熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クラウドファンディングによる鉄道車両の購入はゴールではなくスタート〜廃車体の外観の維持と岩見沢赤電保存会の取り組み | main | 仙台対川崎(ではない) >>

クマは何でも知っている

「木彫 仁吉展」は茶廊法邑で、16日まで開催中です。

にきち展の会場

昨日の昼下がりに行ったら、礼文島民宿海憧の常連さん(関西在住)が来ていて、せっかくだからお昼ご一緒にどうですかと誘われ、みんなでランチの後、石黒さんの写真展へ。

MOTレール倶楽部からのお花

写真展の会場へ向かう途中、常連さんは「石黒さん、20年ぐらい前に礼文で会ったことあると思うんだけど、顔が思い出せなくて…」と、不安げに語っていたのですが、石黒氏は、顔を見るなり「お会いしてますよね?」。常連さんいわく、写真展のウェブサイトに載っている写真の顔は「?」だったけど、本人を目の前にしたら、ああこの人だ!と思った由。

ところで、仁吉展から写真展会場への移動中、民宿海憧の常連さんから、沿道にあった何かのことを尋ねられたのですが、ぼくは答えがわからなかったので「知らない」と返事をしました。

「オークマさん、何でも知ってるのに、知らないことあるんですね」

あ、そうなんだ。

ボクは、何でも知っていることになってるんだ。

ついこの間も、ある場所で「なんでもしってるおおくまさん」のネタで盛り上がった(今ふうに言うと「いじられた」)のですが、これまた今ふうに表現すると、最近、おおくまさんは「何でも知ってるキャラ」らしいです(周囲の一部の人の間では)。どうしてそうなったのか?は、よほどうまく書かないと全然おもしろくない話になってしまうので書きませんが(内輪で盛り上がった話はそのまま書くとそのときの空気感を共有していない人にとってはおそろしくつまらない話になる)、とにかく、そういうことになってます。

何でも知っているといえば、最近、ダンボール箱の中から発見された本。

本 ママは何でも知っている

さる事情により、わが住まいは、以前にも増して物置化しており、これはさすがにまずいだろうと、20年以上も封印されていた箱を開けたら、ポケミスがたくさん出てきて、これはその中の一冊。見つけてしまうと、何十年ぶりかに読んでみたくなるけれど、問題は、今の自分にはそんな時間はない、という以前に、今の自分にはこんな小さな文字は読めない、ということだったりするわけで。

本の中身

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196173
この記事に対するトラックバック