熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 週末ひとりTATTAマラソンを走る | main | 6月2日、本日到着 >>

今年のオホーツク網走マラソンは on the web

週末ひとりTATTAマラソンから2日、今回は通常の大会と違って必死に走る場面はなかったから疲れたといってもそれほどではないな…と思ってたんですけど、やっぱりフルマラソンではあるわけで、いまだ、あちこち、痛いです。ふだんは気にならない上半身の痛みがあるのは、ドリンクや補給食を背負って走っていたから、へんなところに力が入っていた、ということなのでしょう。

さて、週末ひとりTATTAマラソン前日、「オホーツク網走マラソン on the web」の開催要項が発表されました。

※以下、写真はすべて昨年(2019年)のオホーツク網走マラソンです。

青空の下をオホーツク海に向かって走るランナー

オホーツク網走マラソン on the web も、週末ひとりTATTAマラソンと同様に、トレーニングアプリ「TATTA」で走行距離を計測するというもの。週末ひとりTATTAマラソンは一度に42.195kmを走ることが条件でしたが、オホーツク網走マラソン on the web は開催期間(9月14日から27日までの14日間)に合計で42.195kmを走れば完走です。完走すると完走メダルがもらえます。

参加料は3,000円と15,000円の2パターン。15,000円のほうは「網走応援エントリー」として、参加賞(YAMAtuneさんのランニングソックスなど)のほかに、毛ガニまたは網走和牛がいただける由。

牛肉あります、の看板

今年はもうずっとこんな感じで、リアルの大会は無理だろうと(同じことしょっちゅう書いてますけど)諦めたつもりだったんですが、週末ひとりTATTAマラソンで42.195kmを走ってみたら、やっぱり、リアルな大会で走りたい!との思いに火が付いちゃって、今のところまだ開催予定で参加者を募集しているいわて盛岡シティマラソン2020に(参加料を払ったけど走れなくなる事態に陥ることも覚悟のうえで)エントリーしちゃおうかな〜と考え始めちゃってます(すでに宿泊は予約しました)。帰りは花巻〜新千歳のJALがちょうどいい時間帯にあるし、盛岡なら新幹線と在来線特急の乗り継ぎでも(乗り換え1回で)その日のうちに札幌に帰ってこられるんだよねえ。

牛肉食べれたかい、の看板

ランニング | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする