熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クマのマークの | main | 釧路管内全国ニュース日 >>

続・クマのマークの

参考書ならぬスニーカーを買って(その話は前回のブログに書きました)、靴が増えて玄関が狭くなったので、冬用のブーツをかたづけようと、物置を開けた瞬間、「あっ!」と、吃驚したのである。



クロスカントリースキーのストックに書かれた文字は、この間買ったスニーカーと同じ、KARHU、ではないですか。そうか、あのスニーカー(と来たら「は、もう捨てたかい」と続けたくなるところだが、そうではなくて)を見たとき、KARHUの文字になんとなく見覚えがあるような気がしたのは、そういうことだったのか。

久しく使っていないクロスカントリースキーの靴を出してみた。



これも、KARHU、と書かれているではないですか。
よーく見ると、クマのマークらしきものも、付いている。

探したら、この靴の箱に、大きなクマがいました。



上の写真の、上はスキー靴の箱に描かれたクマのマークで、下(お店のフライヤー)はついこの間買ったスニーカーに付いているのと同じクマのマーク。どうやら、マークが変わったらしい。

「KARHU」とはフィンランド語で「熊」を意味する、とのことで、そんなことまで知ってしまうと、ランニングシューズもKARHUに替えようかと思っちゃったりしちゃうぞ。ボクは甲高の幅広だからランニングシューズはもっぱらアシックスだと思ってたんだけど、KARHUのスニーカーは、とても、いい。このサイズ感なら、オレの足でもフィットするサイズがあるに違いない、のだが、KARHUのランニングシューズは、けっこう、難しそうな靴なんだよなあ。少なくとも札幌市内では、売っているお店はなさそうであり、試し履きは無理っぽい。

靴のことなんか考えてる暇があるならその分少しでもいいからちゃんとトレーニングしろよ!早く寝てしっかりと睡眠を取りなさいよ!と、頭の中にいるもうひとりの自分が怒っているので、今夜はこの辺で。おやすみなさい。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196115
この記事に対するトラックバック