熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 去年の今ごろ | main | 2019年の振り返り(マラソン編) >>

祝!オホーツク網走マラソン 全国第4位!

RUNNETの今年のフルマラソンの大会ランキング(参加者による評価点の平均)で、なんと!オホーツク網走マラソンが、第4位に入りました。水谷洋一市長以下、関係者のみなさまのご努力の結果です。おめでとうございます。

【今年(2019年)のランキング=2019年12月29日午前3時33分更新=】

1位(94.5点)第11回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン(徳島県)
2位(93.0点)第32回大田原マラソン(栃木県)
3位(92.8点)第36回カーター記念黒部名水マラソン(富山県)
4位(92.6点)オホーツク網走マラソン2019(北海道)
5位(92.5点)第6回 はが路ふれあいマラソン(栃木県)
6位(91.2点)第68回 別府大分毎日マラソン(大分県)
7位(90.9点)第57回愛媛マラソン(愛媛県)
8位(90.7点)金沢マラソン2019(石川県)
9位(89.3点)熊本城マラソン2019(熊本県)
10位(89.0点)第21回長野マラソン(長野県)

網走刑務所からスタートして二ッ岩の海岸線、能取岬に能取湖に網走湖に最後の大ひまわり畑と、素晴らしい景色が続くコースを、制限時間を気にせずに走れるのが、この大会の大きな魅力です。




来年の大会は9月27日、エントリー開始は、4月1日の予定です。

オホーツク網走マラソンのクリアファイルと完走メダル

ちなみに、昨年(2018年)の大会ランキングは、以下のとおりでした。

1位(94.4点)第10回記念大会 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン(徳島県)
2位(93.8点)第5回 はが路ふれあいマラソン(栃木県)
3位(93.5点)おかやまマラソン2018(岡山県)
4位(93.4点)第35回カーター記念黒部名水マラソン(富山県)
5位(92.7点)第56回愛媛マラソン(愛媛県)
6位(91.7点)駆け抜けよう!フラガールのふるさとを。第9回いわきサンシャインマラソン(福島県)
7位(91.5点)東京マラソン2018(東京都)
8位(90.1点)第31回大田原マラソン(栃木県)
9位(90.0点)金沢マラソン2018(石川県)
10位(89.9点)熊本城マラソン2018(熊本県)

ここからランク外になったのは、おかやまマラソン、いわきサンシャインマラソン、東京マラソンの3大会です。岡山は2019年も88.9点(10位と0.1点差)と高評価でした。いわきは今年は悪天候のため大会が中止になったのでそもそも評価対象外、東京マラソンも(大会は開催されましたが)テレビ中継を見ていても気の毒なほどの冷たい雨でしたから、どうしたって、評価は下がってしまいます。

逆に、昨年の10位以内になくて今年のベスト10に入った大会は、網走のほかは、別府大分毎日マラソン、長野マラソンという、制限時間の厳しい本格派の大会でした。

ランニング | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする