熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

空港で即決したものの

バッグの中に小難しい本は入っているものの、昨日今日のミッションで疲労困憊のアタマとカラダには些かハードルが高く、さりとて軽い興奮状態にある中では居眠りもできそうになく、札幌(新千歳空港)までの機内で気楽に読める本を買おうと空港内の書店に入り、今の気分にピッタリなのは(ドクターペッパーではなく)これだ!とばかりに、見つけるや手にとってそのまま中身も見ないでレジに持っていって、お金を払ってから、はたしてこれでよかったのだろうか?と、ふと、不安を覚えたのである。

本の表紙 人生エロエロだもの みうらじゅん

連休直前の金曜日の夜とあって飛行機は満席であり、隣の人に見られると、ちょっと(?)恥ずかしい(かもしれない)。週刊文春の連載をまとめた前作をお読みの方なら(または週刊文春の連載コラムをご愛読の方なら)おわかりかと思いますが、18禁な見出しがしょっちゅう登場し(イヤラシイというよりオモシロイ系ではあるのですが)、味わい深いイラストがコラムごとに付いてくるのである。隣の人がこのコラムを知っていれば別にどうってことないけど、そうでないと、ぼくの品位が疑われるではないか!

そういえば、ぼくはもはや東京で通勤電車に乗る機会がないからわかんないんですけど、夜の通勤電車の中で東スポや日刊ゲンダイを堂々と読むおじさんというのは、今もまだ棲息しているんでしょうかねえ。ぼくが中学生高校生の頃に不思議に思っていた「盛り場情報」とか「やるきナントカ」とかを堂々と読んでいたおじさん方の年齢に、ぼくも、もう、とっくに、達しちゃってるんだよなあ。でも、結局、ぼくは、そういうおじさんにはならないまま、この年齢になってしまった(って別に悪いことじゃないんだけど)のだなあと思うのでありました。

というわけで、今日中には札幌に帰りますよ。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

油断できない

札幌ではよくあることなんですけど、こんなところまで来て、突然、後ろから「おおくまさん!」と声をかけられると、びっくりしますですよ。



もはや、すっかり、秋の空。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

あと2日!さっぽろオータムフェスト2017

9月8日から始まった「さっぽろオータムフェスト2017」も早いものであと2日。

全道の市町村ブースが並ぶ大通8丁目会場は、本日から最後の4期目に入り、フェイスブックページにも大きく写真が載っている音威子府村のブースも本日から、というわけで、毎度おなじみ真っ黒な音威子府そばを食べてましたら、呼び込みしているお兄さんから「プリンもありますよ!」の声が。

プリン?音威子府で?

道北でプリンといえば、豊富温泉名寄か、というイメージだったので(そうなんですよ道外のみなさん)、プリンって何?と尋ねたら、今朝の道新に載っていたYさん(いつも大変お世話になっております)が出てきて「イベント限定で売ってるんです」。

「限定」なんて言われたら、買わないわけにはいかないではないか。



容器の外側からだとわかりにくいのですが、蓋を開けてみると、味噌の粒みたいなのが入っているのがわかります。「味噌ぷりん」という名前ですが、味噌っぽい味ではなく、甘ったるくないプリン、という感じ。ぜんぜん甘くないわけではなく、ほんのり甘くて、コクがあります。

イベント限定だそうですから、興味のある方は、この機会にどうぞ。
(追記)みそプリンは、初日で完売してしまったそうです。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

祝!「チャレンジ2020」1000日達成!!

チャレンジ2020(連続2020日・フルマラソン)は、本日、1000日目を終了したそうです(記事)。おめでとうございます。残りは1020日、記録が途切れることなく、最後まで「完走」できることをお祈り申し上げます。

札幌マラソン(ハーフ)を控えたぼくは、最近は、こんなところを走ってます。



以前は荒井山のジャンプ台の下ぐらいから先は歩いてたんですけど、いまは、大倉山まで止まることも歩くこともなく走り続けたうえ、同じ道を途中まで戻ってから、宮の森まで止まらず歩かずに走れるようになりました。こんな年齢になって、体力的なベースがないヒトでも、やり続ければ、できるようになるんですね。

宮の森へ行くようになってから、(以前は走るなんて考えられないほどにキツかった)大倉山が、楽に感じられるようになりました。大倉山へのルートは、分岐から先の距離は短いし、片側は視界が開けているのが、気分的に、楽です。それに比べると、宮の森ルートは、手前の住宅地のところが走りづらいし(しかも後で登るのがわかっているのにちょっと下るのがイヤだ)、盤渓へ行く道と分かれた後は左右の見通しがきかないうえにヘアピンカーブで先も見えず、勾配のきつい登り坂がだらだらと続くのが、キツいです。

ここへ来て急に気温が低くなってきて、ちょっと鼻風邪気味ではあるのですが、今度の日曜日は、適当に走りますんで、ぜひ、応援してください(コース図はこちら)。北海道マラソンと違って、都心部の区間が長いのが、札幌マラソンのコースの特徴です。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

そんなに急いでどこへ行く

来年の手帳を買いました。

今年と同じ、高橋書店のニューダイアリーカジュアル3



ぎりぎりポケットに入るサイズで週間バーティカル式ってのが意外にないもので、これだと色の選択肢もないんだけど、やっぱり、これにしました。

別にすぐに売り切れるようなものではないし、まだ9月なのに…とも思うんだけど、早くも来年の9月のスケジュールが入ってきたので、忘れないようにメモっておくことにして、それならばと、もうたくさん並んでいる来年の手帳を買ってしまった次第。

目の前のことはもちろん大事なんだけど、足元ばかり見ているのはつまらないじゃないですか。遠くに目を向ける、遠くにある夢を追いかけていく、なんていうと、若者みたいだけど、年齢なんか関係ないんだよな。

さっさと来年の手帳を準備したことは、また、あらためて、遠くにあるものを追いかけ始めた、その第一歩を踏み出したってことなんだろうな。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -