熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 函館マラソンのナンバーカードが届く | main | #頑張れ宗谷本線!手ぬぐいを振って観光列車を皆で歓迎したい >>

中華民国八十一年

とにかくモノが溢れすぎだから捨てなきゃいけない現状、封印されていた箱に手をつけたがゆえに、かえって散らかるという妙なことになっている我が家ですが、そんな中で、また、すっかり忘れていたものが発見されてしまったのであります。

台湾の鉄道に乗りに行ったのは、1992年3月のこと。



ふらっと一人で行きました。この頃はまだ、男性が台湾に行くというと、ニヤニヤしながら「いいところですよ」などと言ってくるオジサンがいるような時代でしたが(ぼくは台湾というのがそういうところだというイメージがなくてそんなことを言ってくる人が少なからずいたことに驚いたのですが)、ぼくの目的は阿里山鉄道。

宮脇俊三『台湾鉄路千公里』(1980年)から:
《「阿里山鉄道」について知ったのは中学一年か二年の頃だったと思う。当時の台湾は日本領であったから本土に準じる詳しさでその地理を教えていた。しかも私が習った地理の先生はよく旅行する人で、阿里山鉄道にも乗っており、「阿里山鉄道のループ線はですな、…(中略)…それにですな、勾配のキツイことといったら、坐っていても体がこう、こう、こう…」と、大きくのけぞって見せたのである。この先生の話は、すこし大げさで、阿里山鉄道の「独立山ループ線」は正しくは三回であり、再急勾配は一〇〇〇分の六五であるから、教室の天井に向ってのけぞって見せるほどのものではない。しかし阿里山鉄道が世界的にも有名な山岳鉄道であることに変りはなく、この話を聞いたとたんに私は、乗りたくて乗りたくて堪らなくなった。》

これを読んで阿里山鉄道に乗りたいと思ってわざわざ台湾まで行ったというのに、阿里山鉄道は、どうも記憶がはっきりしない。途中から右も左も真っ白になっちゃったのと、翌朝がものすごく寒くて参ったことぐらいしか思い出せない。

むしろ記憶が比較的はっきりしているのは二水〜車埕間の集集線です。集集線というのはいわゆる盲腸線で、観光客が訪れるようなところではないのですが(今は違うかもしれない<台湾は鉄道観光文化が定着しつつあるようですから)、これも宮脇さんの本に載っていて、かつ、行きやすかったから、乗りに行きました。今みたいにインターネットの情報なんかない時代、『地球の歩き方』が海外情報のほぼすべてみたいな頃ですから、宮脇さんの本は、ガイドブックみたいなものでした(実際には、宮脇さんの台湾旅行から10年以上の間に台湾が大きく変わっていて、「あれっ?」と戸惑うこともたくさんあったのですが)。

その頃、南廻線は、線路はつながったけれど正式開業はしていないという、へんな状態でした。いま思えばどうして乗らなかったんだろうと不思議なのですが、当時はまだ新幹線はないどころか、東海岸の台東とか花蓮に行く路線は762mmから1067mmに改軌されてまだ間もなく(もちろん非電化)、一周しようと思ったらものすごい時間がかかったから、限られた日程では無理だと諦めた…のか、それとも、普通に観光もしたかったのか(故宮博物院はすごくよかった記憶があるから、鉄道に乗りまくろう!ということではなかったんじゃないかと思う)。

当時の南廻線の時刻表。正式開業してないから「臨時運行」として、1日1往復だけ走ってました。高雄8時発→台東11時53分着、台東13時35分発→高雄17時29分着。



もしこのときに高雄8時発に乗っていたとしたら、台東からは12時52分発の自強号に乗り継いで、台北着が18時56分。高雄に泊まればそんなに難しい行程ではないので、どうしても乗りたければ、故宮博物院なんか行かないで乗ってたんじゃないかと思う…と考えると、やっぱり、それほど鉄道にはこだわりがなかったのかもしれない。今だったら、故宮博物院には行かなくても、南廻線や高雄の架線レス路面電車を選ぶと思うんだけど。
鉄道趣味 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196198
この記事に対するトラックバック