熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カナザワからの手紙

何事かと思いましたよ。

鉄道郵便車の風景印付きの葉書

ふだんメールでやりとりしている友人からのハガキ。金沢マラソンを走りに来ました、って、それはフェイスブックで見てるし、ハガキの文面は大会前日なんだけど、結果は3時間10分台だったのもフェイスブックで知ってるし、いまさらなんだよ、って気もするんだけど、そんなことは差出人だってわかってるわけで、「旅先でハガキを書くのはいつ以来か分かりませんが、忘れかけた感覚です」とも書いてある。

そんなことやら何やらが書き連ねてある裏面の下には、「のと鉄道・観光列車『のと里山里海号』」のイラストが入っていて、文面には「観光列車の仕事お疲れさまです」とも書いてあって、ああなるほど、そういうことかと理解できるわけで、なんだかんだ言ってますけど、嬉しいことであります。

思えば、種村直樹レイルウェイ・ライター友の会というのは、もともとは種村直樹さんに手紙を書いた人の集まりであり、だから、友の会の人たちは、かつては(電子メールが普及する前は)手紙をよく書く人たちでした。旅先に限らず、世の中の多くの人は電話で済ませるようなことでも、手紙を書いてました。その名残で、我が家には、いまだ、切手やハガキや便箋や封筒が、たくさんあります。

62円のハガキをもらったのは、初めてかもしれない。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

残りは1枚

今年のカレンダー、最後のページになりました。

広島電鉄カレンダー 11月と12月 クリスマス電車

今年もいろいろありました…などと振り返っている暇もなければ、じっくり何かを書くほどの余力もなく、へろへろになっております(^^;)

というわけで、今日はぼくは何も書けませんので、代わりに(というのも失礼な話で申し訳ないのですが)いすみ鉄道社長ブログをお読みください。とてもいいことが書いてあります
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

体力!

昨夜、札幌に帰ってきました。なんだかぜんぜん時間が足りないです。何をするにも、まずは体力だと、痛感しています。

新聞記事「観光列車の可能性は お試しツアー開始」と、天塩中川駅の入場券

天塩中川駅のカフェのコーヒーは美味しかったです。ああいう持ち帰りタイプのコーヒーで、こんなに美味しいと思ったのは初めてです。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2017年の北海道は紅葉の当たり年

9月の終わり頃から、道東や道北では「今年の紅葉はいいぞ〜」との声が聞かれていて(正確にいうとそういうコメントをつけた写真がネットに上がっているのを見ることが多くて)、どこで見たか忘れましたが「今年の大雪山の紅葉は史上最高だ」というものもありました。

なるほどなあ、と、この数日の札幌市内の様子を(見るともなく)見ていて(つまり普通にその辺を歩いているだけでも)感じます。

たとえば昨日、たまたま見た風景。



iPhoneブルーとでもいうべき鮮やかな空の青が、よく映えます。

この前の日曜日に北大構内を走っていたときに見かけた、北大病院の近く(と言いたくなっちゃうのはぼくは北大病院に入院していたことがあるからで一般的にいえば北大の工学部の近く)の銀杏並木も、じつに見事でした(人が多くて鬱陶しいのと走っていないと寒かったので写真は撮ってませんが)。今週末の土日には北大金葉祭と称するイベントがあり、夜にはライトアップされるそうです。さらに、日曜日は、交通規制がかかって車道部分も一般開放されるようですが、天気は、現時点での予報を見る限り、土曜日のほうがよさそうです。
 
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

仁吉展 2017

今年で3年目の、茶廊法邑での仁吉展
会期終了間近になって、ようやく、行けました。





今回もまた、示し合わせたわけでもなんでもないのに、会場で、礼文の仲間と会うことができました。ひっきりなしに来場者がある中で、ぼくが行った直後だけは、たまたま、来場者がいない時間帯になって、仁吉さんの解説もたくさん聞くことができました。おかげさまで、楽しい休日を過ごすことができました。

来年は、10月2日から14日(だったかな?)まで、京都で開催だそうです。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -