熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 白い恋人を諦める(かも) | main | 黒部名水マラソン2019 >>

歓迎と注意喚起

歓迎されました。

歓迎 黒部名水マラソン などの垂れ幕

前日受付の会場へ。

横断幕「高温注意 体調不良の際は棄権を」
横断幕「今大会は高温が予想されます。勇気あるリタイアも考え、レースに臨みましょう」
横断幕「今レースは暑いぞ!こまめに水分補給を」

ナンバーカードを受け取るとき、係の方から「北海道からですか!暑いので気をつけてくださいね」と言われました。ありがとうございます。

調べてみたら、ちょうどこのときの黒部市の気温が31度。湿度はないとはいえ、空気がムッとする感じ。こうなると、むしろ、ゴールタイムが遅くても当然になってくるから、へんな色気を出すようなことにならなくて、かえっていいのかもしれない。

新幹線の車窓から

残雪の立山連峰

明日は、この残雪の山々に向かって走っていくことになります。

去年も出ていて雰囲気がわかるのが救いですが、とにかく普通ならフルマラソンなんてやる天気ではないわけで(明日のスタート時の予想気温は26度=これでもすでにかなり高い=、ぼくがゴールできるであろう時間帯は31度です)、無理だと思ったらあっさりやめることも考えながら、給水所はすべて立ち寄るぐらいのつもりで(黒部「名水」マラソンなのですから!)、ゆっくり走ります。

36.5kmのアイスクリームが品切れになっていないことを、祈るや切。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196153
この記事に対するトラックバック