熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ある朝、会社に行ったら部下が全員いなくなっていた」 | main | 中華民国八十一年 >>

函館マラソンのナンバーカードが届く

酷暑の黒部のダメージは思いのほか大きかったようて、その後ほとんど走ってないんですけど、大会は待ってくれません。つぎの週末は、もう、函館マラソンです。

礼文の「222」に続き、またしても、わかりやすい番号です。



函館で8001といえばカール・レイモン号。



カール・レイモンさんは今年も函館マラソンのスポンサー(マラソン課長コラムによるとスポンサーランクが「昇格」した由)。カール・レイモンのソーセージ、ゴール後のおもてなしフェスタでいただけるのを楽しみにしています。

今年の大会もマラソン課長コラムをはじめネット情報の充実ぶりは素晴らしく、昨日は大会当日のお役立ち情報が一覧にまとめられました。こういうことができるのは、こつこつと、日々、情報発信に努めているからで、結果的にアーカイブができあがっているから、最後はただリンクを並べるだけでいい(といっても、それはそれで、手間のかかることであり、そこもちゃんとやっているのもまた、函館マラソンのスタッフの素晴らしさであります)。

というわけで、運営にはただただ感心させられるばかり、そして、去年のあの大雨の中でも沿道の応援が途切れなかったことを思うと今年もまた地元のみなさんにもただただ感謝することになるのでしょうが、自分自身のことをいえば黒部から1ヶ月の間の練習不足はいかんともしたがく、今年もまた、制限時間ギリギリだろうな〜(^^;

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196195
この記事に対するトラックバック