熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 礼文からの手紙 | main | 行ってきた行ってきた千秋庵 >>

バフランあらためマスクランアンドウォーク

毎度おなじみ、6ヶ月前午前0時からの東横インの会員予約のため、夜更かししてます。これもまた無駄な努力になるのだろうと思いつつ、11月15日の神戸マラソンの前日宿泊の確保です。今年は、これまでに、同じようなことを、3回、やってますが、そのうち2回=函館と金沢=は大会が中止となり、無駄な努力となりました。

神戸マラソンは、仮に開催されたとしても、金沢以上の高倍率の抽選という難関がありますから、無駄になる可能性はさらに高いのですが、もし開催されて抽選に当たった場合には安宿探しに苦労することになりかねないから、そのときに後悔しないためには、今のうちに、やれることはやっておかねばなりませぬ(といっても、東横イン、最近は、意外に安くないんですが)。

それにしても、午前0時まで起きているのは、ツラい。

ランネットに掲載されている「社会に認められながら健康に走る!コロナ禍のランニングエチケット10」では、第一に、「お勧めは断然『早朝ラン』」とあり、「走る格好で寝る作戦」のイラストが添えられています。ぼくは、さすがに走る格好で寝ることこそしてないものの、起きたらすぐに着替えられるようにウェア類を揃えたうえで、空腹で出ることがないようにドリンクゼリーを用意してから寝てます。それで、毎日ではないけれど、朝の5時台から6時台に、走ってます。

だから、午前0時まで起きているのは、ツラいのよ。

テレビ塔の時計 5時59分の表示

社会に認められながら健康に走る!コロナ禍のランニングエチケット10」の2番め「人気(ひとけ)が少ないコースを選ぼう」も、そのとおりで、たとえば、豊平川の河川敷まで行くじゃないですか。

朝の河川敷

さすがに5時台だとそれほどでもないんですが、6時を過ぎると、そこそこ、人がいます(走る人・散歩する人・自転車に乗る人)。そういうときは、サイクリングロードには下りずに、引き返すか、上を走ることにしてます。

社会に認められながら健康に走る!コロナ禍のランニングエチケット10」の3番め「人がいる場所を走る時はマスクやフェイスガードを」については、少し前にこのブログで書いたように山中伸弥さん推奨のbuff(バフ)を使っていたのですが、最近は、普通のマスクを使ってます。マスクで走ると息苦しいので、あえて、ゆっくりと、ほとんど歩くみたいな速度で走って(歩いて)ます。これは函館マラソンの中止が決まったことの影響が大きくて、当面の目標であった「函館での制限時間内の完走」がなくなったから、今は長い距離に耐えられるだけの脚を作ることに徹しようと、考え方を変えました。速く走るトレーニングは、もう少し、先でもいいでしょう。

北海道マラソンのゴール地点=オリンピックでは序盤で2周するルートの舗装は、すっかり、きれいになりました。しかし、今年はオリンピックもなければ北海道マラソンもない。札幌マラソンが開催されれば、ここを走れるんですが。

きれいに舗装された道路

さすがにこんな時刻まで起きていては、明日(日付としては今日)の早朝ランはパスです。「社会に認められながら健康に走る!コロナ禍のランニングエチケット10」の9番め「『睡眠』『栄養』をより一層意識しよう」のとおり、ランナーである前に、まずは健康体であることが最も重要なことであり、無理は禁物です。

今日の札幌の日の出は4時12分です。
ランニング | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする