熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8月6日 | main | CF「#頑張れ宗谷本線」の終了報告を受けて >>

真夏の魚介

Feedly経由でこちらのブログカテゴリ:グルメ)やこちらのブログ(先月から新館オープン)を読んでます。お店選びの参考になるのはもちろんなのですが、それ以上に、読みものとして面白い。

たまにはこのブログでも真似てみようかと思い、出てきたものを写真に撮ってみたのですが、諸先輩方のブログのようには参りませぬ。きっと、被写体=料理に対する愛が足りないのでしょう。

お通し


牡蠣と岩のりのアヒージョ


鯖の燻製とミモレットのポテサラ


白桃と白糠酪恵舎モッツアレラのカプレーゼ


皮付きヤングコーンのグリル


どれもとても美味しかったのですが、お酒が飲めないぼくがとりわけ嬉しかったのは、料理に合うソフトドリンクがあったこと。最近は砂糖の固まりみたいなコーラやジンジャーエールは注文せずに(たまには飲むけど)、糖分のない飲みものを選択することにしていて、そうすると自動的にウーロン茶になってしまうのですが、ひたすらウーロン茶を飲み続けるというのも、ゆるくない(冷たいウーロン茶をたくさん飲むとお腹はゆるくなる)。その点、このお店は素晴らしい。

クラフトジンジャーエール


自家製コーディアルのレモンスカッシュ


ジンジャーエールは辛く、レモンスカッシュは酸っぱくて苦い。どちらも、子どもは無理な味です。甘みはまったく感じません。これが、料理に、じつによく合うのです。

もっとほかにもいろいろ食べてみたかったけれど、ウェイトオーバーの現状でもあり(といってもこういうものを食べている限りはそんなに太りませんけど)、先週来の睡眠不足蓄積が完全解消されていない中あまり遅くなるのもよろしくないので、夢の中へ連れて行かれないうちに、適度なところで切り上げました。

ごちそうさまでした。


 
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196241
この記事に対するトラックバック