熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018展示博覧会の隠れた見どころ | main | 北海道鉄道観光資源研究会2018展示博覧会「北海道の鉄道 過去、現在、未来」(あとがきふうに) >>

2018展示博覧会「北海道の鉄道 過去、現在、未来」は日曜日16時までです

北海道庁赤れんが庁舎2階で開催中の「北海道の鉄道 過去、現在、未来」は、無事、初日を終えることができました。大勢のお客さまにご来場いただきましたこと、御礼申し上げます。ありがとうございます。



ぼくはパネル作成班だったので、模型は昨日(準備日)初めて見たのですが、サプライズだらけです。明日(日曜日)ご来場いただける方には、ぜひ、屈んで線路の同じ高さまで目線を落として眺めてみることをお勧めします。




廃止になって間もない羽帯駅の再現(ものすごくリアル!)を、腰を屈めて(たぶんニコニコしながら<自分では自分の顔は見えないですけど)眺めていたら、作成したMさんが「おーくまさん、子供みたいになってるよ(笑)」。そのぐらい、楽しいってことです。



もちろん、エンタメゾーンだけでなく、パネル展示もたくさんあります。

個人的には、多くの友人知人のみなさまにお越しいただきましたが、たまたまぼくがフォーラムのステージ上にいた時間帯に来ていただいた方とはお話もできず、失礼しました。

また、フォーラムに参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

本日の「ローカル鉄道活性化フォーラム」の様子


明日のステージイベントは、以下のとおりです。

【鉄道国際交流セミナー 10:00 〜】
テーマ:“追分”からはじまる国際交流〜鉄道文化の創造は世界をつなぐ〜
主題:國際交流從”追分”開始〜鐵路文創、連接世界〜
パネラー 佐藤秀典氏(国土交通省北海道運輸局鉄道部長)、周学佑氏(台北駐日経済文化代表處札幌分處處長)、及川秀一郎氏(安平町長)
コーディネーター 石川 成昭(北海道鉄道観光資源研究会会員)

【鉄道観光資源活用セミナー 12:00 〜】
テーマ:鉄道系学芸員から見た、鉄道観光資源
パネラー 岡部卓氏(岩内町 木田金次郎美術館)、伊藤大介氏(ニセコ町 有島記念館)、佐藤卓司氏(小樽市 小樽市総合博物館)、持田誠氏(浦幌町 浦幌町立博物館)、石川孝織 氏(釧路市立博物館 学芸員)
コーディネーター 原田伸一(北海道鉄道観光資源研究会顧問)

【ローカル鉄道活性化フォーラム 13:30 〜】
テーマ:鉄道は地域のランドマーク
パネラー 山田 和昭 氏(津エアポートライン(株)、元若桜鉄道社長)、鳥塚亮氏(NPO 法人おいしいローカル線をつくる会理事長、前いすみ鉄道社長)
コーディネーター 大熊 一精(北海道鉄道観光資源研究会副代表)

明日のぼくのパートは最終プログラムなんで、少しはじけても許される…のかなあ…ライブって、会場の雰囲気で、すごく変わるんで(今日の二度の演奏会は同じ演者同じ曲目なのにぜんぜん違うものになったもんね)、その辺は、まあ、明日、その場で考えます。山田さん、鳥塚さんとは、今日、たくさんお話できたので、明日はまた今日とは違った感じでやれるんじゃないかなと思ってます。ご期待ください。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195958
この記事に対するトラックバック