熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 暑い暑いというけれど | main | 夏は短し歩けよ御手洗池(字余り) >>

熱帯夜、のち、恋夏

7月最後の日は、なつかしいあの場所へ。



レンタカーであっち行ったりこっち行ったりしながら、この辺を徒歩(とヒッチハイク)であっち行ったりこっち行ったりしていた三十数年前の自分に、キミは三十数年後にこの辺に仕事で来ることになるんだよ、なんて言ってみたらどうなるんだろうか?と、考えても仕方がないことを考えてました。もう、あの頃のような旅はできないけれど、あの頃があったから、今がある。

そして、今日からは、8月。いつの間にやら、3時台だった夜明けは4時台になり、月末には5時台に近づいていく。19時台だった日没も18時台になり、さらに17時台に近づく。



札幌へ帰ってくれば、3日連続の熱帯夜。



2日連続ですら観測史上初めてと言っていたのが、3日連続なのだから、楽であるはずがないんだけど、不思議なことに、3日目ともなると、心と身体が慣れてくるらしい。初日の晩はほとんど寝た気がしなかったのが、昨夜は、そこそこには、寝たような気がします。

ともあれ、8月。今月は、北海道マラソンと日本最北端わっかない平和マラソンの2週連続フルマラソンに向けて、コンディションを整えていくことが最優先。まあ、なんとかなるさ。

森見 登美彦
文藝春秋
¥ 1,836
(2018-11-16)

森見 登美彦
小学館
¥ 1,512
(2016-10-25)

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196234
この記事に対するトラックバック