熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 知られざるさよなら運転 | main | 特急はちおうじ >>

二つのエントリー

本日午前0時より、日本最北端わっかない平和マラソンと、オホーツク網走マラソンのエントリーが開始。先着順とはいえ、すぐに定員に達するようなことはないのはわかっているのですが、だからといって引っ張る必要もないので、早速、エントリーしておきました。

いずれも遠征となるゆえ、往復の交通手段と宿の確保も必要になるのですが、稚内の復路と、網走の往復は、すでに、飛行機を予約済です。そこは列車じゃないのかい!と突っ込まれそうですが、飛行機は1年ぐらい前から予約を受け付けてくれて、早く買えば料金も列車利用とほとんど変わらないですから、1ヶ月前発売で5時間の列車よりも40分の飛行機を選びます。

これで、当面の大会の出場権は、すべて確保。

5月5日 豊平川マラソン(ハーフ)
5月26日 カーター記念黒部名水マラソン
6月1日 礼文島最北フラワーマラソン(3km)
7月7日 函館マラソン
8月25日 北海道マラソン
9月1日 日本最北端わっかない平和マラソン
9月29日 オホーツク網走マラソン
10月13日 東北・みやぎ復興マラソン

10月後半以降は、金沢マラソン(10月27日)や大阪マラソン(12月1日)にも出たいとは思っているけれど、いずれも抽選ですから、どうなるかわかりません。金沢マラソンの日には、第1回いわて盛岡シティマラソンや、評判の高い水戸黄門漫遊マラソンもあるから、金沢で外れたら、どっちかを狙うか、どうするか。その翌週には作.AC真駒内マラソンがあるから、あえてここでフルを走らなくてもいいような気もするんですが、金沢とか盛岡とか水戸とか、古い街を走るのは楽しそうで、その魅力は捨てがたい。

MGCの直前になる稚内には、世界選手権出場のためMGCには出ないと公言している川内優輝選手が出るそうです。稚内は、道内の人にとっては北海道マラソンの翌週、また、陸連公認コースにならないワンウェイという、アスリート目線でいうととてもモチベーションの上がりにくい大会なのですが、旅ラン派には最高の大会です。川内選手は、もちろんトップアスリートなのですが(ボストンマラソンのディフェンディングチャンピオンだぞ)、やっぱり旅ラン派なのだなあと、あらためて感じます。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196098
この記事に対するトラックバック