熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< D51 320 屋外展示日程決定 | main | 初めての仕事人ナイトチケット >>

鉄道愛好家的追分散歩

追分駅のすぐそばにある人道橋。入口には「JR石勝線」の文字。



上がってみると



よ〜く見てみましょう



おお!クリスタルエクスプレスだ!!



その先に進むと、謎の線路が登場。



ミステリー小説なら向こう側の列車をこの線路に引き込むのでしょうね。



下の写真で、右側に小さく見えるのが追分駅。左手前の謎の線路の先には保守用車両が置いてあって、車庫もあります。この線路と駅の間、ずいぶん離れてるなあと思いますが、かつては、この間にたくさんの線路があったのでしょう。さらに奥には追分機関区もあったわけで、この辺を自分の足で歩いてみると、追分駅構内や追分機関区など、追分駅周辺で鉄道が使っていた土地がいかに大きかったかが、よくわかります。



車も通れる跨線橋には「国鉄室蘭本線」!




左側の線路はものすごく立派で、右側の線路は頼りなさげに見えますが…



左側の立派な線路は、JR北海道が単独では維持困難としている室蘭線。
右側のか細い線路は、道央と道東を結ぶ大動脈である石勝線。
見た目と存在感は、まったく逆です。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196188
この記事に対するトラックバック