熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< わかり始めたRunモチベーション | main | 今年のオホーツク網走マラソンは on the web >>

週末ひとりTATTAマラソンを走る

本日と明日、週末ひとりTATTAマラソン開催中。

これは、月刊ランナーズなどが主催する、全国規模のバーチャル大会。開催日は今日と明日の2日間で、

・ランニングアプリ「TATTA」で走った距離と時間を計測
・走る場所は自由
・42.195kmを1回で走る(2日間の累計は不可)
・制限時間なし
・完走するとwebで完走証がもらえる
・参加費1500円
・参加賞はランナーマスクとアミノバイタルセット
・終了後に都道府県別と1歳刻みのランキングを発表

というもの。案内が来たのが5月19日と、開催まで2週間を切ってからでしたから、通常のマラソン大会であれば絶対に参加しませんが(フルを走るとなるとこちらの準備というか覚悟が間に合わない)、1500円だし、まあいいか、ぐらいの感じで、迷わず行けよ行けばわかるさ的にエントリーして、今日、42.195kmを走ってきました。

よれよれのゴール直後の、一応、記念写真

完走直後の自分

札幌の日の出は今日から3時台になっているので、早起きすれば3時台から走れたのですが、さすがにそんな御来光登山みたいなことは無理で、スタートは4時44分(この時間帯はほとんど人がいないのでノーマスクでノープロブレム)。まずは大通公園の、東京オリンピックのマラソンスタート地点を目指し(さっぽろテレビ塔のデジタル時計は5時にならないと点灯しないことを初めて知った)、そこからオリンピックのコースと同じく、北大通〜南大通の順で、10丁目と11丁目の間までを2周してから、オリンピックの南半分コース(=北海道マラソンの序盤と同じルート)へ。

午前5時30分、すすきの交差点。

すすきの交差点

気持ちのいい青空の下、ぼくはひとりフルマラソン走ってますけど、すすきのはまだ金曜日の夜の続き。路上にいる人たちは深夜モードそのもので、ここから中島公園まで抜けるのは、正直、気分的にきつかった。

中島公園でトイレ休憩(大)。

公衆トイレ

食べてすぐに(トイレに行きたくなるのを待たずに)出てきちゃったからか、大通公園でお腹が痛くなってきて、いったん自宅に戻ろうかと思ったぐらいだったんで、ここのトイレが使えたのは助かりました。大通公園にも公衆トイレはあるし(最近の公衆トイレはきれいです)、いざとなれば地下鉄の駅で借りることもできるんですけど、なにしろまだ朝の5時台だから、大通公園の公衆トイレも地下鉄の駅も閉まったまま。ここに公衆トイレがあるのは知ってましたが(北海道マラソンでここへ駆け込む人が結構いるんですよね)、まだクローズだろうと思ってたんで、地下鉄の駅が営業を始めるまで我慢するつもりでしたが、結果的には、限界ぎりぎりでした(笑)。

スタートを5時に近い4時台にしたのは、このトイレ問題が気になっていたからでもありました。3時台でも明るいから走れるんだけど、最近はコンビニのトイレを使わせてもらえないから、途中で大ピンチに直面すると、どうにもなりません。

おなじみ平岸ハイヤーさんのだるまもマスク着用中。

マスクをした巨大なダルマ

オリンピック競技のコース整備を行っています。

オリンピックに備えた工事をしていますと書かれた看板

札幌駅北口から北海道マラソンコースとは分かれて北上し(オリンピックコースはこの辺の歩道が狭くて走りづらい)、北24条を通って、また北海道マラソンコースに戻ってからは、ぼくにとっては日常的におなじみのルート。

北大構内の舗装は、もう、すっかり、きれいになってました。

両側の樹木と日陰になった道路

この写真だとあんまり人いないみたいに見えますけど、ここは思っていた以上に走っている人が多くて、ノーマスクでハアハア言ってるランナーがすぐ後ろから来てぼくを追い越していく、なんてこともあって、神経質すぎるかなとは思いながらも、さすがにこれは気になったんで(距離を取ればノーマスクでも問題ないと思うんですけどね)、この後、道庁赤れんが庁舎前から北3条広場(アカプラ)を抜けて大通まで戻った後は、オリンピックコースを辿るのはやめて、北区から東区方面を適当にぐるぐる走ってから再び北24条〜武蔵女子短大前を経由し、北大構内には入らずに北大の農場で草を食む牛さんなど眺めながら、走行距離が42.195kmになるまで、できるだけ人のいない道を選んで走りました。

道庁赤レンガ前を走る自分

ひとりフルマラソンなので給水所があるはずもなく、ランニングリュックに500mlのペットボトル2本とエナジージェル3つを入れて走ってましたが、ひとりだと、給水や給食のタイミングがわかんない。後から思えば、前半のうちにもっと水を入れたりジェルを摂取したりすればよかったと思うんですが、20kmぐらいまでは何もしなくても快調に走れちゃうから、わざわざリュックを下ろしてドリンクやジェルを出すのが面倒なんだよねえ。ましてや序盤でお腹を下しているからジェルを口にするのは怖くて、まあいいやとそのままにしてたら、30キロの手前ぐらいで急にお腹が空いてくるわ、口の中はカラカラになるわで、それではもう遅いんだよ。

そんなわけで(かどうかはわからんけど)、30kmからは「あー、オレなんでこんなことやってるんだろ」「もう二度とフルマラソンなんか走らない!(<そんなわけないでしょ)」などと、頭の中でぶつぶつ言いながら、歩いたり走ったりの繰り返し。

しかも、まだ午前中だというのに、気温24度ですって。

24度を示す温度計

気がついたときには日陰を探してできるだけ日陰を走るようにしていたぐらいに、暑さと、強烈な日差しは、応えました。途中でシャワーのような雨が降った去年の北海道マラソンのほうがずっと楽だったと感じたほど。

本当はオリンピックランナーをイメージしながら、駅前通りから大通公園に出たところでゴール!としたかったんですけど、実際に1周目のときは早朝で歩行者がほとんどいなかったこともあってオリンピックランナーになった気分で気持ちよく走れたんですけど、40kmを過ぎてから大通に近づく頃には歩行者の数も増えてきて(一気に人出が戻った印象)、そんなことよりもうへろへろでタイムとかどうでもいいからとにかく42.195kmまで距離を伸ばさねば!と考えるのみ。結局、なんということもない住宅街の中で、42.195kmを迎えたのでありました。

札幌はこの季節がいちばんいいですね。緑が鮮やかです。

大通公園の木陰
 

ランニング | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする