熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 史上最大の決戦 世界への扉を開けるとき | main | 12月のさよなら >>

世界への扉は重かった



勝っていれば祝勝会、負けていれば反省会が開催されるのが世の常ですが(<そうなのか?)、引き分けだったので(?)、まっすぐ帰ってきました。

この試合だけを見れば、早い時間帯に2点を先制したのに勝てなかったのはもったいなかった、ともいえるし、終盤に何度もカウンターを受けたわりには失点しなかったのだから負けなくてよかった、ともいえるのですが、4位という最終順位は34試合の結果なのですから、この試合だけを見てACL出場権を逃したとかなんとか言うのはあんまり意味がない。

マイボール時には宮澤と荒野と深井の3バックなんじゃないかと思うほどに後ろの選手も前に出ていく今日の試合は、超攻撃的サッカーを標榜した今年のチームの最終戦にふさわしい内容でした。ほしかった結果は得られなかったけれど、試合が終わってすぐに、素直に、拍手を送りました。やるだけのことはやって、ここまで来たのだから、今日はシーズンの最終戦なのだから、引き分けだって、拍手を送っていいんです。

今シーズンのコンサドーレは、不可能なんてないのだ、ということを教えてくれました。シーズン開幕前に、今年のコンサドーレはもしかすると3位以内に入るかもしれないよ、なんて言ったら、この人おかしいんじゃないかと思われたはず。だけど、けっして潤沢な資金があるわけでもなく、スーパーな選手が揃っているわけでもない、J2にいるほうが多かった地方のチームが、J1で4位になったのです。そんなことできるわけないだの、そんなの無理に決まってるだの、そんなことは言っちゃいけないんです。サッカーに限らず、仕事でも、勉強でも、不可能なんて、ないんです。不可能だと言っているのは、自分で可能性を閉ざしているだけなのです。

ACL出場権を得られず、なんとなくがっかり感が残っているけれど、2位と勝ち点差2、3位とは勝ち点差1、そして5位との勝ち点差は4もある、堂々たる4位です。日本で4番目に強いサッカーチームが札幌にある。それは、札幌に暮らす者として、十分に、誇らしいことなのであります。
北海道コンサドーレ札幌2018 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195978
この記事に対するトラックバック