熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今季最初の雪道ラン | main | 続・落花生リポート >>

北海道民だけど品種で選ぶ

近所のスーパー行ったら、入口のところに、落花生がたくさん売ってるんですよ。その隣には赤鬼のお面があって、つまり、クリスマスが終わってお正月が終わって、次は節分、ってことなんですね。北海道の豆まきは、殻付き落花生ですからね。

ついつい、買ってしまったでありますよ。



いくつか並んでいた商品の中で、これだけが、品種名が書いてあったのです。落花生の品種なんて考えたこともなかったけれど、ヤフーニュースにご当地あるある!「千葉県民は落花生を豆の品種で選ぶ」を書いた鳥塚さんから、復興クリスマストレインのときに「中手豊」と「半立」を「食べ比べてみてください」といただいたら、もう、はっきりわかるんですね、違いが。

味だから好みは人によって違うでしょうけれど、ぼくは「半立」のほうがコクがあって美味しかった、ので、その旨を伝えたら、「九里よりうまい十三里半」なんて話になったのは、ぼくは川越育ちであり、鳥塚さんも同じ東上線沿線で育った方からでありまして、あの「九里よりうまい十三里半」の話は、まわりにいた人たちには、何の話してるかわかんなかったかもしれない。

そんなことがあったから「半立」の文字を見つけるや、つい、買ってしまったのでありました。ちなみに商品名は「千葉県産半立殻付落花生」、販売者の所在地は「千葉県山武郡横芝光町」でありました。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196027
この記事に対するトラックバック