熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< THE ROYAL EXPRESS 〜 HOKKAIDO CRUISE TRAIN 〜 新・北海道鉄道時代の幕開け | main | 祝!マラソン大会再開!トライアルマラソンシリーズ@札幌モエレ沼公園 >>

ひどく暑かった日のウェルカム

本日、THE ROYAL EXPRESS 北海道クルーズの出発に合わせて、北広島と追分で、初列車をお見送りしてきました。

北広島には、じりじりと真夏以上の日差しが照りつける中、HBCテレビさんが取材に来てくれました。安倍総理辞意表明のニュースで放送されないんじゃないかと心配しましたが、本日夕方の「今日ドキッ!」で、無事に、放送されました。




横断幕の色は、地の色がロイヤルエクスプレスと同じロイヤルブルー、文字は牽引する機関車と同じイエロー、文字の縁取りに電源車と同じホワイト、そして文字を支える下の部分にはJR北海道のコーポレートカラーであるライトグリーン。



テレビでたくさんの人たちが手を振る姿が写ってましたが、北海道鉄道観光資源研究会のメンバーは、そのうち、7人だけです。あとは、近隣にお住まいの方々と、北広島市の職員のみなさんです。



テレビにはほとんど写ってませんでしたが、朝早くから陣取る「撮り鉄」のみなさんも、多数、いらっしゃいました。撮り鉄さんには、紙の横断幕をつなげる作業をしていたとき、紙が風で飛びそうになったところを「どうせまだ列車来ませんから手伝いますよ」と押さえていただき、とても助かりました。

放送の中で、まるで「オチ」のように使われていたこの場面。



手を振ってわれわれを見送ってくれるHBC堀アナウンサーの姿が。




番組の中でもコメントがありましたが、安平町でのお迎えは、間に合いました。

(安平町敷地内で許可を得て実施〜手を振っているのは安平町職員のみなさんです)


この「今日ドキッ!」18時台の特集は、北広島での歓迎の場面だけでなく、札幌駅での出発式、車内の様子、今日の最終到着地である池田駅到着の様子、宿泊先の施設の方のコメントなどなどがあって、最後は、スタジオでのこんなやり取りでした。

グッチーさん(司会)「応援している人たちの、あの、愛、すごいですね、ありがたいですね」
堀アナウンサー「北広島市から、ロイヤルエクスプレスはぐるーっと石勝線をまわってくるんですけど、追分駅に、間に合ったそうです」
金城アナウンサー「間に合ったんですか!そうなんですね!よかった!」
グッチー「そういう人のつながりが、また人の輪を生んでいくんですよね。ソーシャルディスタンスで今はなかなか人と人は会えないですけども、直接は会ってないですけども、あの横断幕を通してああやって人と会って、今度は北海道を応援してくれるって気持ちになってくれるんでしょうね」
堀アナ「実際ぼく20秒ぐらいしか見てないんですけども、動体視力をこう、自分のマックスに上げて見てたらですね、手を振ってくれてました。確実に、こう、手を振ってくれてました。伝わってます」
グッチー「それは、つながりができてます」

このグッチーさんのコメント、嬉しかったなあ。グッときました。

見送る場所と列車との間の距離が近かった安平町では、中から手を振ってくれている方の「笑顔」も見えました。最後尾の車掌さんも、窓を開けて、笑顔で手を振ってくれました。手を振るって、いいですね。

こういう状況で人が集まるイベントはやりにくいであろう中、快く、かつ、すばやくご協力していただいた北広島市役所のみなさま、また、安平町のみなさまに、あらためて、御礼申し上げます。
 

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする