熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 釧路管内全国ニュース日 | main | 第2回日本最北端わっかない平和マラソンまで134日 >>

道の駅あびら D51ステーション 明日オープン

安平町の「道の駅あびら D51ステーション」は、いよいよ、明日、オープンです。営業時間は9時から18時まで。オープン直後は混雑が予想され、混雑時には右折での入場はできなくなるそうですので(案内=PDF)、ご注意ください。

「道の駅」ではありますが、安平町追分という鉄道のまち(国鉄蒸気機関車終焉の地)に位置し、施設内には「D51鉄道資料館」をはじめ鉄道に関連したコンテンツもたくさんありますから、蒸気機関車華やかなりし頃を偲びつつ、追分駅まで列車で行ってから、追分駅から徒歩で訪れるのも、おすすめです。「道の駅あびら D51ステーション」は、追分駅から、じゅうぶん、徒歩圏内です。

ちょうど1年前、2018年4月18日は、北海道鉄道観光資源研究会の一員として現地を訪れ、鉄道車両(D51蒸気機関車とキハ183北海道型特急ディーゼルカー)の移設に関する打ち合わせを行った日でした。



思えば、キハ183スラントノーズ型をクラウドファンディング使って保存しよう!という話が持ち上がったのが2017年(2年前)の3月31日の夜。その後、わりと早くにJR北海道さんから「場所が決まれば譲渡は可能」とのお話をいただいたものの、受け入れてくれる場所がなかなか見つからず、もう時間切れ寸前のところで安平町役場におじゃましたのがその年の11月6日のこと。

その時点で道の駅の設計図はもう出来上がっていて、蒸気機関車を置く場所も決まっていて、そこに新たにディーゼルカーを置くなんてのは普通なら嫌がられるはずなのに、安平町の瀧町長(当時・現在は退任)や及川教育次長(当時・現在は町長)をはじめ、役場のみなさんは、驚異的なスピードで仕事を進めてくれました。

安平町から正式にOKが出て、安平町役場の方々とともにJR北海道本社へ正式依頼にうかがったのは、最初の訪問からわずかに23日後の11月29日。そして、これを受けて、クラウドファンディングの準備を始め、クラウドファンディングサイトが立ち上がったのが昨年の元日、2018年1月1日。ここで、思いのほか多額のお金を全国のみなさまから頂戴し、キハ183を道の駅に移設できること、2両目のキハ183を(従来の)安平町鉄道資料館に格納することができることが決まったのが、2018年3月30日。

そして、ちょうど1年前の今日、現地で、具体的な話をしたのです。



安平町のみなさん、道の駅オープン、おめでとうございます。

及川町長、役場の**さん、ご多忙な毎日かと思いますが、北海道マラソンまでは、あと129日です。今年の夏も、一緒に、がんばりましょう!



※写真はいずれも2018年4月18日撮影。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196117
この記事に対するトラックバック