熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いつでも夢を | main | 来年のカレンダー >>

室蘭本線の夢

11月30日の室蘭本線(苫小牧〜岩見沢)の観光列車について、鳥塚さんがブログで「まるで夢見心地だった」と書いていますが(鉄道で夢を見る。2019年12月2日)、鳥塚さんの現職は、えちごトキめき鉄道の社長です。新潟県のみなさまの中には、北海道のことも室蘭本線のこともいいけれど、トキ鉄は大丈夫なのか?と心配な方もいらっしゃるかもしれません。

でも、新潟県のみなさま、ご安心ください。あの晩、苫小牧の居酒屋さんで、鳥塚さんは、トキ鉄がいかにおもしろいか、トキ鉄をこれからどうしていくかという話を、熱く語っていました。トキ鉄は、これから、どんどんおもしろくなります。鉄道ファン的におもしろくなるというよりも、地域にとって必要な、地域に暮らす人々を幸せにする鉄道になっていくはずです。

それはそれとして、たしかに、あの日、鳥塚さんは、いつになく、嬉しそうでした。乾杯の音頭をお願いしたら「今日は、私の45年越しの夢を叶えていただいて、ありがとうございました!」と、お礼を述べられたのでした。



でも、新潟県のみなさま、安心してください。鳥塚さんは、翌朝には戻らねばならないからと、札幌でもう一献を目論むわれわれを横目に、千歳で下車して、千歳のホテルへと向かったのでした。



そんな鳥塚さんを熱くさせる室蘭本線、そして蒸気機関車の記憶、というのが、正直なところ、ついこの間まで、ぼくには、ピンとこないままでした、が。



日本交通公社の月刊誌「旅」の1975(昭和50)年8月臨時増刊、「この夏 北海道で最後のSLにあおう」。あるところで発見し、いまやってる仕事の役に立つかもしれないと思って、元の持ち主の方に「これもらっていいですか?」とお断りして、持って帰ってきたのですが、ページをめくるうちに、資料としての価値などどうでもよくなるほどに、当時の熱が伝わってきます。

誌面に、不思議な迫力があるのです。

当時の北海道は、今よりも、ずっとずっと、遠い場所でした。この本の中に「SL撮影のためのモデルコース・ガイド」というページがあるのですが、その書き出しは「金銭的には余裕があるのだが時間がない、という方なら、やはり飛行機を利用するのが一番です」。今なら、北海道へ行こう!というときに、わざわざ「飛行機を利用するのが一番」などとは、書きませんよね。

北海道へはそうそう行けるわけではない、そんな北海道へ行く以上は、やれることはすべてやろう!とばかりに、この本の中には、これでもかというほどの文字情報が詰め込まれています。巻末には、SLが走る区間の沿線の路線バスの時刻表も載ってます。作り手の熱い想いが伝わってくるとともに、この本を手にした読者が時刻表とにらめっこしていた光景すら想像できます。

そして、この一冊に息吹を与えているのが、巻頭のカラー写真です。見出しの「最新特写カラー」なる表現が時代を感じさせますが、これがとにかく素晴らしい。



最初のページの撮影場所は、岩見沢構内。これに続いて、岩見沢操車場、志文−栗沢、栗丘−栗山、三川−追分、追分−安平、遠浅−沼ノ端といった、つまりは、現在は普通列車が細々と走るだけの地味な、室蘭本線の岩見沢−苫小牧間の写真が、なんと、30ページ以上も続いているのです。

だから、鳥塚さんや、あの世代の方々は、岩見沢へ行くたびに「ここから志文まではこっちに線路があって」と言い出したり、栗山、由仁、古山、三川、追分…などと、駅名を諳んじることができたりするのですね。本当に、聖地、憧れの地だったのだなあということが、この(とても状態のいい)古い雑誌を見ていると、とてもよく、わかります。

じつは、ぼくは、今回、こういう形で関わることになるまで、室蘭本線の沼ノ端〜志文間は、はたして乗ったことがあるのかどうか、わかっていませんでした。かつて走っていた万字線(1985=昭和60=年廃止)には乗ったことがあるから、岩見沢〜志文は間違いなく乗っているのですが、そこから先は、乗ったかどうか…というぐらいに、ぼくが初めて北海道を訪れた1982(昭和57)年当時でも、もう、室蘭本線のこの区間は、これといった魅力のない、わざわざ乗りに行こうとは思わない区間になっていました。

苫小牧(沼ノ端)〜岩見沢間は、両端が別の路線に繋がっていて、しかも、どちらも特急列車が行き来する駅なのだから、乗りやすかったはずなんですけどね。湧網線や羽幌線、3セクになる前の池北線ですら乗っているというのに、ここは、乗ったかどうか自信がなかった。

そりゃ、ここで観光列車といっても、何がなんだか、わかんないですよね。地味だもの。普通列車しか走ってないし、観光地というわけでもないし。

でも、ここは、45年越しの夢が叶う場所なんです。

そんなのは個人的な話だろうって?いやいや、「旅」1975年8月臨時増刊をみれば、そういう個人的な思い出を抱いた人が、全国に、山ほどいることがわかります。ここは、大勢の人々の夢が行き来する場所、いわば、シルクロードであり、熊野古道みたいなものです。そう思うと、室蘭本線が、輝いて見えてきませんか?

夢を見ましょう。いつでも夢を。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196357
この記事に対するトラックバック