熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 時刻表から旅に出よう | main | ユニクロマスクラン >>

マスクド小市民

先週末。

踏切の跡

4か月ぶりに津軽海峡を越えて、東京に行って、いちばん驚いたのは、会った人のほぼ全員が、今なお、週に何日かは在宅勤務だったり、毎日出勤しているにしても時差出勤だったりしたこと、でした。ぼくが会った人の中で、無職の母は別として、通常の勤務時間で毎日出勤している人は、一人だけ。こういうことは、ニュース見ててもわからない。

その次に驚いたのは、帰りの飛行機の席が、2人掛−3人掛−2人掛の座席すべてが埋まっていたこと。大幹線であるはずの東京〜札幌便ですら半分ぐらいしか飛んでないから乗客が増えるとそういうことになっちゃうんでしょう。乗るのも降りるのも以前とは違う手順に従わねばならないから時間がかかるのは、まあ、仕方のないことだ(しかし夏休みになって乗る人が増えてもあんな運用できるのかな…)。

崎陽軒のシウマイ弁当しか売ってない羽田空港。



これでは仕方ないか。仕入れても商売にならんよな。

欠航表示が多い出発案内

今週末からはJリーグも再開し(J1は来週末から)、街には人出が増えてきて日常が戻りつつある−という世の中の空気に逆行するかのように、昨日は北海道ロードレース(10月25日、ハーフマラソン)の中止が発表され、今日はフードバレーとかちマラソン(11月1日、同)の中止が決定。いまさらもう驚きはしないものの、北海道ロードレースは真駒内公園と豊平川の河川敷だからやれるんじゃないかと(まだあきらめ悪く微かな)望みを抱いていたもので、2点差で負けている89分に追加点を奪われて3点差になったアディショナルタイム、みたいな気分です。

いつのまにか京急の羽田空港駅の名前は変わってるし、新千歳空港駅のホームはエスコンフィールド北海道の広告だらけになってるし、そのエスコンフィールド北海道の工事は千歳線のすぐそばでガンガンやってるし、4か月ぶりの遠出は、えっ!そうだったの!ってことばかりでした。

京浜急行の羽田空港駅

先週末は家の用事もあったんで出かけましたが(4か月前は「また来週来るから」と言って東京から帰ってきたのだ)、やっぱり人混みの中に入るのはなんとなく落ち着かないので、いわゆる観光旅行や汽車旅の個人的解禁は、まだしばらく先にしようと思ってます。
日常 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする