熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 元旦に走り初めを 2020 | main | 3日目のカーボン >>

あまこまとともに

正月2日は昨年に引き続き「あまこま」を傍らに置いてのテレビ観戦。

あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド2020

《海外のレースや大会に行けば行くほど、「箱根駅伝」は世界中どこを見渡しても類をみないスポーツコンテンツであることが分かった。だから、よくある「駅伝なんて、日本だけの種目だろ?しかも箱根駅伝なんて、関東ローカルの大会じゃないか」という、ステレオタイプな批判に臆することなく、胸を張って「駅伝ファン」を名乗ってください。》(さらに細かすぎる箱根駅伝用語集2020−あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド!2020

今年の2区で驚愕の区間新記録をマークした東洋大学の相澤晃選手が生まれ育ったのは、ぼくが生まれた病院のすぐ近くにして、母の生まれ故郷。母は、子どもの頃の相澤選手がいかにすごかったかを、まるで自分が見てきたかのように語り、今年の箱根駅伝が始まる前から「東洋大学のキャプテンの子が」と、盛り上がってました。

そんなわけで、わりと真剣に見た2区、相澤選手と伊藤選手の引っ張り合いは、とても、おもしろかったです。そして相澤選手の、伊藤選手に感謝の気持ちを伝える、レース後のインタビューは、素晴らしかった!

箱根駅伝に続いて、大学ラグビー準決勝2試合(行こうかと思ったときにはもはやチケット完売だった)。第1試合は思わぬ大差、第2試合はミスの少ない締まった試合。新国立での決勝戦、早明対決が楽しみです。

国立競技場みやげのお菓子の箱
日常 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする