熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大爆発の夜の後に | main | あと10日 >>

クリスマスツリーが なくなる頃には

本日12月19日はクリスマス・キャロル記念日。



と、書いてしまいましたが、そんな記念日はありません。サラダ記念日、みたいなものです。Merry Christmas!〜ロンドンに奇跡を起こした男〜を見に行ったら、最後に「ディケンズの『クリスマス・キャロル』が出版されたのは1843年12月19日」との紹介があったので、今日はクリスマス・キャロル記念日ということにしておきます。

その映画の中で出てきたのが「クリスマスツリーはドイツからもたらされたもの」というエピソード。

え?そうなの?

…Wikipediaによると《1419年にドイツのフライブルクで、パン職人の信心会が聖霊救貧院にツリーを飾った。この記録が、クリスマスツリーをクリスマスに飾る行為の最初とされている》《イギリスへは1840年、ヴィクトリア女王を通じて伝わった。夫のアルバートがドイツ出身であったため、彼のためにクリスマス・ツリーに飾って見せたところから》とのこと。

札幌のステキなクリスマスツリーを見に行った。



ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoも、さっぽろホワイトイルミネーションのメイン会場である大通公園のイルミネーションも、サッポロファクトリーのひろおサンタランドのジャンボクリスマスツリーも、クリスマスまで(=今日を含め、あと7日)。大通公園のイルミネーションは、今週末からは点灯時間が24時までに延長されます。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1196000
この記事に対するトラックバック