熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 24年目の発見 | main | 東京、ドーハ、札幌 >>

秋だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない〜

みたいなものですよ。

昨日の夕方に出たリリース
金沢マラソン2019の開催及びランナー受付時間延長について



北陸新幹線の不通を受けて、20時までだった受付時間が22時30分までに延長されました。これなら、埼玉スタジアム2002でルヴァンカップ決勝戦(北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレ)を見てから、北陸新幹線以外の手段で金沢へ向かうことにしても、間に合います。

そこで頭の中に流れるのが吉田拓郎。君を忘れた頃に僕を忘れられないと、いまさらコンサドーレに呼ばれても…という、まあ、素直じゃないってのは自分でもわかってますけど、そんな思いもあるんですねえ。北陸新幹線は無理だろう、つまりルヴァンカップ決勝戦は無理だろう、それなら金沢と金沢マラソンを楽しもうと、早めに金沢に入るつもりで、羽田から小松への飛行機をおさえて、金沢でのいろんなことを調べ始めていたのでした。ついこの間、直前まで粘ってバタバタして疲れたもので、今回はもうさっさと諦めて落ち着こう、直前までいろんな可能性を模索するようなことはやめようと決めたばかりだったのに、そんなことを言われても。

もともと、初めての土地に、すっかり暗くなってから入ること自体が、いまひとつ、気が進まなかったのよ。フルマラソンの前日に、埼スタのスタンドの高いところまで階段を上がるのもどうかと思ったし、終わったらダッシュして浦和美園駅に向かわねばならないのも、翌日にフルマラソンを控えている身としてどうなんだと思ったし。

素直じゃないねえ(相変わらず(笑))。

受付時間が22時30分なら、最終の飛行機でも間に合う、と思いきや



ひゃー。プレミアムクラスも含めて、全便満席ですよ(それにしてもこの短距離便にプレミアムクラスが付いているというのはさすが世界のコマツだ)。3日前は、午前便が、上の画像の料金よりも安い料金で、余裕で取れたのに。北陸新幹線がしばらくダメだとの発表があってから、こうなったんでしょうね。一歩先んじて動いておいてよかった。こうなる前に安い料金でぼくが取った午前便は、仮に(北陸新幹線が開通して)キャンセルしても、取消手数料は1200円だから、保険料だと思えば安いものです。

まあ、そうはいってもですね、せっかくサッカーのチケット持ってるんだし、金沢到着が遅くなろうがなんだろうが、行きたい気持ちもある(ほら、あるんでしょ、そこは素直になろうよ)。また上の飛行機みたいなことになっても困るんで、さっき、東京→米原→金沢の列車の指定席を取りました。PK戦の可能性も考慮して、東京駅17時33分発、金沢駅到着は21時48分。受付してからホテルに入ると23時で、翌日朝からフルマラソンを走るにはきついような気もするけれど、函館マラソンの前日の夜10時に焼き鳥屋さんにいたことを思えば、どうってことないような気もする。

ただ、函館と違って、金沢は、落選した数万人の人の思いも背負っているからなあ(<難しく考えすぎだよ!)。やっぱり、万全なコンディションで臨みたいという思いもある、けど、わざわざ受付時間を深夜まで延長してくれた金沢マラソン事務局の配慮に応えたいという思いもある。

まあいいや。これ以上考えたところで結論が出るわけでなし、なにしろ最大の不確定要素は10月26日の北陸新幹線なのだから、そこがはっきりするまでは、放っておこう。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196312
この記事に対するトラックバック