熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SAPPORO応援RUN SEASON3 完走+札幌マラソン2020 by TATTA | main | 札幌マラソン2020 by TATTA 初日に完走 >>

東京マラソンは1年後(かも)

今朝の日刊スポーツの報道によると、東京マラソン2021は、開催日を3月7日から秋に延期したうえで、通常規模での開催で最終調整中、とのこと(東京マラソン来秋に延期、4万人規模維持で最終調整 [2020年10月5日7時0分])。

この記事のポイントは「4万人規模維持」です。秋に延期するとの話は以前から報道されていましたが、その場合でも、参加人数を減らし、規模を縮小して行うとされてきました。そうなると2020大会に出場を予定していたランナーはどうなるのか、2020大会の出場権を2021と2022に振り分けるのだろうか…と、気になっていたのですが、通常規模での開催であれば、2020大会にエントリーしていたランナーは、全員、走れます。

個人的には、秋開催は、大歓迎です。重度花粉症患者にとって、3月7日の東京を走ることは、とても苦痛です。年度末で、仕事も忙しい時期です。積雪時期なので、走り込みもできません。秋ならば、それらは、すべて、クリアされます。

記事には《国内最大の都市型市民マラソンが、通常規模の開催を打ち出せば、自粛のドミノに少し歯止めがかかる可能性もある》とあります。思えば、各地のマラソン大会中止の流れを決定的にしたのは、2月17日の、東京マラソン一般参加中止の発表でした。東京マラソン2021の開催発表で、この空気が変わっていくことを期待します。

東京マラソン2020の自分のゼッケン

ランニング | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする