熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 40年前の100円入場券 | main | コンサドーレ野々村社長の言葉(2020年3月13日@HBCラジオ) >>

3月13日は青函トンネルの日

32年前の今日、1988年3月13日は、青函トンネルが開業した日。

マンガ青函トンネル

青函トンネルに列車が走るようになった5ヶ月後には、北海道に足を運んでいるのですが、そのときは、往復とも、青函連絡船を使いました。青函連絡船は青函トンネルの開通と引き換えに廃止になったはずでは?と、当時を知らない方は不思議に思うかもしれませんが、88年の夏は、青函博というイベントがあって、青函連絡船の復活運航が行なわれていたのでした。

ぼくが初めて青函トンネルを通ったのは、その翌年の2月。

快速列車海峡号

まだまだ北斗星は超人気列車ではありましたが、青函トンネル開業から1年近くが過ぎ、開業フィーバー(死語)も、そろそろ、落ち着いてきていた頃ではなかったかと思います。

そのときに使った切符が、これ。

東京都区内から浜小清水行き

発行日の「1.-2.-3」は、わざわざ、その日を狙ったんだろうなあ(覚えてないけど)。わざわざ東京駅の地下にあったJR北海道プラザで買ってるあたりに、「その筋の人」感が出てますねえ(笑)。
 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする