熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 追分のアサヒメロン | main | 芝生と煙 >>

走れない、走らない



「なつぞら」ならぬ「なつかぜ」が流行っているらしい。



喉が痛くなって咳が出て微熱が続く、というのが、よくある症状であるらしく、ぼくの場合も同じです。咳は収まったけれど、喉の奥の引っ掛かりと痰のからまりはまだ残っており、それ以外は頗る元気だからランニングをしたいのだけれど、体力が落ちているであろう(だからこういう症状に見舞われるのであろう)中でランニングに出て治りかけているのが元に戻ってしまうのは困る。より長い目で考えたならば、喉の奥の違和感が消えるまでは、おとなくしているべきなのだろうと、我慢してます。

そうなんだ。

我慢してるんだ。

走る前の自分からは、想像もつかない世界だ!

ぼくは月間100キロとか200キロとか走ってるわけじゃないですけど(「100キロ以上走ることはたまにある」程度)、それでも、函館マラソンでフルマラソン走ってきてから10日も走ってないと、走りたくなるのです。

逆に、月間200キロ!などとノルマを課してないから、走ってないと走りたくなるのかもしれない。そのぐらいに、ゆる〜く、テキトーにやってるから、続いているのかもしれない。

こんな調子でも、北海道マラソンは、制限時間内に完走できます。4月のチャレンジ2020やこの間の函館マラソンを、わりと余裕で4時間台で走ったのは、自信になってます。北海道マラソンは、函館の記録にプラス15秒/kmでも完走できるのだから、多少暑くても、まあ、なんとかなる。

その先の稚内は制限時間5時間半、網走は6時間半、みやぎも(実質)6時間半、金沢に至っては7時間。暑さを気にしなくてよい季節になりますから、いま走れなくても、これらの大会の完走は問題ない。

つまり、完走だけ目指すのであれば、もう、日常のランニングなんて、しなくていいのだ。それでも走りたくなる、走れない今の自分をもどかしく感じるのは、やっぱり、出るからには少しでも記録を更新したいという色気があるんだろうなあ。走れば走っただけタイムが縮むというのは、去年のシーズン終盤に、自分自身が実感したことですから。

今夜のUHB「みんなの北海道マラソン」は吉原宏太インタビューの後編。吉原さん、一昨年の北海道マラソン、関門の時間制限に引っかかって完走できなかったんですけど、だからこそ北海道マラソンの厳しさを伝えられる、ってことなのかな(^^;)。ただ、一昨年は、気象データ見ると、厳しかったんですよね。去年は、日差しがなくて、走りやすかったもんなあ。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196219
この記事に対するトラックバック