熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 発表!「あなたと鉄道写真」 そして33年目の発見! | main | 上野発の夜行電車 乗ったときから >>

続・十勝三股33年目の発見

昨日のブログの続き。

列車の前での記念写真

えちごトキめき鉄道「あなたと鉄道写真」その1の中に士幌線十勝三股駅の写真があって、それはぼくが訪れる3日前に撮影された写真なんだけれども、ぼくが撮った写真とは駅名標の形が違っている、ということを、昨日のブログに書きました。

違うのは、それだけではなかったのだ。

これも、違うのだ。

大型バス

ぼくが士幌線の列車代行バスで十勝三股を訪れたのは、士幌線の最終運行の3日前。その日の列車代行バスは上の写真のバスで、前面の方向幕に「国鉄代行バス」「糠平−十勝三股」の文字が見えます。しかし、「あなたと鉄道写真」のバス=上の写真の3日前のバス=は、「国鉄代行バス」とだけ書かれた、マイクロバスです。

つまり、ぼくが乗ったのは、本来の姿ではない(廃止直前の乗客増に対応して大型化した)バス、だったわけですね。

最終運行3日前、バスは、通路に立っている人もいたほど、混んでました。

混み合うバスの車内

「銀箱」が見えるのが、時代ですねえ。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする