熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 勝てないなあ… | main | これでも勝てないのか… >>

青年劇場第124回公演「星をかすめる風」

先月、30年来の友人である青年劇場の北直樹クンから、新作「星をかすめる風」の公演実施が決定したとの知らせが届きました。チラシと一緒に添えられていた手紙には《私としても、久々の出演ということで、本来ならば「是非観に来て下さい!」と呼び掛けたいところですが、今回は全く事情が違います。(中略)「こちらでやれるべき事は全てやりますが、いらっしゃるかどうかはお客様の判断に委ねます」としか言えません》と、苦しい胸中が綴られています。

公演のチラシ

ただでさえそのような状況なのに、販売される座席数は定員の半分。それならチケット代をもっと高くしてくれてもいいのに…と思うのですが、そうもいかないのか、チケット代は、いつもと同じです。

公演は今日が初日で、20日まで。場所は紀伊國屋サザンシアター。

日程

近年は裏方にまわることの多かった友人の、久々の出演でもあるので、今回は、3か月ぶりに東京へ出向き、お芝居を観に行く予定です。

お芝居を観るまでに読み終えておこうと、先週末、網走=北直樹クンの出身地でもある=へ行ったとき、リュックの中に原作本を入れて出かけたのですが、ひさしぶりの鉄道旅では、読書は、無理でした。列車に揺られながら本を読むのも、また、鉄道旅の楽しみ方の一つではあるのですが、先週末は、すべてが新鮮で、活字に目を落とす暇はないまま、札幌に帰ってきました。

原作の単行本

もらった手紙には《一つだけ言えるのは、「このままだと、演劇は地上から消えてしまうかもしれない」という危機感と私達はどう向き合い闘って行くのか?と考え続けている事、そして「可能な限り上演の可能性を追求して行く」事は止めない!という決意です》とありました。

今日、初日を迎えた公演が、最後まで、無事に、上演されることを祈ります。

青年劇場「星をかすめる風」
日常 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする