熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鬱鬱の夜を越えて | main | GO ACL >>

13/17

今年の3月15日から販売されている「キハ183-0系記念入場券」全17駅、ようやく、コンプリート。




「わがまちご当地入場券」を全部集めるつもりはさらさらないけれど(ワタシは意外にコンプリートにはこだわらないヒトです)、「キハ183-0系記念入場券」の販売箇所は17駅しかないから、全部集めるのはそんなに難しいことではなかろう、そこそこ自然体でも(わざわざ買いに行くことをしなくとも)集められるだろうと思っていたのですが、現在は(5年ぐらい前までと違って)道内出張の機会があまりないこともあり、思っていたよりも時間がかかってしまいました。

もっとも、どうしても全部集めたい!というのであれば、同好の士に頼むという方法があって、なにしろたったの17駅ですから、友人ネットワークを使ってさっさとコンプリートしちゃった人は、周囲にも、たくさんいます。そういうやり方はいかがなものかというほど頭が堅いわけではないものの、せっかくだから、もうずいぶん訪れていないような駅を、これを機に訪れてみたい、これを機に駅や駅前の様子を眺めてみたい、との思いから、ぼくは、全17駅を自分で収集することにこだわっていたつもりだったのですが、結局、最後の2駅は、お世話になっている方から頂戴しました(頼んだわけではなく「あと2駅」と騒いでいたら出張ついでに買ってきてくれた<ありがとうございます)。

そのほかにも、初期段階で、ぼくが頼んだわけでもないのに頂戴したものが2駅ありまして(ありがとうございます)、全17駅のうち、自分で訪問して買ってきたのは13駅です。13駅のうち、この入場券を買うためだけに訪れたのは、大沼公園、倶知安、富良野、遠軽、根室の5駅。富良野は稚内へ行く途中の経由地として、大沼公園は函館へ行ったついでに、それぞれ立ち寄っているから、これも広義の自然体に含めると、狭い意味での「わざわざ」は、倶知安、遠軽、根室の3駅ということになります。

遠軽なんて、北見・網走方面への行き来の途中で買えそうなんだけど(特急列車でも方向転換のためにかならず数分間の停車があるのですから)、北見や網走へ行くときは、飛行機を使っちゃうんだなあ。直近で列車を使ったのは9ヶ月ほど前ですが、それにしたって、冬の嵐で飛行機が欠航したからやむを得ず、なのでありました。

ともあれ、これでようやく、安心できます。やっぱりコンプリートを目指すとかってのは、ぼくには向かないみたいです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195973
この記事に対するトラックバック