熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月2日、本日到着 | main | 続・十勝三股33年目の発見 >>

発表!「あなたと鉄道写真」 そして33年目の発見!

えちごトキめき鉄道「あなたと鉄道写真」結果発表!

発表!「あなたと鉄道写真」|えちごトキめき鉄道

「あなたと鉄道写真」は、ステイホームに合わせて自宅で眠っているアルバムから思い出を発掘してください、という企画。応募作品は「応募者本人、ご家族またはご友人が駅舎や列車とともに映っているもの」で、応募期間は4月27日から5月11日でした。

ぼくは、2点、作品を応募しました。

当初は、応募作品の中から優秀な作品を選ぶことになっていたようなのですが、5月25日にメールで連絡がありました。いわく《1枚1枚それぞれに大切なエピソードがあり、賞などを設けることが非常に難しいとの判断に至りましたので、ご応募いただいた全てのお写真を採用し…》とのことで、送ったものをそのまま発表してもいいですか?という確認の連絡でありました(この辺の事情は、えちごトキめき鉄道の鳥塚亮社長のブログでも説明されています(あなたと鉄道写真 の集計結果について 2020.05.21))。

本日、ホームページで結果を発表しました、との連絡がありました。

すべての応募作品が、ここで3つのPDFファイルにまとめられているのですが、応募した当事者が言うのもなんですけど、これが、じつに、素敵なのです。

あなたと鉄道写真の作品PDFの表紙

古い人間としてはPDFファイルになっていると聞くと紙に印刷して見ようと思ってしまうのでありますが、これは、iPad上で見ると、ちょうどいいサイズです。iPadの画面上で見るほうが、中途半端な紙に印刷するよりも、ずっと、きれいです。

応募作品は「誰かが映っているもの」という条件ですから、いわゆる鉄道写真とは違います。だけど(だけどってのもヘンですけど)、それが、いいんです。鉄道っていいな、鉄道旅行っていいなと思う(そしてまたどこかへ鉄道に乗って出かけたくなる)写真と、添えられたエピソードの数々。

その中に、廃止直前の士幌線十勝三股駅で撮影された写真があります(3つあるファイルのうちの「その1」)。おおっ!と思ったのは、ぼくも同じ場所で同じように写真を撮っていたからなのですが

錆びついた駅名標と並んだ記念写真

「あなたと鉄道写真」の作品では、この「とかちみつまた」の看板(駅名標)が、骨組み(鳥居)の外側にあるのです。ぼくが上の写真を撮ったのは、「あなたと鉄道写真」の作品の3日後。その3日の間に、誰かが、この駅名標をここにはめ込んだ、ということが、33年目にして初めて判明したのでした。

PDFの表紙には「あなたと鉄道写真2020」と書いてあるから、2021や2022もある、ってことなのかも。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする