熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ミッドウィークの4ゴール



取るときは取るんだよねえ。何試合かに分けて取ってくれればいいのに(^^;

カップ戦はリーグ戦とは別物だとはいえ、リーグ戦の3連敗直後、しかも3連敗のうちの2つ目は0−4の大敗で、このままずるずる行きかねない状況だったから、こういう形で勝てたのは(カップ戦ではあるけれど)よかったです。これで、泥沼からは抜け出したはず。次のリーグ戦の試合まで中2日しかないのに武蔵と宮澤と福森を先発させてまで勝ちに行ったのはちょっとした賭けだったような気もするけれど、最高の結果を得ることができました。

試合前の選手紹介で「スズキ〜 ムッ!サッ!シィ〜〜〜!!!」と叫ぶスタジアムDJ栗谷昌宏さんも、ホッとされていることでしょう。

檀崎はあと2点取れるチャンスあったけどね(^^;
北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「現状打破」

ブログでは初公開の、川内優輝選手とのツーショット。


(去年の日本最北端わっかない平和マラソンのゴール後です)

この4月からプロランナーに転向した川内選手。彼がいかにすごいのかは、NumberWebの記事「公務員からプロ転向の川内優輝が、東京五輪よりも重視するものとは。」(2019年4月6日配信)で紹介されている通りです。

以下引用:
《定時制高校の事務として、平日は12時45分〜21時15分まで勤務し、時に残業もある。少ない練習量を補うために毎週のようにレースに出場し、有給休暇を消化しながら海外にも積極的に遠征した。仕事との折り合いをつけ、限られた時間の中で競技力の向上を目指す一方で、限界を感じることもあったという。》
(NumberWeb「公務員からプロ転向の川内優輝が、東京五輪よりも重視するものとは。」2019年4月6日配信)

それでいて、ボストンマラソンで優勝しちゃうんだから、すごいことです。ぼくは、去年、川内選手と、3回、同じ大会を走りました(豊平川マラソン、釧路湿原マラソン、日本最北端わっかない平和マラソン)。日本のトップランナーの一人でありながら、上の写真のように、気さくに応じてくれるこの人は、フルタイムで働きながらたくさんの大会に出ていることも含めて、けっして「雲の上の存在」ではなく、ああ、こういう生き方もあるんだなと感じさせてくれた人でした。

ふたたび、NumberWeb「公務員からプロ転向の川内優輝が、東京五輪よりも重視するものとは。」から:
《「合宿で引きこもって、大きなレースにフォーカスするのもプロの1つの形だけど、それは私のやりたいものとは違う。今まで通り、いろんなレースに出て、地域の人に喜んでもらえるような、本物の走りを見せていきたい。オンリーワンのプロランナーとしてやっていきたい。今までにいないプロになる」》

「いろんなレースに出て、地域の人に喜んでもらえるような」というくだりが、とても、好きです。川内さんは、本当に走るのが好きなんだな、走るのが楽しくて走っているんだなというのが、身近に接してみると、すごくよくわかる。

釧路市民陸上競技場にある、川内コーナー。



上の写真の右下にある色紙。



RUNNETコラム「川内優輝が語った「現状打破」」から引用:
《何年間も自己ベストが出ていないということはやはり犖従維持瓩亡鼎鵑犬討靴泙辰討い深分がいた。(サインなどを求められた際)色んな人に犖従打破瓩箸いΩ斥佞鮟颪い討い泙靴燭、それを書いている本人が公務員という職業で犖従維持瓩鬚靴討靴泙辰討い拭自分がもっと強くなる方法、もっと速くなる方法が頭の中で十分に思い描けているのに、それを実行に移さなかった。》

それを実行に移したのが、今回の、埼玉県庁退職、プロ契約、というわけです。

そうなんだよね。

現状維持は、相対的な後退なんです。年齢が上がってくるにつれて、今と違うところへ進むことが怖くなってきて(しかも厄介なことに「怖くなっている」とは思いたくないからそちらへ進まないことを正当化するための理屈を頭の中で自然に作り出してしまって)、現状をキープすることに執着しがちになってくるんですけど、違うんだよな。現状を壊さなければ、どんどん、後ろに下がっていってしまうのです。

川内選手、プロになって長期合宿ができるようになった今年の夏は、釧路で合宿を行うそうです(北海道新聞記事、2019年4月4日)。釧路湿原マラソン(7月28日)にも、出場するのでしょう。ぼくは、残念ながら、今年の釧路湿原マラソンはスケジュールが合わず難しそうなのですが、また稚内で会えるのを、楽しみしています。
ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2019年の札幌ライオンズ

昨日のブログの続きみたいな話。

宮の森のジャンプ台の下まで行くたびに、ライオンズYHってどこにあったんだろう?と気になっていたのですが、最近ダンボール箱の中から発掘されたユースホステルハンドブックで、場所が判明しました。

ユースホステルハンドブック 1994-95


どうしてこんなところに宿泊施設があったのだろう?と思うぐらいに不便な場所ですが、当時のユースホステルというのは、そういうものでした。ユースホステルは宿泊客(=若者)にとっては社会勉強をする場所であり(お客さんとしてもてなされる場所ではない!)、100人規模の人数も受け入れることができる施設…というのが最優先だったから、立地は、二の次でよかったのです。

これが、札幌ライオンズYHがあった場所(撮影日:2019年4月7日)。



下から見ると、こんな感じ。



上の写真の手前は、YHハンドブックの地図に記載されている「駐車場」の部分で、ライオンズYHがあったのは、その奥の、少し高くなっていて、柵があるところです。

今になってみると、札幌市内のユースも、一つぐらいは、泊まっておけばよかったかなと思ったりもするのですが、北海道ワイド周遊券で旅をしていた頃は、札幌で泊まるぐらいなら札幌発の夜行列車の自由席に乗ってました。

札幌で泊まるとすれば、道内時刻表の広告ページでおなじみのハイランド。

道内時刻表1987年8月号


シングル3,100円より(オール込料金)、という表記が、時代ですなあ。まだ、この頃は、消費税はないですから。ちなみに、ハイランドも現在はすでになく、コインパーキングになっているところが跡地ではないかと思われます。

こちらは、道内時刻表87年8月号と、89年8月号。



この頃、道内時刻表の表紙は、夏になると、いつもこれでした。
旅と鉄道 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

ジャンプ台2つ(3つ目は断念)

《2012年(平成24年)5月、コンサドーレ札幌の練習がオフの水曜日、札幌駅近くの借住まいを出た中山雅史は、ロードバイクのハンドルを西南西に向け、ペダルを漕ぎつづけた。やがて道路はゆるやかに上り始め、いくつかカーブを越えると、前方に大倉山の濃密な緑が見えた。ペダルを踏み下ろすごとに緑は視界のなかに広がり、やがて生き物のようにうねる大倉山のジャンプ台がすがたを現した。》(『魂の在処』幻冬舎,2014年)

大倉山へ行くと、ときどき、この文章を思い出します。
ぼくの場合は、ロードバイクではなく、ランニングシューズですが。

本日の大倉山。



《ロードバイクを降りた中山は頂上につづく林道に向かった》(『魂の在処』)

ぼくもそうしたかったんだけど、まだ、クローズでした。



《緑の天蓋を抜けると、標高300メートルの大倉山の山頂だった。眼下に190万人が住む札幌市を乗せた石狩平野が広がり、その向こうに石狩湾が見えた。中山は悠々と広がるこの景色が大好きだった。》(『魂の在処』)

どうしてもその景色を見たければ、お金を払ってリフトに乗ればいいんだろうけど、ぼくにとっては登山道を歩く(走る)ことが目的なのであって、べつに山頂に行きたいわけではないから、そのまま引き返すことにしました、が、まっすぐ帰るのもつまらないので、宮の森ジャンプ競技場にも行ってみました。



大倉山は90m級(ラージヒル)、こちら宮の森は70m級(ノーマルヒル)と、サイズが違うのは、目の前で見れば、一目瞭然です。47年前の札幌オリンピックで日の丸飛行隊が活躍したのは宮の森なんだけど、観光客が向かうのは大倉山。今日も、大倉山には大勢の観光客がいましたが、宮の森は皆無でした。



宮の森のジャンプ台は市内からは見えにくい、ということは、ジャンプ台から見た景色も大倉山のほうが広がりがある、ということで、そりゃ、まあ、観光客は、大倉山に行きますわね。大倉山には大きな駐車場もあるし、売店や食堂だってありますから。

しかも、宮の森は、行くのが大変なんだ。車で行くならどっちでもそんなに変わんないかもしれないけど、走っていく身にとっては、大倉山のほうがずっと楽。宮の森は、バスの終点からの上り勾配がきつくて、こんなところを走っている自分は何をやってるんだろうと思う…のですが、この時期になってくると、あそこは(大倉山への道と違って車がほとんど通らないこともあって)ロードレーサーの人がトレーニングに使っている光景に、しばしば、出会います。今日は、ぼくが下っている途中で、お父さんと小学校低学年ぐらいの子どもが自転車で上ってきて、どこから来たのか知らないけど、あの小さな子が自転車を漕ぎながらここを上がってくるのはすごいなあと感心してしまったよ(「こんにちは」と挨拶をしてきたのもエライ)。

宮の森から戻って、大倉山との分岐点から坂道を下っていく途中では、大学生らしき自転車部隊と遭遇。いちばん後ろの子が明らかにへろへろで、ぼくとすれ違った後すぐに先頭の人が「いったんストップ〜」と声をかけてました。春になって雪解けが進むと、みんな、動き出すんですね。

下りの途中から逸れて荒井山のジャンプ台まで上がれば、この界隈の3つのジャンプ台を制覇できるところだったんですが(制覇といっても自分が飛ぶわけじゃないですけど)、さすがにそれは面倒なんで、やめました。

やっぱりもうちょっと体重を落とさなきゃいかんな。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

今年の函館マラソンは「赤」

今年の函館マラソン(7月7日)のフィニッシャーズタオルの色は「赤」である由。なぜ「赤」なのか?というと、函館市電を走る「箱館ハイカラ號」の赤をイメージしているのだそうです。

箱館ハイカラ號は、去年の参加記念ピンバッジにも描かれています。



コース中のアップダウンが多すぎる函館マラソンは、主催者自らが「日本一過酷なファンラン」と言っているとおり、ファンラン、つまり、楽しんで走るマラソン大会。去年は大雨で風景はほとんど楽しめなかったけれど、晴れてくれれば(あんまり晴れると暑くて走りにくいから困るのだが)、津軽海峡も函館湾も函館山も美しく、ときに市電の電車もやってくる(市電と出会えるのは遅い人限定です)。赤レンガ倉庫群の石畳の道も走れるし、たくさんのエイドで提供される地元の「食」も、また、楽しい。

今年もまた、35km過ぎの冷やし塩ラーメンを楽しみに、走ります。
ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

3連敗



後ろの席の老夫婦は、強いコンサドーレを、コンサドーレが勝つことを、見に来たんだろうなあ。開始早々に失点して、さらに前半のうちにもう1点取られたら、文句ばっかり言ってるんだもの。そりゃ、今日のあの展開では、2点差をひっくり返すのは厳しいだろうとは思ったけれど、コンサドーレを応援するおれたちが逆転を信じないでどうするんだよ。最後の最後まで信じて信じて信じ抜く、それで結果は裏切られたって、それでいいじゃないか。なんで1点差で負けてるっていうのに、残り数分のところで、あんなに席を立つ人がいるのかなあ。

とか言うと、そんなものは見る人の自由だろう、という反論を食らうのが常なのですが、そりゃ、まあ、自由だけどさ、札幌ドームに集う地元の人には、やっぱり、最後まで、応援してほしいわけですよ。べつに声を出せとは言わないし、ましてや歌えとは言わない。だけど、心の中でいいから、最後の最後まで、味方(だよね?)を信じてやってほしいのだよ。あの選手のあれがダメだとかって話は、終わってからすればいいじゃないか。



去年のシーズンが終わってから、社長が、しょっちゅう、言ってたもんね。去年は出来すぎ、今年は過大な期待を抱かないでほしい、仮に去年のように勝てなくても応援してほしいってことを、あちこちで、言ってたよね。まあ、まだ6節ではあるんですけど、ACLどころか降格ラインを気にしなきゃいけないところにいるっていうのは、気持ちが悪い(ああ、なんと贅沢な立場になったことか!)。高望みはしないから、まずは次節、引き分けでもいいから、連敗を止めて、札幌に帰ってきてほしい。次節の相手チームはヤツがいるチームだ。やりがいあるだろ。

ゆけ札幌 勝利信じ 最後まで戦え(まだ6節ですけど)

北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

対策奏功

このところ激しく自宅内の片付けをしている中で、いろいろ不思議なモノおもしろいモノの発見が相次いでおりますが、こんなものも出てきました。

1993年3月11日の、アレルギー検査の結果。



中学生のときに失明寸前の大怪我をして、なぜかそのついでに某大学病院で大量の血液を採られて検査をしたことがあったから、自分の鼻水ずるずるはアレルギーなのだという認識はあったのですが、大人になってからの検査は、このときが初めてでした。左の欄に10のアレルゲン名があって、そのうち「陰性」は4つだけ。残りの6つのうち、「擬陽性」は1つもなくて、すべてが「陽性」で、うち3つに至っては、数値が高すぎて計測不能みたいなことになってます。

「こんな人は見たことないですよ」とお医者さんに驚かれたのは、このときです。

それから数年後、引っ越した先で、近所にアレルギーの専門医がいることがわかって、そこに行って、しばしの試行錯誤の結果、自分に合った対処法が見つかって、それからは、かなり楽になりました。上の検査結果の頃に一緒に仕事をしていた方と春先にお会いしたら「何か特効薬でも見つかったの?ボクもひどい花粉症だけど、キミを見ているとまだマシだと思ってたんだけど」と言われたぐらいの、劇的な変化でした。

その後、札幌に引っ越してからも、東京へ行く機会は多かったので、わざわざ1月中に東京の病院に行って(といっても普通の町医者で先生いわく「この薬はどこにでもある」という薬を処方してもらうだけなのですが)、シーズンが始まる前に薬を飲み始めて、点鼻薬も毎日使ってました。そうすると、東京へ行っても、ノーマスクでも、ほとんど症状は出ない。せいぜい、目がちょっと気になる程度。

でも、この何年かは、この時期に東京方面へ行く機会は少なくなっていたから、わざわざ薬をもらうためだけに高い旅費をかけて東京へ行くこともなかろうと、日常的な(医者から処方された)薬の服用はせずに、東京方面へ行くときだけ市販の鼻炎薬を飲んでいたのですが、市販の薬は妙に眠くなったり妙に口の中が乾いたりするうえに、トップシーズンだと期待しているほどには効かないらしく、とりあえずその間は症状を抑えられていても目や鼻の粘膜は傷つけられているのか、札幌に帰ってきてからもしばらく具合が悪い=眼はかゆいわ、鼻水は出るわ、鼻をかみすぎて鼻のまわりが真っ赤になって痛むわで、もう、大変=ということもありました()。

そんな忌まわしい記憶が強烈に残っていたこともあり、今年は、春先に東京近郊にいる時間が長くなりそうだったので、数年ぶりに、冬のまだ寒いうちに東京在住時のかかりつけ医にアレルギーの薬をもらいに行き、シーズンが始まる前から飲み薬と点鼻薬を服用しています。

そうはいっても今は天気予報のついでに表示される花粉情報でいうと関東地方すべて真っ赤っ赤になっている時期、今週の東京滞在は、大変なことになるのを覚悟して出かけたのですが、目がちょっと気になる程度(外出から帰るとまず目を洗いたくなる程度)で、済みました。札幌に帰ってきてからも、何も、困るようなことは起きていません。

まるで人体実験のようですが、一昨年の同じような時期に、今回よりも短い期間の東京近郊滞在で酷いことになったことを考えると、やっぱり、あのお医者さんの薬は、効いている、ということです。札幌にいて、花粉症などとはまったく無縁な(外を見れば雪景色という)環境にあって、毎朝かかさず薬を飲むのはけっこう面倒だし(ときどき忘れそうになる)、1日2回の点鼻薬もめんどくさいんですけど、それをやっているだけで、こんなにも違うものなのですねえ。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

200円が戻ってくる

札幌マラソン大会事務局から、封書が届きました。



「第43回札幌マラソン」手荷物預り料の返金について
 雪解けも進み、北海道のマラソンシーズンの始まりに向け、皆様におかれましては、日々トレーニングに励まれていることと思います。
 さて、昨年の第43回札幌マラソンの中止に伴い、皆様から事前にお申込みをいただいておりました手荷物預り料を返金させていただきます。
 お手数をおかけいたしますが、同封の定額小為替証書をお近くのゆうちょ銀行、または郵便局の貯金窓口にお持ちいただき、現金(200円)とお引換えください。


だ、そうです。

今年は(今年も)札幌マラソンの前後の週にフルマラソンの大会に出るので、今年の札幌マラソンはパスしてもいいかな〜と思ってたんですが、こんなことされちゃうと、申し訳なくて、出なきゃいけないような気がしてくる。前後の週にフルを走るとはいっても、その間の日曜日に何もしないということはありえないのだから、札幌マラソンを練習代わりにすればいいのかな(練習にしては結構なお金がかかりますけど)。札幌マラソンの翌週の東北・みやぎ復興マラソンは公認コースの記録狙いで走る予定だから、札幌マラソンは(メインレースのハーフじゃなくて)10kmの部に出るという選択肢もある。

そんなことばかり言ってないで、まずは日々のトレーニングだ。今週は東京に行ってたこともあって(今回はランニングシューズは持っていかなかったので)ぜんぜん走ってないんで、今週末から、また、まずはシーズン序盤の脚づくりを目標に、頑張らない程度に頑張ります。
ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

特急はちおうじ

こんな特急列車が走る時代になったのだなあ…



東京発八王子行き、特急はちおうじ、全車指定席。

特急列車らしさがあるのは全車指定席であることと、12両編成であること、ぐらい。特急列車といえば、グリーン車や食堂車を連ねた長い編成で、長距離区間を少ない停車駅で走るもの…って、あんたいつの時代の話してるんだよ!

「はちおうじ」は、列車名です。この3月のダイヤ改正で登場しました。



このところ中央線沿線に足を運ぶ機会が多いので、中央線の特急列車が全車指定席になる旨のポスターは何度となく目にしていたのですが、よくわからなかったのは、全車指定席といいながら席の指定を受けなくても乗れます、との説明。さりとてパンフレットを手にして読み込むほどの興味もなく、頭の中で「?」が残ったままになっていたのですが、特急はちおうじ9号の車内に入った瞬間、わかりました。



座席の上にランプがあって、これが緑色になっているところは指定席が売れている席、赤色のところは指定席が売れていない席であることを示しています。指定席を持っていない人は、赤いランプのところに座ればいい。こんなことは、JR東日本管内で日常的に電車を利用している人にとっては当然のことなのでしょうが(普通列車のグリーン車にSuicaで乗ってピッとタッチするとランプが緑に変わる仕組みはもうかなり前からありますからね)、そうでないぼくにとっては、想像の範囲外でありました。

かつての感覚でいえば、東京・新宿〜立川・八王子なんて距離で特急になんか乗らないし、ましてや指定席料金を払うなんてもったいなくてできなかったはず。特急「はちおうじ」の指定席特急料金は、正規料金だと1,010円(運賃よりも高い)。でも、事前に(列車の乗車前に)買えば750円、さらに、えきねっとチケットレスサービスを使えば650円(さらにさらに6月末まではキャンペーン価格で450円)。ぼくは、当然、えきねっとチケットレスサービスで乗ったのですが、チケットレスといいながらQRコードが発行されるわけでもなく、はたしてどうやって指定券の所持をチェックするんだ…と疑問に思っていたから、車内に入って座席上のランプを見た瞬間、ああ、そういうことか!と、自分の無知さ加減を思い知らされたのであります。



短い時間とはいえ、ゆったりと座れる特急列車の旅は、楽しいです。キラキラと(ときにギラギラと)した光が流れていく都会の夜更けの車窓を眺めていると、まるで夜行列車に乗っているかのような感覚になってきます。指定された席は先頭車だったから、駅通過時にはミュージックホーンが聞こえてくるのもまた楽しい。

夜行列車がなくなったことは残念ですが、死んだ子の年を数えるようなことはやめて、今の時代の鉄道旅情を探していけばいいんだなと気づかされた、短い特急列車の旅、でありました。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -