熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 煙幕を張る | main | 鉄道ジャーナル2019年4月号 >>

茅沼の夕日

2019冬の道東シリーズ第4弾。

釧網本線の茅沼駅といえば、タンチョウが来る駅として有名ですが



こんな素晴らしい夕日が見られるとは。


(2019年1月31日16時15分頃)

きわめて個人的な話ですが、この夕日は、かつて、浜小清水でひと冬を過ごした頃、毎日、ユースの前で見ていた夕日みたいだと思いました。小清水ユースの前の夕日は濤沸湖に落ちていくから、茅沼駅の裏の雪原とは雰囲気が違うはずなんだけど、冬の濤沸湖は湖面が凍結しているから、似ているような気がしたのかもしれません。

並べてみたら、たぶん、似てないんですけどね。いいんです。自分の記憶の中にある風景で、いいんです。それをいちいち検証するような話ではないのです。

近年、釧路は夕日を売り物にしていて、釧路に行くとやたらとオレンジ色が目についたりもするのですが、釧網本線の車窓から見える夕日は素晴らしいなあと、今回、あらためて思いました。あらためて、というのは、去年の5月のはじめに、やはり釧路湿原を走る釧網本線の列車の窓から見た夕日がとても雄大だったからです。

やっぱり、これだけの風景が楽しめる列車旅なんだから、いつも(毎日でなくてもいいけれど)こういう車両が走っているといいなあ。走らせたいなあ。そのうち、走るんじゃないかなあ。きっと、走るに違いない。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196054
この記事に対するトラックバック