熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MERRY X'MAS IN SOYA | main | クリスマスには汽車旅を 2018 >>

年の終りのラストスパート

22日は札幌で「公共交通の利用促進に向けた道民キックオフフォーラム」



23日は旭川で翌日の観光列車モニターツアー(復興クリスマストレイン)の準備



24日はモニターツアーの本番



22日こそ少し早寝したものの、23日の夜は旭川で明日はよろしく会、24日の夜は稚内で今日はご苦労さん会があって、ほとんど寝てないままに25日は貧乏で贅沢な汽車旅をしながら、札幌に帰ってきました。



この4日間は、ひさしぶりに、オリンパスのXZ-1という優秀なコンパクトデジカメを持って歩きました。iPhoneXやWi-Fi付きのデジタル一眼レフを手にしてからはすっかり使わなくなっていたのですが、ちゃんとした記録用にはiPhoneは不十分、さりとて一眼レフは大きくて荷物になるから、少しハイグレードなコンパクトデジカメは、やっぱり、便利なんです。

以前酷使していたXZ-1は、たまに電源が入らなくなることがある、ぐらいの認識は持っていたのですが、今回、まったくの想定外だったのが、ツアー序盤の名寄で、バッテリの残量がほとんどなくなってしまったこと。気温マイナス6度の下、何も気にせず屋外で使い続けたことで、バッテリが消耗してしまったようです。

そういえば、昔は、寒いところで撮影するときは、電池はズボンのポケットの中に入れておいて寒さから守る、というのが鉄則だったよなあ…

そんな寒さの中、ホームで見送ってくれた名寄市の加藤剛士市長。



美深はマイナス4.8度。風がないので寒くはなかった。



音威子府はマイナス6.5度。これだけ降ってるとさすがに寒い。



トナカイが見送ってくれた幌延。



どこも寒かったけれど、二人の美女に連れて行かれた夜の北防波堤ドームは、風もあって、おそろしく寒かった。美女のお供とはいえ(<「美女がお供」ではない)、クリスマスイブに何の罰ゲームなんだよ(笑)。



個人的な仕事納めは明日(の予定)。そこまでは体力勝負だ。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196008
この記事に対するトラックバック