熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

北海道マラソンの制限時間は5時間

来年の夏に備えて忘れないうちに(思い出したらすぐに)北海道マラソンの話を記録しておこうシリーズ(不定期掲載)として、北海道マラソンの制限時間のことを書いておきます。

北海道マラソンの制限時間は5時間とされています。大会概要の参加資格にも「大会当日満19歳以上の男女で、5時間以内にフルマラソンを完走できる方」と明記されています、が、今年の最後のゴールランナー(「ランスマ」の北海道マラソンの回に出てきたボウリングのピンの人)のゴールタイムは、5時間14分台でした(ゴールシーンの動画があります)。

なぜか?

北海道マラソンは、42.195kmの間に「関門」が13箇所あって、それぞれに通過の制限時間が設定されており、その時間を過ぎてしまったらそこで競技打ち切りになってしまうのですが、その関門の最後(13箇所目)は41.6km地点に設けられており、打ち切り時刻はスタートから5時間05分後です。ここをクリアすれば、あとはどんなに時間がかかろうとも、ゴールまで走らせてくれます。

だから、5時間をオーバーしても、ゴールできるのです。

ただし!

関門の制限時間の起点になるのは「スタート時刻」です。後ろのほうのブロックからスタートすれば、実際にスタートラインを越えるまでには、それなりの時間がかかります。今年のぼくは、Fブロック(公認記録を持っていない人のブロック)でしたが、スタートラインに達したのは、スタート時刻の7分後でした。したがって、最後の関門までの41.6kmを、(5時間05分−7分=)4時間58分で走らないと、レース打ち切り=失格になってしまいます。だから、やっぱり、フルマラソンの距離を(概ね)5時間以内で走れないと、完走はできないのです。

41.6kmの前の関門は40km(北大構内の出口に近いところ)で、制限時間はスタートから4時間50分後。40km関門をギリギリでクリアしたとして、次の41.6km関門までの1.6kmは15分かけられるのですから、40kmさえクリアしてしまえば、あとは、早歩き程度で、十分、いけます。

その前は、40kmの前に35km関門があって、ここの制限時間はスタートから4時間15分後。35km関門を制限時間ギリギリで通過したとして、40km関門をクリアするには、その間の5kmを35分で走ることが必要です。ここで一般的には時速何キロという計算をしたくなりますが、ランニング的表現だと、キロ7分ということになります。

キロ7分というのは、ちゃんとやっている人からすると、何それ?っていうぐらいに遅いペースです。ぼくのようなレベルの人にとっては、ちょっと調子が悪いときのちょうど走りやすいぐらいのペース。だから、そこそこトレーニングを積んでいれば、どうってことないペース、なのですが、見方を変えれば、北海道マラソンは(制限時間が6時間とか7時間の大会と比べれば)それなりにはトレーニングを積んでから出なきゃいけない大会である、ということでもあります。

それでも、35km関門から先は、少し、楽になっています。その前の、10km関門から35km関門までの間は、5kmごとの関門の間をギリギリで走るとしても、キロ6分36秒(5kmを33分)のペースが必要です。

関門の打ち切り(に引っかからないこと)を意識すると、「貯金」を作りやすいのは最初の10kmです。10km関門の制限時間はスタートから1時間30分後だから、スタートで10分のロスがあっても、1時間20分で走ればいい、つまり、最初の10kmはキロ8分でも関門に引っかからない。ふだんから走っている人がキロ8分なんて遅いペースで走ることはあり得ないわけで、ここでタイムを稼いでおけば、後半は、気持ち的に、かなり、楽になります。

とはいうものの、最初に飛ばすと、後でバテます。自分がマラソンをやるまでは、距離が長くなるにつれてスピードが落ちるのは当然だろうと思っていたのですが、自分にとってちょうどよいペースで走っていれば、落ちないのです。だから、最初から飛ばしてはいけないのです。

また、序盤は渋滞していて走りにくいから、加速して先行するランナーを追い越したところで、すぐに前が詰まってそのたびに減速せざるを得ず、追い越しを続けようとすると、加速と減速を繰り返すことになり、燃費が悪くなります。これは、後半のスタミナ切れにつながります。

その辺が、マラソンの難しいところでもあり、おもしろいところでもあります。

…ということが、やっと、わかってきました。フルマラソンの大会に出たことのある人で「あんなに苦しいものはもう勘弁」として二度とやらないと言っている人は、自分の身近なところに何人もいますが、ぼくは、むしろ、もっとやりたいと思っちゃってるんだから(それでこんな分析したり説明したりしちゃってるんだから)、われながら、不思議です。

(以下蛇足)

★ぼくは今年の大会で完走して持ちタイムができたので、来年は、一つ前のブロックからスタートできます。

★41.6km関門で打ち切られるというのはあまりに切ない気がしますが、容赦なく、打ち切られるそうです。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

体育の日 ランスマと私

体育の日といえば10月10日、というのは、もうずいぶん前のことで、体育の日が10月の第2月曜日になったのは、今から17年前、2000年のことでありました。

2000年というのはコンサドーレがエメルソンを擁して(J2で)ぶっちぎり優勝した年で、ぼくは東京でサラリーマンやってて、国内線の航空運賃が下がってきていた頃だったこともあって、ときどき、週末に、札幌に行ってました。当時はまだ北海道にはプロ野球がなかったこともあって、コンサドーレの道内人気というか注目度は現在では考えられないぐらいに高くて、地上波テレビでもコンサドーレをテーマにした番組がたくさんありました。

そのうちの一つが、土曜日の21時54分からSTV(日テレ系)で放送されてまして、それを(忘れずに)見ようとホテルのテレビを少し前から点けておくと、その直前の番組の最後のほうも(見るともなく)見ることになるわけでして、そのときにちらっと見たのが、ロンドンブーツ1号2号が主演していた救急車のドラマ。ぼくは、彼らの姿をテレビなどで見ると、いつも、あのドラマを思い出してしまいます。

そのロンドンブーツ1号2号の亮さんが出ているのが昨日のブログに書いた「ランスマ」で、BSを見られない環境にあるぼくがどうしてそんな番組を知っていたかというと、我が家に、この本があるからです。


(わざとらしく完走証&完走メダルと並べてみた(^^;))

本の大量処分のときに処分してしまったかと思ってたんですが、探したら、ありました。正直、たいしたことは書いていないのですが(^^;)、思い入れがあって、捨てられなかったんだろうな。

たいしたこと書いてないといっても、この本を手にしたときの自分にとっては、すごく、いい本だったんです(だからわざわざ買ったのだ)。奥付をみると、発行日は2014年3月16日。何度も書いてますけど、ぼくが突然ランニングをやろうと思ったのが2013年の9月の礼文島(の駅伝大会を見たとき)で、日本全国的にはそこからがランニングのシーズンなんでしょうけど当地は晩秋から早春にかけては積雪があって走るどころではないので(と当時は思ってましたけど今は冬用のランニングシューズも持ってます)、初めてのランニングシューズを買いに行ったのは翌2014年の3月31日(消費税率引き上げ前日)。

礼文島で開催されるフラワーマラソンの、男性が出られる最も短いコースである5kmの部に出るだけなのに、というのは今だから「なのに」であって、その頃は「5kmの部に出るだけでも」、ビビっちゃって、どうしようどうしようとオロオロしている中で、たまたま、この本を、本屋さんで見かけて、ぱらぱらと中身を見て、買ったのでした。表紙に書いてある「走らなかった人のための」っていうのが、まさに、そのときのぼくそのもの、でしたから。

目次をみると、第1章「走る目的を見つける」、第2章「気持ちよく走るために」、第3章「10キロに挑戦」、第4章「ハーフマラソンに挑戦」で、第4章になると大会参加のためのノウハウなども登場するのですが、ぼくは、この頃は、そんなことは自分には関係ない世界だと思ってました。この本(番組)の主役である亮さんにしても、この本の最後では「いつかはフルマラソンに挑戦するぜ!!」と言っていて、まだ、この段階では、フルを走ってないんですよね。

北海道に住んでいると、東京に住んでいる人のようにあちこちに行ってマラソン大会に出るのはなかなか難しくて、というのは、まずは日本の北のほうだから移動時間が大変だし(東京なら金沢でも長野でも大阪でも新幹線で行けるけど…)、それ以上に難しいのはシーズンが逆であることで、本州以南ではこれから半年がマラソン大会の時期なのに対し、北海道では外を気楽に走れるのはせいぜいあと2ヶ月あるかないか。本格的にやる人は体育館などの屋内施設のコースでトレーニングを積むのですが、そこまでするとなると、さすがに、ハードルが高い。

ぼくが今年の北海道マラソンを初挑戦で完走できたのは(これも何度も書いてますが)、直前に、本番の暑さを想定した豊平川の河川敷や新川通を走ることができたからで、たとえば2月の東京マラソンに出ようと思っても(東京マラソンには抽選という自分ではコントロールできない要素がありますが)、北海道に住んでいたら、ほとんどぶっつけ本番のような(3ヶ月も屋外の長い距離を走っていない)状態で臨まなきゃいけない。その代わりにスキーを履いてトレーニングすればいいじゃないかという考え方もあるかもしれないけれど、スキーとマラソンは、やっぱり、違います。

というわけで、札幌マラソンを終えたぼくは、いま、シーズンオフ入りです(笑)。7月の士別ハーフマラソンの後も、8月の北海道マラソンの後も、半月ぐらいしてから、体がだるい時期があって、あれはたぶんマラソン疲れだったと思うわけで、それでも北海道マラソンもあるし札幌マラソンもあるし、ということで、あまり間を空けずにランニングを続けてきたのですが、土日祝のこの3日間は、走りたい気持ちを抑えて、あえて、お休みすることにしました。

しばらく休んでもいいんだけど(休むのは必要なんだろうけど)、太らないようにだけ、気をつけます。太ると、走れなくなっちゃいますからね。
 

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

また(まだ)北海道マラソンの話

「ラン×スマ〜街の風になれ〜」の北海道マラソンの回(9月30日放送)、我が家はBSがないので、108円払ってNHKオンデマンドで見ました。

番組MCの田村亮さんが北海道マラソンにチャレンジする、というストーリー。



真夏のマラソン、厳しい気象条件、制限時間は5時間、低い完走率…



関門の数が多く、引っかかると、バスに収容されてしまう…



金哲彦さんいわく「みなさんベストタイムより30分は遅い」という過酷な大会で、ベストタイム4時間台後半の亮さんは、制限時間の5時間以内にゴールできるのか…

という流れで、スタートから亮さんのレースに密着していくのでありますが



ぼく、番組が始まる前から、結果、知ってました。北海道マラソン当日、完走したランナーしか入れないエリアで完走証をもらったとき、ぼくのすぐ前に、亮さんがいたのです。だから「いつか放送されるのだろう」と楽しみに待っていて、ゆえに、わざわざ108円払ってでも見たかったのです。

でも、完走という結果を知っていても、そんなことは関係なく、とても、楽しかったです。北海道マラソンのテレビ中継も録画して見ましたが、あれは「見るもの」。放送の中にあったのは、自分とは別の世界でした。それに対して「ラン×スマ」で放送されたのは、まさしく、自分が体験してきた世界そのものであり、自分の目線でした。

たとえば、「収容」と書かれた大量のバス。



新川通で、ランナーの目に入ってくるバスの大群(?)は、ものすごい迫力なんです。それを目の当たりにしながら「あいつらに乗ったらおしまいだ!あいつらは敵だ!あいつらに収容されないぞ!」と思いながら、走る。それをパワーに変えながら、単調で、日陰のまったくない新川通を、走り続けなきゃいけない。こんなのは、普通のテレビ中継では、絶対に、出てこない。

関門ってこういうふうに閉鎖されるんだ、というのも、わかりました。



25km関門の反対側(折返点の先)を走っているとき、ぼくは「関門閉鎖まで残り5分で〜す」というアナウンスを耳にしているのですが、番組の中で亮さんが聞いているのは「残り30秒」なので、この辺では、ぼくのほうが、700メートルぐらい前を走っていたことになります(が、ぼくは、最後には、亮さんに抜かれてます)。

沿道で応援している方々がいろんなものをくれるのは(番組内では「私設エイド」と紹介されてました)、北海道マラソンならではの特徴なんだなというのも、この番組を見て、よくわかりました(そうか、普通はあんなのはないのか)。亮さんはオロナミンCや何かのエネルギージェル、トマトなどをもらっていましたが、ぼくは(前にも書きましたが)あちこちで、アイシングのスプレーを貸していただいて、本当に助かりました(もちろん、食べものも、ありがたく頂戴しました)。

北大構内に入って、40km関門が見えたときの「もうここまで来れば完走できるでしょ」という感覚も、番組中で亮さんが言っていたとおりで、この感じってサブ4とかの人だとわかんないと思うんですけど、ぼくも亮さんと同じく制限時間ギリギリ完走を目指していたランナーだったから、こういうのも含めて、もう、いろんなことが共感できて、そして、また、あの日の思いが甦ってくるのです。

最後の最後、5丁目から大通に曲がるところも、よかったなあ。あのコーナー、気持ちいいんですよねえ。直前まではぜんぜん見えないゴールが、あの角を曲がると(より正確にいえば曲がりかけると)、目の前に見えてくるんです。コーナーだから、両側+前方の三方から、大勢の観衆の応援が見えて(聞こえて)、疲れてるはずなのにものすごく元気になっちゃう。その声援に応えながら、ゴールに向かって角を曲がるのは、もう、嬉しくて、楽しくて…それがちゃんと番組の中で使われてるっていうのが、じつに、素晴らしい!これぞ、まさしく(ギリギリな)ランナー目線です。

レース直後に亮さんが語っていた「完走できたのはいろんな人のアドバイスでボクのことをビビらしてくれたおかげかな」というのも、すごく、よくわかります。ぼくも、何人もの人たちから、初挑戦は関門に引っかかった、二度目三度目の挑戦でようやく完走できた、完走したときはいろいろなことを犠牲にしてひたすら練習した、などなどの声を直に聞いていたから、亮さんほどではないにせよ、めんどくせえなあと思いながらも、いろんな準備をすることができたのだと思います。

スタジオの亮さんいわく、「初めて、終わった後に『楽しかった!』と思った」「今までしんどかったとか脚が痛かったのから解放されたとかだったけど、楽しかったのは初めて」…おお、まったくその通り!そうなんですよ!!ぼくも、今年出た3つのハーフマラソンは「あ〜、疲れた〜」だったけど、北海道マラソンだけは、ゴールラインを踏んだその瞬間に「楽しかった〜!」。

最後のナレーションも、素敵でした。「練習は、嘘つかない。田村亮、初心者ランナー 卒業」…ということは、ぼくも、初心者ランナー卒業で、いいんですね(^^)。

それと、番組を見ながら、ずっと、思っていたこと。

オレ、すごいんだな(笑)。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

札幌マラソン2017(さらに続き)

今回も、また、グラフを作ってみました。


黒:札幌マラソン(10月1日)
緑:士別ハーフマラソン(7月23日)
赤:豊平川マラソン(5月5日)

今回は、士別のタイムを上回ることができず、レース直後はがっかりしていたのですが、こうやって並べてみると、後半の落ち込みが抑えられているのは、われながら、よくがんばりました。もっとも遅いところでも6分35秒/kmというのは、これまでにはなかったことで、データを見ながら、軽く、感動してます(笑)。豊平川の河川敷に入ってからは、かなり、抜いたもんね。

今回も前半はほとんどキロ5分台で走ってますが、体調不良で自分でスピードをコントロールできなくてまわりの人たちに付いていくのがやっとだった状況でもこれだけ走れたのだから、コンディションがよければ、前半のタイムをもう少し縮めたうえで、後半の落ち込みもあまりないまま、ゴールできたんじゃないか…それができれば、2時間切れたんだよなあ…というのは、都合のよすぎる妄想かもしれない(^^;

来年の夏に向けて、また、がんばります。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

札幌マラソン2017(まだ続き)

ああ、帰ってきたなあ…と思いました。



日曜日の朝8時、地下鉄真駒内駅からマラソン会場への直行バスを下りて、この坂道を上がるとき、前にリュックを背負った人がたくさん歩いているのを見て、真駒内に帰ってきたんだなあと思ったのでした。

ぼくのマラソンのきっかけは礼文島なのではありますが、原点は、ここなんです。2年前、初めて出た本格的な大会が、ここから始まる札幌マラソンで、ついにフルマラソンも走ってしまった今年の、その最初のレース=豊平川マラソン=も、ここでした。

スタジアムの周辺にテントを張ってる人がたくさんいて、ランナーがたくさんいるのが、また、楽しい。スタートの位置は「五輪通」で、道路には五輪のマークがあるっていうのも、とても、いいです。なにしろ、このスタジアムは、札幌オリンピックの開会式の会場だったのです。

かなり早く着いてしまったこともあり、あちこちうろうろしていたら、たくさんの顔見知りの方にお会いしました(この微妙な街の狭さが札幌のいいところ)。みなさん出るのは10kmの部で、というのは、10kmはスタート時刻がハーフマラソンよりも30分早いから、早い時間帯に会場にいる方の多くは10kmの部に出る方なのですが、どうも無意識のうちに上から目線になっていたようで、最初にお会いした2人の方には「がんばってください」と言ってしまいました。いやいや、あんたも出るんだから、そこは「がんばりましょう」だろう!と気づいたのは、2人目の方と分かれてから。別にハーフに出る人は10kmに出る人よりもエラいわけでもなんでもないのよ。



スタートしてからも、ときどき、沿道に、知っている方の顔が見えて、そのたびに、帽子をとって、挨拶してました(律儀だなあ<自分で言うのもなんですけど)。

駅前通りにはもっと人がいるのかなと思ってたんですが、考えてみたら、日曜日の朝10時過ぎだもんね。そんなにたくさん人が歩いているわけないよなあ。そのうえ、市電の軌道があるから、この辺は、トラックのある陸上競技場でサッカーの試合をやっているような感じ。



毎度言ってますけど、沿道に知っている人がいるというのは、とてもありがたく、また、エネルギー源にもなることでありまして、今回は、河川敷から離れて真駒内公園に入ったところで、よく知っている人が待っていてくれたのが、最後の粘りにつながりました(応援アプリでぼくの走っている様子を見ていた由)。札幌マラソンのコースは、真駒内公園に入ってからがやたらと長くて、つい、歩きたくなっちゃうんですけど、応援があると疲労感がいったんリセットされて、また、パワーが出てくるのです。

これでしばらくはコンディション調整を気にしなくていいのかと思うと、ちょっとだけ、ホッとした気分になれる一方で、この感覚を半年以上も味わえないのは、少し、寂しかったりもします。もはやすっかりマラソン中毒者です(笑)。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -