熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 青年劇場第124回公演「星をかすめる風」 | main | THE ROYAL EXPRESS 〜 HOKKAIDO CRUISE TRAIN 〜 2020 Last Run >>

これでも勝てないのか…

と、思わず、口にしてしまいましたですよ。

札幌3-4浦和

あんなに攻め続けてたのに負けたってことは、もしかして、夢を見ていたんだろうか?と自分の脳の働きを疑いましたが(笑)、公式記録をみれば、シュート数は23本対8本、コーナーキックに至っては15本対1本なのだから、攻めまくっていたことは間違いない。23本シュートを打っても3点(うち1点はオウンゴールだから実質2点)というのはどうなのかと言いたくなるけれど、それでも、直近の3試合は、攻めまくってもノーゴールが続いていたのだから、これでも大きな進歩です。

負け惜しみじゃなくて、本気で、そう思ってます。優勝を狙うほどの戦力があるわけではないチームで、シーズンの途中で昨季のチーム得点王がいなくなれば、そりゃあ、苦労するのは当然です。再開後アウェー4連戦を無敗で乗りきったときはちょっと期待したけど、やっぱり、こうなるよなあ、というのが、この数試合の感想です。4バックやったり(びっくりしたよねえ)、前に長身のブラジル人選手を3人並べたりと、試行錯誤が続くのも、仕方のないことです。

とにかく、今季は降格がないのだから、目先の勝ち点を取るためだけの戦いをする必要はないわけで、どうしても勝ちたかったら、今のこのチームなら、徹底的に守備的にやれば、勝ち点は、そこそこ、取れると思いますけど、そんなことしてちょっと順位を上げるよりも、今季は思いきったチャレンジをして、来季のみならず、中期的に強くなるための基盤づくりを進めればいいんです。

とはいえ、やっぱり、勝ちたかったな〜
頑張ってたグッチーさんにも、勝利をプレゼントしたかったな〜

というわけで、試合の話は、おしまい。

必勝なまらバターバウム1袋5個入を、2袋、買いました。

バウムクーヘン10個

「勝栗」は、試合終了後、タダで頂戴しました。

試合終了後に「勝栗」プレゼントの案内

無料配布された「勝栗」の賞味期限は9月21日、「必勝なまらバターバウム」は9月23日だから、在庫処分なのでしょうが、それならそれで協力しましょう、スポンサーさんあってのクラブなのですから、ということでの、なまらバターバウム10個購入でありました。入場してすぐに、たまたま販売コーナーのすぐ前を通ったときに1袋(5個)を買って、試合開始直前に見に行ったらまだたくさん残っていたからもう1袋(5個)、あわせて10個は、すべて、フィールドプレイヤーでした。

並べてみた。

バウムクーヘンを並べたところ

ガースーとルーカスが入ってたから、並べやすかったです。トップにジェイ、シャドーに金子と檀崎、ボランチは荒野と駒井、後ろは左から高嶺、宮澤、石川。駒井と高嶺は逆でもいいかもしれないし、今季は菅が後ろをやったこともあったから、3バックの左を菅にして駒井をシャドーにしてワイドには檀崎を置くとか、いろんなことを考えられるのは、今季、いろんな選手がいろんなポジションをやっているからで、この10人の中で別のポジションに置けないのはジェイだけだ。

次の水曜日はやっと休めるのかと思いきや、中止になった鳥栖戦が組まれているし、この先のことを考えれば、ACLがホントにそんな日程になったらJリーグは順位付けられなくなっちゃうし、そしたら天皇杯出場チームはどうやって決めるんだとか、とにかく、今季は特別ですから、大きな怪我なく、終えてくれればいいです(ルヴァンカップも負けちゃったし)。個人的には、世の中が動きはじめて少し忙しくなってきて(春先から初夏にかけて開店休業だったんだから少しは忙しくなってくれないと困る)、この先しばらくは生観戦どころか中継をライブで見ることもままならぬことが続きそうです(ちなみに先週の広島戦は網走行き特急大雪の車内で生中継を見てました)。まあ、そのうち、勝つでしょう。勝ちますよ。

北海道コンサドーレ札幌2020 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする