熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018年7月22日の厚別公園競技場



公式記録によると試合開始の19時の気温は18.1度、湿度72%。おまけに風も吹いていて、屋外でサッカーを見るには寒すぎました。もちろん長袖の上着を用意して観戦したのではありますが、帰り道、大谷地のショッピングセンターに入ったときに「あー、暖かくてよかった」と感じてしまったほど。

さすが北海道は涼しいんですね!という話ではなくて、札幌の7月下旬でこの寒さ(涼しさではない!)は、いくらなんでも、普通ではありません。一昨日の金曜日から大通公園のビアガーデンも始まっているのは、本来は、この時期は、それなりの暑さになることが想定されているからです。

猛烈な暑さが云々という報道が連日なされている日本国内各地の方々からみればうらやましいのでしょうが、夏はやっぱりある程度夏らしくなってもらわないと気分的に辛いわけで、というのは、お盆を過ぎたら札幌は急速に秋になっていくというのが例年のパターンですから、このままだと、夏が来ないまま終わってしまうのではないかという危惧があって、暗くて寒い冬が長い日本海側の札幌では、夏が終わってしまうことは、とても、気が滅入ることなのです。

ついこの間までは梅雨そのもののじめじめとした曇天または雨が続いたこともあり、また、北海道内でも大雨で水害に見舞われた地域があり、この秋の農作物が不出来になるであろうことは確実であり、それを少しでもカバーするという意味でも、もっと、夏らしくなってほしいのですが…

せめてもの救いは、今年のコンサドーレの試合は(勝ち負けにかかわらず)見ていてとてもおもしろいこと。今夜の試合は、勝てませんでしたが、お互いに逃げない、見ごたえのある内容でした。勝てなかったけれど負けなかったので、前節同様に5位はキープしました。上位との差は広がってきたけれど、もともと優勝を狙うようなチームではないのだから、この順位をキープできていればよいのです。なにより、こういう状況で強い相手にチャレンジをしていけるということは、試合を重ねるごとに力をつけていくことができるということであり、そのプロセスを目の当たりにできるのは、とても嬉しいことです(だからちょっとぐらい危なそうな場面があったからといっていちいち「わー」だの「きゃー」だの言うのはやめましょう〜サポーターがチームのチャレンジを信じなかったから新たなステージへはたどりつけないのですから!)。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お祭り のち 日常

ワールドカップが終わり、ぼくらの日常が戻ってきます。

昨日の北海道新聞


こんどの水曜日からJ1再開。北海道コンサドーレ札幌のホームゲームは、これから8月19日までの1ヶ月ちょっとの間に、5試合あります。この時期、札幌から本州以南のアウェーゲームに臨むのは高温多湿との戦いにもなるのですが、6月半ばからはワールドカップ中断で試合がなく、さらにリーグ戦再開後の8月末までの間でもホームゲームのほうが多いのは、コンサドーレにとっては好条件です。

先日泊まった某所のホテルのロビー


一緒に出張に行った人が「すごいね!コンサドーレ3位なんだ!」と驚いてましたが、3位ではありません(^^;)。ワールドカップでリーグ戦が中断に入る前の最後の試合で負けて、現在は5位です。

上にいるのは、広島、東京、川崎、C大阪の4チーム。

で、7月から8月にかけてのホームゲーム5試合で、この4チームのうち、3チームと当たるのです。

わくわくするよね〜

去年までだったら、強豪との対戦が続くから負けても仕方ないけれどできれば引き分けで、勝ち負けはともかく怪我とか警告は勘弁してくれ、残留圏内から離されないように粘って、とか言わなきゃいけなかったところ、上位チームとして、真正面からトップ4と対戦できるのです。

それもこれも、去年、J1に残れたからで、そう考えると、去年の今ごろ、大宮で福森が決めたフリーキック2発は大きかった。もう、あの頃の、15位だ16位だと言っていたのは、遠い昔の出来事のように思えてきます(が、慢心は禁物、初心忘るべからずです)。

これからは、対戦相手がコンサドーレを上位チームとしてみてくるから(マスコミの好きな表現だと「格上」ってやつだね<格上とか格下ってなんだよ?といつも思いますけど)、研究も対策もされてくるだろうけれど、いまのコンサドーレには自信と余裕があるから、大丈夫です。

でも、最後のひと押しは、スタジアムの観客の声援、です。

今季のリーグ戦の序盤、日本対ベルギーの最後のベルギーみたいなのが何度かあったのですが(最後の最後でコンサドーレが勝ち越した)、残り1分あるかないかというところで、選手が「もうこのまま引き分けでもいいや」と思わずに「10秒あれば点は取れる!」と最後の力を振り絞って足を動かそうとするのは、スタジアムの熱気があるから、です。

ワールドカップもいいけれど、スタジアムで生で見るサッカーはテレビで見るより絶対におもしろいですから(<ここはきっぱり断言)、ふだんコンサドーレなんて見ない方も、この夏は、ぜひ、スタジアムに足を運んでみてください。

北海道コンサドーレ札幌オフィシャルサイト
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

I bought it

首都圏では月曜日発売の週刊プレイボーイ、買えと言われたので、北海道内の発売日である昨日(水曜日=雑誌は基本的に首都圏より2日遅れ)、地下鉄大通駅改札すぐそば、日之出ビルの地下の「ひのでそば」の奥の本屋さんで買ってきました。

こんなふうになってました。



そのココロは



近所のコンビニの棚では普通に(ビニールなしに)売られてました。

読みたかったのはこの記事でしたが



ほかにも興味深い記事がありました。



週刊誌ですから、すぐに店頭から消えます。でも、北海道内は昨日発売ですから、まだ、大丈夫です。みなさんも買って読みましょう(買わないと拡大再生産につながりませんから、買いましょう)。

ちなみに、後ろに入っていたのは、この写真でした。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

さがしものはなんですか 2018夏

ある目的である資料を探していたら(自宅内で)、4年前のNumberが出てきた、のですが、これが目についたのはこういう時期だったからで、別のときにこのNumberを目にしていても視界には入ってなかったのではないかと思います。

フットボールネーションの最新刊を並べてみました。



「この4年間」から、さらに4年が経って、新たな「この4年間」の日本サッカーのことはよくわからないけれど、自分のことはよくわかる。昨日も書きましたけど、病院のベッドの上で広島の土砂災害のニュース(と礼文島の土砂災害のニュース)を見ていたのが4年前の夏。その少し後に、竹ノ塚の先生が旅立たれ、自分の置かれた状況も激変した、というのが、4年前。

ワールドカップロシア大会は、残り、あと4試合。

 

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

広域豪雨

このたびの大雨による災害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

広島市安佐北区と聞いて(その前後であちこちの報道が出てきて被害は広島だけでなく広域に及んでいるのは皆様ご存知のとおりですが)、4年前のことを思い出したのは、4年前の夏のあの頃、ぼくは入院していて、ずっとテレビを見ていたからで、同じ時期に起きた礼文島の50年に一度の豪雨ともども、妙に、脳裏に焼き付いてしまっているのです。

なんとなく、楽しい旅の話題などを書く気にもなれないので、今日のところはここまで(明日からはまた平常運転に戻したいと思っております)。

2014年4月28日撮影@広島市内

 

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -