熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 猫を棄てたことはないけれど | main | 昭和なマステ >>

令和元年最初のクマ散歩

昨日のブログにあれこれ書いたら、ありがたいアドバイスをいただきまして、だいぶ、気持ちが軽くなりました。かたやで、金曜土曜とほとんど何もできなかったので(とりわけ土曜日はすべてを犠牲にして終日の休息をとったので)、やるべきことがたくさん残ってしまって、しかし、なかなか手がつけられないという、これは、よくないときのいつものパターン。

そういうときは、やっぱり、外へ出て、体を動かすに限ります。

スニーカーに普段着で、今シーズン初めて、大倉山のジャンプ台の上へ。



ぼくはもちろん徒歩ですが、観光客の方はリフトです。



一般人がジャンプ台の最も近くまで近寄れる場所の最高地点は、K点=120メートルよりもかなり上の、78メートル付近。



こんなところ登れるわけないだろ…と思ったのは、こんどの土曜日に、ここで、Red Bull 400が開催される旨の告知を、ここに来る途中で見たからです。Red Bull 400というのは、このジャンプ台を、下から上に向かって走る「世界で最も過酷な400m走」でありまして、去年の大会の映像は当日のテレビのニュースで見ましたが、実際に現場に来てみると、これは映像で見た以上にすさまじい斜度です。

これ、立てないですよね(^^;



こんなのが、延々と続いているのですよ(ジャンプ台だからねぇ)。



風が冷たくてちょっと寒かったけど、いいリフレッシュになりました。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196140
この記事に対するトラックバック