熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マラソンが好き | main | オリンピックのマラソンコースを走ってみる >>

2019年シーズン 終了

本日は2019年J1リーグ最終節。

スポンサーさんから感謝のタオルをいただきました。



北海道コンサドーレ札幌は川崎フロンターレと対戦して、1-2で敗戦。点差以上の実力差があることを認めざるを得ない内容だったものの、その差は、以前に比べれば、だいぶ、縮まってきています。悔しくないことはないけれど、やれるだけのことをやっての結果ですから、試合後は、素直に、拍手を贈りました。

今季最終戦だったので、試合後に、ユースチームや女子チーム、バドミントンチーム、カーリングチームの紹介があって、野々村社長の挨拶があって、1年を振り返るVTR上映があって、ミシャ監督の挨拶があって(長かった(^^;))、選手やスタッフが場内を一周して、すべて終わる頃には、試合終了から1時間以上が過ぎてました。



昇格にも降格にも関係なく、去年の最終戦のようにACLがどうこうということもなかったから、淡々と、ああ、今シーズンは終わりなんだなあ、どころか、ああ、今年はもう終わりなんだなあと思えてきて、なんだか、ゆく年くる年を見ているような気分でした。

シーズンが終了したので、クラシックの安い店で、反省会。



外から見える席に、チャナティップのユニフォームを着たまま座っていたら、お店の外でキムミンテのユニフォームを来た人(ぜんぜん知らない人)がぼくのことを呼んでいて、外に出ていって、「ウィアーサッポロ!」と言いながらハイタッチ。順位は2桁に落ちたけど、今日の試合は負けたけど、今日はいい試合でしたよね!と言うキムミンテ(のユニフォームを着た人)。

はい、まったく、その通りです。

順位も、今日の試合の結果も、いいんです。ぼくらは、確実に、強くなってます。着実に、高いところへ上がりつつあります。だってさ、わずか3年前は、J2の最終節でツエーゲン金沢を相手に互いの利害が一致した攻めない引き分け試合やって、ようやく、J1昇格を決めていたようなチームだったんですよ。チームができて20年以上も経つのに、その間、J1でまともに戦えたのは、1シーズン(2001年)だけだったんですよ。それが、3年目のJ1を、降格を気にすることなく、前年までのチャンピオンチームと、堂々と渡り合って、普通に終えているんですよ。

たしかに、リーグ戦の順位は、10位です。だけど、今年は、ルヴァンカップで決勝戦まで進んだから試合数が他のチームより多かったし、主力選手が各国の代表に選ばれてチームを離れるという(これまでコンサドーレは経験したことのなかった)難しい状況も、シーズン中に、何度もありました。そういう中で、降格を気にすることなく10位でシーズンを終えられたことは、こういうレベルで戦うことが初めてのチームとしては、上出来です。

個人的なことをいえば、スカパーがJリーグ中継をやめた後はDAZNを契約することなく、もともと我が家にはNHK-BSもないから、去年からはJリーグの試合中継をほとんど見なくなっていて(見る機会がなくなっていて)、そのうえ近年はマラソン大会に出ることが楽しくなっちゃって、コンサドーレはホームゲームですら見ないことが多くて、以前はアウェーまで行っていたことを思えばすっかり熱が冷めてしまったような状態で、誤解を恐れずにいえば「濃い」「熱心な」サポーターの人たちが遠い存在に感じられるようになってきて、もう、シーズンチケットはやめようかと思ってました。どうせ見に行かないから、もったいないし、以前のような関心も持てないし、以前から親しくしている方々とは温度差を感じるようになってきていたし。

サポーター界(?)じゃない人から見れば、埼玉スタジアム2002まで決勝戦を見に行くようなヤツが何を言ってるんだよ、あんた十分に熱心なサポーターだよ、ってことになるんだろうけど。

試合を見に行くとか、ましてやアウェーまで時間とお金をかけて出かけるとか、ユニフォーム買うとか、そんな余裕があるなら、それは別のことにまわしたほうが、自分の将来のためになるんじゃないか。そんなことに時間をお金を使っている余裕は、オレの人生には、もう、ないんだよ!

そんなことも考えてました。

それと、以前、といっても、もう10年以上も前ですよ、ぼくが、コンサドーレの仕事をしていたのは、もはや遠い昔の出来事です。あの頃にやりたくてもできなかったことを、いま、野々村社長がどんどん実現させていることには、複雑な思いを抱いていました。あの頃いろいろやったことが、結局、すべて中途半端に終わってしまったことは、けっこうな深さの、心の傷でした。ずっと続けてきたサポートシップスポンサーも数年前から切れちゃったし。

もう、自分の役割はここにはない、自分がいても仕方ない、なんていう、ものすごく思い上がった考えも、ありました。

でも、それは、もう、みんな、過去のことです。

何をつまらんことを言ってるんだ、難しいことをごちゃごちゃ言ってないで、スタジアムで、手拍子を打ち、声援を送り、みんなと一緒に一喜一憂すればいいじゃないか。ユニフォームだって、買えばいいじゃないか(高いけどね)。

いまは、そう思ってます。シーズンチケットも、また、買います。その分、時間やお金がかかることに対しては、別の何かで、時間やお金を捻出する方法を考えましょう。一度きりの人生、本当はやりたいことを、やりたくないようなふりして心をごまかしているのは、じつに、くだらんことです。

あの飲み屋の前で手を振ってくれた、初めて会ったキムミンテ(のユニフォームを着た人)の笑顔のおかげです。やっぱりね、楽しいんだよ、勝っても負けても、コンサドーレがあるってことが。20年以上も、ずっと、そばにあるんだもの。近くに寄り過ぎて嫌な思いをすることがあって、その反動で少し引いたらますます近寄りたくなくなった、なんてことも、たぶん、あったんだけど、もう、いいよ。

野々村社長の言うとおり、クラブにずっと関わってきた人=サポーターを含む人々=のメンタルも、変わっていかなきゃいけないんです。10年ちょっと前、自分が関わってた頃のことを思えば、いまや、すっかり別のクラブ、別の会社です。こんなわずかな期間でも、変わるんです。変われるんです。

みなさん、1年間、お疲れさまでした!
また来シーズン、スタジアムで、お会いしましょう!

来年3月1日の東京マラソンは、コンサドーレで走るぞ(^^)

北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック