熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チャレンジ2020(連続2020日フルマラソン)まもなく大団円 | main | チャレンジ2020ゴール 85,233.9km完走! >>

19年ぶり

北海道コンサドーレ札幌、鹿島アントラーズに19年ぶり勝利。

テレビ画面 鹿島0-2札幌

19年前って、長すぎるロスタイムにウィルが秋田豊に倒されてPKを得て勝った試合ですよ。あれはぎりぎりの勝利、かつ、最後のジャッジは満員のホームの観客が作ったんじゃないか的な空気すらあるような勝利でしたが(当時は札幌ドームの開業直前、まだプロ野球チームも来る前で、今では信じられないのですが、厚別のコンサドーレの試合はチケットを手に入れるのが大変でした)、今夜の試合は、得点シーン以外はやられっぱなしだったのになぜか2点差で勝っているという、まるでいつもアントラーズにやられているような内容と結果。

後半なんて菅のGK直撃以外はノーチャンスだったのに(アントラーズのシュートは2本も枠に当たってる)、最後の最後になって、駒井が敵陣の高い位置で奪って、そこからルーカスがひょひょっと決めちゃった、というのが、上の写真。この時間帯でリードを広げれば、勝ちますわな。

アウェーのカシマスタジアムでの勝利は初めてで、カシマスタジアムの試合といえば延長戦まで持ち込みながらもVゴール決められて降格決定とか、開幕戦でクライトンがFWで出てきていきなり大敗とか、7点取られて惨敗とか、そんな記憶ばかりが残っている、などと言うのは、今のチームには関係ないことだ。

本日正午からエントリーがスタートした「SAPPORO応援RUN SEASON1」は、参加費無料だし、14日間で合計21kmほど(ハーフマラソンの距離)を走れば完走という参加のハードルの低い企画だったんで、定員500名は早々に埋まるかもしれないと心配して(2000人かつ有料のオホーツク網走マラソンのオンライン大会はあっという間に埋まりましたからねー)、正午ぴったりに申込画面を開いて、エントリーしました。コンサドーレが協力というわりにはコンサドーレ側からの情報発信がなかったから、こちらもちょっと心配だったんですが、今日の午後、コンサドーレからもリリースが出ました。

SAPPORO応援RUNの案内画面

ハーフの距離ですから、その気になれば1日で走れるし、そんなに気合入れなくとも普通にやってれば14日間どころか2日か3日でクリアするわけで、TATTAアプリを使ったオンラインマラソンもこれが初めてではないですから、気楽に、楽しく走らせてもらいます。
北海道コンサドーレ札幌2020 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする