熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 続・クマのマークの | main | 道の駅あびら D51ステーション 明日オープン >>

釧路管内全国ニュース日

昨日は、釧路管内の話題が全国ニュースになった日でした。

まずは、朝、モンキー・パンチさんの訃報。



このパネルは、霧多布温泉ゆうゆに掲げられているもの。霧多布のある浜中町がモンキー・パンチさんの故郷であり、浜中町へ行くと町内の各所でルパン三世のキャラクターを見かけます。花咲線こと根室本線釧路〜根室間を走る列車の中には、ルパン三世のキャラクターをラッピングした車両もあります。



そして夜のニュースは鶴居村。
「今日全国で最も気温が高かったのは北海道の鶴居村で…」

2ヶ月半前の鶴居村。真っ昼間なのに気温マイナス11度。



鶴居村には鉄道路線がないから、幼い頃から鉄道路線図≒日本地図だったぼくには馴染みのない地名だったはず、なのですが、がきデカのおかげで、鶴居村という名前は知ってました(が、鶴居村から鶴が来る〜ですから、鶴居村って、架空の地名だと思ってました)。



釧路管内、というのは、おそらくは北海道内でしか通用しない言葉なのでしょうが、浜中町も鶴居村も、釧路総合振興局に属する、という意味です。釧路管内の自治体の構成は、ヒートボイスさんが歌う「わくわくくしろが近くなる」の歌詞に出てくる順番でいうと、白糠・厚岸・浜中・鶴居・弟子屈・標茶に釧路町と釧路市の1市6町1村。こういう仕事(どういう仕事?)を長くやっているから、道内の各市町村がどの振興局に属するかぐらいはわかるけれども、振興局ごとの市町村名なんてのは言えない、けれど、釧路総合振興局管内の市町村は、ヒートボイスさんの歌のおかげで、諳んずることができます。

もはや遠い昔の話ですが、ぼくが学生の頃、道内の某YH(ユースホステル)のペアレント(経営者)が、九州のYHはどうして各県ごとにキャンペーンをやるんだろう、旅行する人にとっては九州は九州であって県なんて関係ないのに、と言っていたことを、今でも、ときどき、思い出します。

それと同じで、旅行する人にとっては釧路管内だろうが根室管内だろうが関係ないのですが、浜中町も釧路管内に属するというのはどういうことかというと、花咲線こと根室本線釧路〜根室間は、釧路側からいうと、釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町までが釧路管内で、末端の根室市だけが根室管内だから、自治体間の連携という話になると、根室市だけが別扱いになりかねない(念のため言っておくとこれらの各市町の仲が悪いとか連携が悪いとかを指摘したいわけではなく、自治体というのはそういうものである、ということです)。花咲線の活性化については、根室市ばかりが熱心にやっているように見えますが(浜中町もルパン列車で頑張ってますが)、それは、根室が末端であるからということとともに、そういう側面もあるのだろうと思うわけであります。

さっきから「花咲線こと根室本線釧路〜根室間」と書いてますが、これもまた、一般の人(?)にとっては、どうでもいいことなんですよね。マニア(と敢えて言うよ)は正式名称にこだわるけれど、そんなことでいちいちクレーム入れたりするから、マニアはめんどくさい、相手にしないほうがいい、ってことになるわけで、そうはいってもこだわらなきゃいけない場合もあるんですけど(言葉は大事です)、釧路〜根室間は、もう、花咲線、で、いいんです。

今日もまた、気温が上がるようですが、明日からはまた平年並みに戻るようですから、みなさま、くれぐれも、体調管理にご注意くださいませ。

日常 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2019/04/23 6:18 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196116
この記事に対するトラックバック