪我でもしない限り、関門の制限時間で引っかかって収容されることは、もう、心配しなくていいレベルになりました(進歩したなあ(^^;)。今回の大会の制限時間は2時間25分でしたが、実際には、それよりもう少し遅くても、ゴールできてました、が、最後の数人は、もうあと数十メートルのところで、ゴールさせてもらえないんですねえ。たまたま、その場面を見ていて、ランナーも気の毒なんだけど、それと同じぐらい、あの判断をする係の方も大変だなあと思ったことでした。

ゴール後にもらえる豚汁は具がたくさん入っていて、さらにその後の地元グルメ屋台も(ぼくのときはまだ)品切れもなく、多少は並んだものの我慢できないほどでもなく、楽しめました。やっぱり、早くゴールすると、よいことあるんだな(網走のときは網走ちゃんぽんが品切れで食べられなかった)。ネットの書き込みを見ると、品切れのこともあるからランナーにはその場で使える無料券を渡すのではなく市内のお店で使えるクーポンを配ったほうがよいとの意見もあって、しかしそういうクーポンだと使わない人もいるから今回の形式のほうがよいという意見もあったり、この辺もまた、大会運営の難しさです。万人を満足させることはできないからなあ…

帯広といえば豚丼ですが、ゴール直後にいろいろ食べて(バナナももらった)、フルじゃなくてハーフだからそんなにお腹がすくわけでもなく、豚丼はちょっと重たかったので、駅内のますやパンで、塩だれバーガー(肉が食べたかったらしい)と白スパサンド(ワンパターンだけどますやパンといえばコレ)を買って、帰りの列車の中で食べました。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2018フードバレーとかちマラソン

豊平川マラソン以来、約半年ぶりのハーフマラソン。

目標としていた2時間切りを達成できました。



嬉しかったというよりも、ホッとした気分です。5月5日の豊平川マラソンで、冬の間(積雪もあって)ほとんど走ってなかったのに2時間01分19秒でゴールできたから、それから約半年、練習しましたといえるほどには走っていないものの、フルマラソンの大会に6回出て曲がり形にも完走(完歩?)して、5月5日よりは走れるようになっているはずだから、2時間は切れるだろうと思っていたものの、このレベルであっても、タイムを1分縮めるのはやっぱり大変です。

フルマラソンのときの自分のペースの目安は1kmあたり6分30秒。でも、ハーフで2時間を切るためには、キロ5分40秒で走らなきゃいけない。5月5日はそれに近いペースで走ったはずなんだけど、そこから半年近く経って、いかにフルマラソンをちゃんと走るか(歩かないで走りきるか)ばかりを考えてきたから、キロ5分40秒で21.1kmを走るというのが、もう、ぜんぜん、想像がつかなくなっちゃってて、でも約半年前の記録からすれば2時間を切れるのは当然だろうと自分で勝手に思ってたもので、それがへんなプレッシャーになっちゃってました。

1年ちょっと前の札幌マラソン(2017年10月1日)と比べれば、10分以上も速くなっているのだから、自分で言うのもなんですが、たいしたもんです(笑)。年齢なんか関係ないんです。いきなり速くはならないけれど、年とってから始めても、ちゃんと、やった分は結果に出るんです。これがマラソンの楽しいところです。たとえば仕事であれば、一生懸命やったからといってそれが成果につながるかどうかはまた別問題ですが、ランニングは、ちゃんと、やればやっただけ、返ってくるのです(だから楽しいからみんなやろうぜと言いたくなっている今日このごろ〜こんなこと前は考えてもみなかったんですけどねえ)。

マニアな方向けに、今回のラップ表(GARMIN)。まず前半。



最初の1kmはスタート渋滞(これはちょっと想定外で参った〜「105〜119分」と書かれた看板の後ろに並んだのに、やたら遅いんだもの)。そこを除くと概ね5分20秒〜30秒で走れている中で、8km過ぎだけ5分40秒かかっているのは、上り坂です。ここが最大の難所であることは事前に情報を得ていたので、無理せずに走りました(という考え方ができるようになったのも、フルの大会にたくさん出たおかげです)。

続いて後半。



13kmのところから5分08秒、5分17秒とペースが上がっているのは、前半の逆で、折り返し後(前半とまったく同じコースを逆に走っていく)の下り坂です。18kmから5分30秒を超えるようになったのは、さすがに疲れたのと、ちょっと言い訳すれば、もう残りはキロ6分でも2時間切れるとわかったので、流しました。ただ、この大会はグロスタイムの計測しかないから、スタートロスを考えると手元で2時間ギリギリでは公式記録が2時間オーバーになりかねないと、1時間58分ぐらいを目指しました。その結果が、手元のネットタイムで1時間57分29秒、スタートロスも含めた公式記録で1時間58分38秒でした。

今回はガチで走ってしまったので、スタート以降の写真はありません(笑)。途中では地元企業・団体等のみなさんがランナー応援団としてさまざまな飲み物や食べ物を出してくれていたのですが、これも、14.4kmのホッチーノコーヒーさんのコーラ以外は、すべてスルーしました。六花亭のお菓子をはじめ、気になった給水給食はたくさんあったんだけど、足を止めるのがもったいなくて…と思ったのは、いま思うと、不思議だなあ。いつもなら、ああちょうどよかった、ここの給水給食で休める(=給水給食なのだから立ち止まっても許されるだろう)と考えるところなのに、そうしなかったのは、それなりに力がついているということなのでしょうかねえ。とりたてて調子がよかったわけでもないんですけど。

もっとも、今回は、記録狙いだったから、前日の夜に帯広着でもよかったところ(そのほうがスーパーとかちのえきねっと割引が使えてお財布的にはありがたかったのですが)、わざわざ早めに入り、当日もスタート4時間前の朝5時に起きるなど、それなりの準備はしました(前週にはわざわざ豊平川河川敷=信号がないからノンストップで走れる=でキロ5分で走るトレーニングしたりもしていたのだ)。シャツも、より走りやすいものにしようと、いつものコンサドーレではなくて、自分的にはありえないスピードで走ったチャレンジ2020のときのシャツにしました。



そしたらスタート地点のMCがコンサドーレの試合でもおなじみのFM-JAGAの栗谷昌宏さんで、コンサドーレのシャツを着てる人が「おっ、コンサドーレ!」と言われていたのが聞こえたときは、あ、やっぱりコンサドーレのシャツにすればよかったかな?とも考えちゃったんですが、そんなことは些細なことです。それ以上に、あそこで栗谷さんの声を聞いたときは、テンション上がりましたぜ。

次は中5日で、シーズン最終戦(北海道はマラソンのシーズンが道外各地と逆ですから)、作.AC真駒内マラソン。中5日しかないし、天気予報も雨マークが多いようなので、ここは完全休養かなと考えてます。昨日はハーフだからフルより楽だろうと思いきや、走り方が違うから、やっぱり同じように疲れます。今朝は、脚のみならず、全身が痛いです。とりわけ上半身が痛いのは、なんかへんなところに力が入っちゃってたんだろうな。これはまた次回への課題です。
ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

秋の土曜日、河川敷RUN

昨日と今日、今シーズンのラスト2大会のナンバーカード引換証ハガキが届きました。



フードバレーとかちマラソン(ハーフ)は10月28日、作.AC真駒内マラソン(フル)は11月3日。せっかく出るのだから、シーズン最後でもっとも脚ができているはずなのだから、ちゃんと走りたい。

東北・みやぎ復興マラソンが終わってから5日間、まともに走ってなかったので、今日は一条大橋〜真駒内公園〜苗穂駅と、ほぼ豊平川の河川敷を走ってきました。ゴールを苗穂駅にしたのは、もうすぐ駅が引っ越しちゃうんで、現在の駅を使うのはこれが最後だろうなと思ったからで、これで約18km。

真駒内公園までの往路はとかちのハーフを意識してキロ5分半ぐらいで、復路はキロ6分ちょいぐらいでのんびり。河川敷は信号がないから、いろんなことを試せます(来年はもっとここへ来てみよう)。

信号はないのですが、鴨横断で行く手を遮られたりします。



ブラキストン線のブラキストンさんの名前がこんなところに。



仲間(?)も出没しています。



真駒内公園にはランナーがたくさんいました。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -