熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 京王線・都営新宿線直通運転開始記念乗車券 | main | そうだ、安平町へ行こう(前) >>

感染しない、感染させない

全国に先がけて緊急事態宣言を発した北海道は、落ち着きつつあるように見えるけれども、下がり続けてきていた現在患者数が横ばいないし若干の増加に転じているようにも見えるのが気になるところです。

【北海道「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する情報」掲載の図】


2月28日の鈴木直道知事による緊急事態宣言の後、3度の週末を含む期間を、道民は、よく耐えました。それが、緊急事態宣言から2週間ほどの現在患者数のピークアウトに、わかりやすく、表れています。ただ、緊急事態宣言を解除した直後の3月20日から22日までの3連休は(ぼくは札幌市内中心部をちらっと歩いただけですが)わーっと人が出ていて、かつ、マスク着用率も下がったような印象を受けました(直近の下げ止まりがその反映でなければよいのですが…)。

もっとも、この週末は、東京での感染拡大と週末外出自粛要請の影響なのか、札幌も、市内中心部の人出はだいぶ減ったように感じました。かたやで、マスク着用率はまだ上がったように見えましたから、解放モードから危機感に少し戻ったのかもしれません。

土曜日(3月28日)の北海道新聞の1面に、政府の専門家会議メンバーである押谷仁東北大教授のインタビューが載っていました(ウェブ版で読めます)。記事にいわく《東京で連日、新たに40人以上の感染者が出ている現状を踏まえ、「(感染者が急増している)欧米から首都圏を経由して道内に来る帰国者もいる。北海道は警戒すべき時期の第2ラウンドに入ったにすぎない」と警告した。》。そういうことです。今は、いろんな面で大変なんだけど、耐えること、我慢することを諦めてしまったら、ほんの一時的には気持ちよくても、もう、元の世界を取り戻すことができなくなってしまうかもしれない。だから、我慢をしなきゃいけません。

自分が感染しないようにするために、ぼくは、外出した際にはむやみやたらとその辺に触らないことと、目や鼻や口に触らないように、気をつけてます(北海道は冬の寒さのせいかコンビニなどの出入口が自動でないことが多いんですが、最近は、肘で押したり体当たり的に開けている人が増えましたね)。

一方で、自覚のないうちに感染しているかもしれないことを考えて、他人に感染させないようにするためには、どうしても至近距離で他人と話をする必要があるときはマスクを着用することだけ、注意しています。みんながマスクを着用して必要なところに行き渡らないのは困るので、マスクは、機会を限定して使っています。その前提として、そもそもそうした機会を減らす工夫もしています。

手洗いうがいに十分な睡眠は当然のこととして、あとは、この三つだけ気をつければ、まあまあ、普通に、過ごせます。そういうものだと思って過ごせばいいだけです。なんでもかんでも、行動を制限していたのでは、疲れちゃいますから。

夜の街でお酒を飲むのがよろしくないのは、日常的にそうしたことに注意している人でも、お酒を飲むと注意力が散漫になって、そうしたことを忘れてしまうからでもあるのでしょう。ぼくはもともと飲まないからいいけど、ふだん夜の街がお好きな人にとっては、そこが制限されるのは、やっぱり、きついんだろうな。申し訳ないけど、そこは、ぼくは(飲まないんで)わかんないんで、こうしたほうがいいとかなんとかってことは、なんとも言えません。

今日は(全国的には悪天候のようですが)札幌は、気持ちのいい、春の陽気でした。

でも、オリンピックのマラソンコースも



大通公園も



人出は少なかった。もっとも、外国人観光客がどーっと来るようになる前は、この時期の北海道は観光のオフシーズンであり、こんなものといえばこんなものだったんじゃないの、という話を、最近、よく、してます。これを機に、この先、観光ビジネスに限らず、いろんなことの枠組みが、大きく変わっていくのでしょうね。
日常 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする