熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 淡々と、粛々と | main | 「その意見、ちょっと待ってほしい」 >>

豊平川リベンジ(走れないフル8日前)

次のフルマラソンまで1週間。5月5日の豊平川マラソンに最悪の体調で出た後、コンディションを戻すことに注力して走ってない。某氏からは「大会1ヶ月前であれだけ走れているのだから直前に走れなくても走力不足の心配は無用」と太鼓判を押されたものの、やっぱり、まったく走らないまま本番に臨むのは怖い。

暑さ対策も兼ねて、あえて、最も気温が上がる時間帯を選び、シャツ3枚重ね着(しかも長袖シャツ)で、豊平川の河川敷へ。

河川敷の道

昨日の札幌の最高気温は26度。湿度がないから数字ほど厳しいコンディションではないものの、上半身裸で走っている人もいたぐらいで、日差しはきつかったし、自分の感覚でも日陰に入るとホッとしたぐらいだったのだから、かなり、暑かったのでしょう。それに加えて強風が吹き荒れ(あれがなかったらもっと暑かったはず)、去年の日本最北端わっかない平和マラソンを思い出したほどに走りにくい。さらには、ひさしぶりに走るのだからと、いつもの倍ぐらいの量のパスタを茹でてしまったら、これは多すぎるよ!と思うほどの量、なんだが、せっかく茹でたのだからと全部食べてから出てきたら、なんとなく、体が重い。

そんなわけで(そんなわけでということに気づいたのはだいぶ時間が経ってからですが)、5kmぐらいで脚が動かなくなってきて、走るのを断念(笑)。だって走れないんだもの、仕方がないでしょう。いや〜、走れないな〜と苦笑しながら、だらだらと歩きながら、ときどき思い出したように走ることを繰り返して、それでも、一応、真駒内公園までは行ってみた。

熊出没注意の看板 5月16日に目撃情報があった旨の説明文も

真駒内のヒグマの出没は、この何日か、わりと大きなニュースになってます。この看板は、公園内のあちこちに、掲げられてました。なんとなく人出が少ないように見えたのは気のせいかなとも思いますが、ランナーが少なかったのは、ヒグマに対する警戒というよりは、洞爺湖マラソンの前日という要因が大きいのでしょう。洞爺湖マラソンが北海道内のシーズン最初のフルマラソンであることはランナーじゃない人の間でもわりと知られているようで(いつも書いてますが北海道のマラソンシーズンは日本の他の都府県と逆)、このところ、ランナーじゃない人からも、「日曜日は洞爺湖?」と、ときどき、聞かれます(当日のこんな時刻にこうしてブログを書いているということは、ぼくは洞爺湖マラソンには出ない、ということです)。

河川敷も、公園内も、まともに走れなくて、こんなヤツが来週フルマラソンなんか走れるのか?…残り1週間は、走らないとまずいんじゃないかと不安になる気持ちを抑えて、疲れを溜めないようにしなければ…なんだかんだいって、去年のこの時期よりは走れてるわけだし(平成最後の日は普通にフル走ってるんだし)、去年はあんな状態でも出た大会は(ぐだぐだとはいえ)すべて制限時間内に完走してるんだから、風邪ひいたりお腹こわしたりしなければ、大丈夫でしょう。

強風で桜吹雪が舞う真駒内公園。足元にはタンポポ。

まだ咲いている桜並木

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196146
この記事に対するトラックバック