熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 置かれている状況 | main | 30年前のオホーツク流氷ノロッコ号 >>

さっぽろ名物 地下鉄もなか

Facebookにちらっと載せたら好評だったので、こちらで大公開!



先に言っておくと、これは、現在は販売されていません。
我が家の(早急に処分を求められている)ガラクタ箱の中にあったものです。

南北線の平岸の次は霊園前。現在は南平岸に改称されています。



東西線の西の端は琴似。宮の沢(?)には、うさぎが跳ねてます(笑)。



東豊線の南端は豊水すすきの。今は福住まで延びました。



厚別競技場はあるけれど、コンサドーレどころかJリーグもまだない頃。



惜しむらくは、これがいつのものなのか、不明であることです。
製造年月日を記載したシールが貼ってあったようなのですが、剥がしてあります。



しかし!



この日付が何なのか、印刷されているところからして製造年月日に関わらずすべてがこの日付だったのではないかと想像しますが、ともあれ「2.1.26」という日付が記載されています。これらが収納されていた箱の中に、1990年2月に使った北海道ワイド周遊券やら何やらが入っていたことも考え合わせると、平成2年(1990年)の冬に買ったものではないかと思われます。



もなかの箱は3種類。



南北線だけ、行先表示が入ってます。



もなかがどんな形だったのかは、もはや、不明です。今だったら写真に残しておくんでしょうけど、フィルム時代にはそんな発想はなかったですからねえ。
 

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする