熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 待っていたのは、最高の週末ではなかったけれど | main | 金沢マラソンはスポロクリザルト >>

金沢で金沢カレーを食べる

今回は、マラソン遠征で初めて、大会開催地に後泊しました。その日のうちに帰ろうと思えば帰れたのですが、初めての金沢なのに到着が大会前日の夜だったこともあり、少しは観光もしてみたい、というのが、後泊の大きな理由ですが、もうひとつ、やってみたいことがありました。

大会翌日の朝ラン。



北海道マラソンの翌日、ぼくは普通に仕事に行くんですけど、遠方から来て札幌に泊まったランナーが、けっこう、走ってるのを見て、ああ、いつか自分もああいうことやりたいなあと思っていたのです。



加賀百万石の城下町の中央小学校。
17万石の城下町の中央小学校の卒業生であるぼくには気になる存在。



早朝なので観光施設はまだオープン前でしたが、前日のフルマラソンと合わせて、金沢の町がまあまあわかった(ような気になれた)ので、ホテルの部屋に戻って着替えた後は、普通の観光はせずに、適当に歩きまわってました。

金沢なのに、うつのみや。わりと大きな本屋さん。



変なホテルは建設中。
金沢マラソンのスタート地点に近いので、来年も当選したら泊まりはここか?



そしてお昼は本場の金沢カレーを食べようと、ターバンカレー本店へ。





カツとハンバーグとソーセージが乗っかっているLセットカレー。おすすめは「中」(ライスの量が「中」)とのことでしたが、糖質過多にならないよう、あえて「小」を注文。



糖質がどうこう言ってるわりにはコーラ頼んでるんですけど(笑)。

コーラは、金沢マラソンの参加者特典で、無料です。



「小」だと、ごはんの量とトッピングの量のバランスが悪くて、やっぱり「中」にすればよかったかも。金沢マラソンの31.5kmで出てきた金沢カレーのカツは、一切れがもっとずっと小さかったような印象で、カレーの味も、このお店の味とは、はっきり、違いました。どちらが美味しいとか美味しくないとかではなく、そもそも状況が違うのだから比べようがないのですが、とにかく、違ってました。カツが小さいのは当然のことで、一切れとはいえマラソンの途中でこの大きさのカツが出てきたら、お腹にこたえます。
 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196325
この記事に対するトラックバック