熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 駅弁からお土産へ | main | 13/17 >>

鬱鬱の夜を越えて

年末に向けて日が短くなり寒くなっていく中で調子が悪くなっていく、というのは、札幌に来てからの毎年の恒例行事なのですが(軽微な「季節性うつ病」<「うつ病」というほど重くはないけど)、とくに厳しいのは10月の終わりから11月の前半であって、もっと暗くなってもっと寒くなる11月半ば以降のほうがむしろ楽になるのはこういうことなんじゃないかという仮説に、当地で迎える17回目の冬にして初めて気がつきました。

11月の終わりになると、街が、華やかになるのですね。

昨日の小樽駅


このときは昼間だったのですが、暗くなってからだと、もっときれいだと思います。



赤れんがテラスのクリスマスツリー&撮影コーナー


札幌駅南口


おなじみ、さっぽろホワイトイルミネーション@大通公園

(これは試験点灯時の写真です)

こちらもおなじみ、サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー


これまたおなじみ、サッポロファクトリーのサンタさん

今はまだ11月、煙突のてっぺん目指して、登りはじめたばかりです。

もう、つ〜っぱしるだ〜け〜という年齢でもないんで、年末に向けて、休み休み、ぼちぼちと、いろんなことに、がんばっていきますわ(たまに疲れたら少し休めばいい〜と、ヒートボイスさんも歌ってます)。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195971
この記事に対するトラックバック