熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北海道民だけど品種で選ぶ | main | ネクストゴール挑戦中 >>

続・落花生リポート

先日のブログが思いのほか好評だったので、第二弾です。



我が家の近所(札幌市中央区)のスーパーの「節分豆」コーナーには、先日ご紹介した「半立種」以外にも、たくさんの落花生が並んでいます。その中で、商品のパッケージに品種が明記してあるのは、先日のブログに写真を載せたものだけです。

もっとも、商品のパッケージには品種が明記されていなくとも、スーパーが付けた商品POPに品種が書かれているものもあります。上の写真の左側の「千葉県産落花生」は、パッケージにはどこにも品種名が書いていないのですが、その前に掲げられているPOPには「千葉県産落花生(ナカテユタカ種)」と品種が記載されていました。

だからといって、すべての商品に品種が記載されているのかというと、そんなことはありません。ごく一部の商品にのみ「半立種」「ナカテユタカ種」の表記があるだけです。

別の棚には、パッケージに「八街産」と書かれたものも並んでいて、これ、北海道の人、読めないだろうな〜と思いましたけど、読めないと、逆に、神秘性があって、すごいもののように感じるのかもしれません(と書きながら思いましたが、八街は、関東に住んでいる人だって読めないよな〜)。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196028
この記事に対するトラックバック