熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 強くなったねえ…(2019年版) | main | 豊平川 リターンズ >>

「最初から自分たちのプライドをチラつかせられたら、誰も応援しようとは思わない」

2019年4月30日第一刷発行。



きわめて個人的なことなのであまり口外してませんが、この半年ばかりの間にいろんなことがありすぎて、ようやく、ただ楽しむだけのための短い旅に出ることができるようになったときに、しかし、そういう状況は本当にしばらくぶりだったから、旅の作法をすっかり忘れていて、移動中に読むものを持ってこなかったことに札幌駅で気づき、札幌駅の駅ビルの本屋さんに入って、限られた時間でとりあえず何か買おう…という中で買ったのが、この文庫本でした。

結局、その旅の中では最初の「文庫版のためのまえがき」すら読まなかったんだけど、帰ってきてからちょっとだけ読んだら、おもしろくておもしろくて、しかし日常のあれこれの中では一気に読むわけにもいかず、寝床でちまちまと読んでたんですけど(寝床でiPhoneいじってるよりはいいでしょ)、ついに、昨日、コンサドーレの試合から帰った後、ほかにもやることあるんだけどなあと思いつつ、最後まで一気読みしてしまいました。

プロレスの本じゃないんです。

どっちかというと、ビジネスの本、生き方の本、それも薄っぺらな教訓めいた言葉を並べただけの本とは段違いの迫力を持ったノンフィクション、だと思うんです。ぼくは、こういう本、大好きです。

いちばん印象に残ったのは、これです。

《マスコミの前でははっきりと口にしないものの、新団体を作った選手たちの本音は「大仁田レベルで成功するなら、元より格上の俺が失敗するはずがない」であり、「サスケみたいな若僧の無名レスラーが認められるなら、俺だって大丈夫だろ」だった。(中略)しかし、大仁田がファンから支持されたのは、ちっぽけなネームバリューは利用しつつも、過去の栄光をバッサリと捨て去り、本来ならかっこ悪くてとてもできないと思うほどの恥を前面に曝け出すことで共感を得たから。最初から自分たちのプライドをチラつかせられたら、誰も応援しようとは思わない。》

すべての原点は、こういうことなのですよ。「本来ならかっこ悪くてとてもできないと思うほどの」ことを、恥ずかしげもなくできるのかどうか。目指すところ、手に入れたいものがはっきりしていれば、できるはずなんだ。自分にとって何がいちばん大事なのか。本当にそれを手に入れたいのであれば、他人にどう思われようが、そんなの関係ないですから。

《「うるせぇな!なんで君を介して話をしなくちゃいけないの?だったら、俺の回答を伝えておいてよ。そんなに邪魔だったら、お望み通り、消えてやるよ。週プロ辞めてやるよ!」それまで週プロを辞めるつもりなんて、まったくなかった。(中略)実際のところ、本当に辞めたかったわけではない。(中略)人間とは不思議なもので、一度、口に出してしまった思いは、どんどん肥大化してくる。ただでさえ割が合わない過酷な仕事。それを雑誌に対する愛、そして自分が働かないと週プロが出ないという責任感だけでこなしてきた。気力だけで働いてきた。しかし、その気持ちが音を立てて折れてしまったら、これまで喜びだった忙しさは、単なる苦痛でしかなくなってしまう。たったそれだけの理由で?そう、それだけの理由だった。》

そうなのだ。本気でないことでも、言葉にしてしまうと、それが現実になっていってしまうのだ。だからキミは本心でもないこと、さほど強く思ってもいないことを口にしたりこういうところに書いたりしてはいかんのだ!と、最近、反省するようになりました。言葉って恐ろしい力を持ってるんですよね(だからオレは今はツイッターはやらないのだ<あれはホントに怖いよ)。

《周囲のサポートもあって健康を取り戻した僕は「死」というものを強烈に意識するようになった。週プロ時代は「明日、死んでもいい」と思っていたが、いまはそんなことは考えてもいない。もちろん、長生きはしたい。ただ、人はいつ死んでしまうかわからない。だったら、やりたいと思っていた仕事を全部やろう。》

そうだね。人はいつ死んでしまうかわからない。そんなことは、若いときは考えたこともなかったけど、最近は、やっぱり、考えますよ、そういうことを。だからやりたいことを云々、というのは、これも若いときだったら、刹那的な快楽に走ったりしそうなんだけど、もう、50年以上も生きてますからね。わかりますよ。そういうことじゃないんだよな。

 
読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196120
この記事に対するトラックバック