熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木彫 仁吉展 仁吉が彫る猫とその仲間たち | main | 3晩連続の熱帯夜、のち >>

『ふしぎな鉄道路線 「戦争」と「地形」で解きほぐす』



少し上の世代の鉄道ファンの方とお話したときに、「鉄道は地域の発展に貢献してきている一方で、戦争とも切り離せないものだった」と言われたのがずっと頭に引っかかっていました。

ぼくが子どもの頃から20代半ばまで暮らした家の裏は空き地でしたが、そこには太平洋戦争中のわずかな期間だけ線路が敷かれていたらしく(これは廃線跡探訪みたいな本を見てもほとんど出てこない話でそこに実際に列車が走っていたというのはぼくは自分の父の話以外には見聞きしたことがない)、父が言うには、戦争中だったから何を運んでいたかはわからなかったとのことなのですが、とにかく、そこに線路が一時的に敷かれたのは、戦争があったからです。

ぼくは自分の年齢の割に両親が年を取っていたので戦争中の話もわりと身近に感じていたのですが、学校教育的にいうと総じて戦争のことを語るのはタブーだったような空気もあり(もちろん戦争はよくないことだというのは徹底的に教育されてきましたから領土を戦争で返してもらえばいいなんて発想は理解不能ですが)、そこに鉄道が絡んでいるというのは、頭ではわかっていても、いまひとつ、実感できないまま、50歳を過ぎてしまいました。

そこで出会ったこの本は、とても、よい本でした。

鉄道路線、戦争、地形とくると、敵軍の攻撃を避けるために線路を海岸から遠ざけて敷いた、という話がすぐに頭に浮かぶのですが、なぜそこまで鉄道が攻撃されることにこだわったのか?というと、鉄道は、兵員輸送に最大の威力を発揮する道具であったからです。この本、タイトルが「ふしぎな」と妙に柔らかいのですが、その辺の記述は、骨太です(こういう内容が新書で読めるのはありがたい)。そこを「戦争と鉄道」だの「軍隊と鉄道」だのと、軍隊側から語ると、政治色が出かねないのですが(書いているほうがそれを意識していなくともそうなりかねないのですが)、この本は、あくまでも鉄道側から描いているので、そうしたむず痒さはありません。

そもそも、戦争というと、ぼくなんかは戦争=太平洋戦争だったりするわけですが(これは確実に自分が受けてきた教育の影響だ)、日本にはその前に日清戦争や日露戦争があって、この本の中で描かれている戦争は、主として、日清戦争や日露戦争です。この本では、その頃の国際情勢、日本国内の雰囲気を背景にした鉄道の位置づけといったことが、一次資料をふんだんに使って説明されています。

目次
第一章 西南戦争と両京幹線
第二章 海岸線問題と奥羽の鉄道
第三章 軍港と短距離路線
第四章 陸軍用地と都心延伸
第五章 日清戦争と山陽鉄道
第六章 日露戦争と仮線路
第七章 鉄道聯隊と演習線
第八章 総力戦と鉄道構想

第七章は、鉄道ファンの方ならすぐに想像がつく通り、新京成線の話です。ああ、それは有名な話だよねと思いながら読み進めていくと《俗説では、鉄道聯隊の演習目的でわざとカーブを多くしたとされている。だが、》と、有名な話を「俗説」としています(「だが」に続く部分は、本を買って読んでください)。

とても勉強になりました。おすすめします。

(ただし、Kindle版は、あまりおすすめできないです〜図表の文字が小さくて=大きくする方法あるのかな?=Kindle側のフォントを拡大しても、地図のところだけは拡大できず、厳しかったです〜なので、紙の本を買うことをおすすめします)

 

読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196236
この記事に対するトラックバック