熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GO ACL | main | 世界への扉は重かった >>

史上最大の決戦 世界への扉を開けるとき

明日、12月1日土曜日14時からの北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島戦、まだ若干の空席があるようですから、みなさん、ぜひ、札幌ドームに足を運んでみてください。勝って、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)への出場権を得る瞬間を、みんなで祝い、喜びましょう。

今回は北海道命名150記念ユニフォームを着用するそうです(^^)



最終戦に「J1昇格」が懸かったことは、これまでにも、何度もありました。でも、今回は、J1のさらに外側、Jリーグの外の世界への挑戦権を懸けた戦いです。そこに、小野伸二がいて、稲本潤一がいて、さらには、2016年あるいは2011年の最終戦でのJ1昇格を知る河合竜二や内村圭宏や宮澤裕樹がいるのだから、こんなに心強いことはありません。一昨年の最終戦は出場停止で出られなかった福森晃斗も、今回は、出られます。もちろん、最後の最後まで勝負を諦めることなくギリギリのところで決めてくれる都倉賢だっています。

スタジアムに行けない方は、テレビ(UHB)で応援してください。
コンサドーレが世界への扉を開ける、歴史的な瞬間の目撃者になれますよ。


 

北海道コンサドーレ札幌2018 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195977
この記事に対するトラックバック